リアルでガチな天才が異世界に転生しても天才魔法使いになって元娼婦嫁とイチャイチャする話。

作者 @kmsr

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

目次

完結済 全61話

更新

  1. プロローグ 『転生前のお約束』
  2. 第1話 『いくら天才だからって0歳児は喋れません』
  3. 第2話 『10歳児は普通はまだまだ子供です』
  4. 第3話 『15歳で王立魔法学院に入ったと思ったら…』
  5. 第4話 『まだ15歳。今日から冒険者?』
  6. 第5話 『まだ15歳。色々卒業した』
  7. 第6話 『まだ15歳。嫁に魔法を教える事に』
  8. 第7話 『16歳。ライバル(?)登場(?)』
  9. 第8話 『まだ16歳。2人目の『歴代最速(?)』』
  10. 第9話 『まだ16歳。被害者増大中』
  11. 第10話 『まだ16歳。対・S級魔法士』
  12. 第11話 『S級魔法士。2つ名は歴代最速』
  13. 第12話 『S級魔法士。お姉ちゃん(?)』
  14. 第13話 『S級魔法士。ライバル(笑)さん退場』
  15. 第14話 『S級魔法士。ライバル(?)の帰還』
  16. 第15話 『S級魔法士。元・ライバル(笑)の決断』
  17. 第16話 『S級魔法士。子守と撒き餌』
  18. 第17話 『S級魔法士。新しい仕事』
  19. 第18話 『S級魔法士。嫁と新婚旅行に行きます』
  20. 第19話 『S級魔法士。大魔王との謁見』
  21. 第20話 『魔王。手札4枚公開され』
  22. 第21話 『魔王。前世を回想する』
  23. 第22話 『魔王。面倒な仕事を押し付けられる』
  24. 第23話 『魔王。分身体で勇者と邂逅』
  25. 第24話 『魔王。分身体で勇者パーティとして活躍する』
  26. 第25話 『魔王。精霊王と出会う』
  27. 第26話 『魔王。大魔王と精霊王の関係を知る』
  28. 第27話 『魔王。色々な人達の事情』
  29. 第28話 『魔王。天翼種の姫君と邂逅する』
  30. 第29話 『魔王。天翼種の家出娘に振り回される』
  31. 第30話 『魔王。天翼種の囚われの姫君』
  32. 第31話 『魔王。天翼種の姫君との再会』
  33. 第32話 『魔王。分身体を修理する』
  34. 第33話 『魔王。竜の現状を知る』
  35. 第34話 『魔王。あくまで初志貫徹を貫く』
  36. 第35話 『魔王。不死の兵団(?)に出会う』
  37. 第36話 『魔王。『切り札』を切る』
  38. 第37話 『魔王。魔王筆頭の恐ろしさを再認識する』
  39. 第38話 『魔王。魔王の中で格を顕にする』
  40. 第39話 『魔王。過去の因縁に決着をつける』
  41. 第40話 『魔王。元カノの治療を開始する』
  42. 第41話 『魔王。嫁と元カノ相手に会議する』
  43. 第42話 『魔王。配下の信頼と装備を強化する』
  44. 第43話 『魔王。大魔王そっちのけで本分を全うする』
  45. 第44話 『魔王。文字通り世界を震撼させる』
  46. 第45話 『魔王。元カノを再び恋人と改める』
  47. 第46話 『魔王。教会の中を走り回る』
  48. 第47話 『魔王。恋人の愛剣を新生する』
  49. 第48話 『魔王。恋人と配下の真価を発揮させる』
  50. 第49話 『魔王。忠臣と狂信者の違いを考える』
  51. 第50話 『魔王。おや?嫁の様子が…』
  52. 第51話 『魔王。薬中に狙われる』
  53. 第52話 『魔王。再び面倒な仕事を押し付けられる』
  54. 第53話 『魔王。聖女に出会う』
  55. 第54話 『魔王。恋人に慰めて貰っている隙に配下が覚醒する』
  56. 第55話 『魔王。エルフのゴミ屋敷に突入する』
  57. 第56話 『魔王。面倒な依頼を果たす』
  58. 第57話 『魔王。決戦の場に駆り出される』
  59. 第58話 『魔王。魔王を卒業する』
  60. 第59話 『ラルフ。嫁を迎えに行く』
  61. エピローグ 『天才がやると洒落にならない効率が出せるお仕事です』

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!