幼なじみの妹と、身体の関係になってしまった。

作者 スタジオ.T

2,690

999人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 題名だけ見ると少しアレな感じがしてしまうが、実際は多くの人間関係や、登場人物の生い立ちなどが深く関わり合っていて感動できる。
 また、自分的には最初からは考えられないかなりいい終わり方をしたように感じて心にモヤモヤ感が残ることは無い最高傑作でした。

★★★ Excellent!!!

キャラ一人一人とても魅力的でどの子にも見入ることができました。
色々な感情がごちゃ混ぜになって掻き乱さらら感じがとても好きです。
最初からかなり話はぶっ飛んでるなと思いましたが、そのぶっ飛び具合もとても好きです。
無駄な話もなくてスッキリ読めて面白い作品でした。

★★★ Excellent!!!

主人公と幼馴染の"妹"、お互いに心に傷を持つもの同士の2人を中心とした恋愛物語。

主人公はとことん焦れったくてうじうじして迷って、自分でたくさん背負おうとするし我慢しようとする。
ちょっと過去で色々あった普通の"人間"…。
そしてヒロインも、色々なことを諦めて、でも諦めきれなくて…逃げ出した先は1番の未練がいる場所。
彼女もまた過去に色々あった普通の"人間"…。

そんな2人が、身体を重ねることでお互いの傷を確かめあうところから、この物語は始まる…いや、変わっていく。

この物語は、とことん人間な主人公とヒロインの、
"人間の人間による人間のためのヒューマンドラマ"である。






★★★ Excellent!!!

感想を総括すると、驚きです。
現代ストーリーで、ここまでの完成系は初めて見ました。物語の内容、尺は完璧だと思います。登場人物の心情も、本当の人物になぞられていました。よく、1つの物語を読み終えると、ここのシナリオはこうした方がいいんじゃないか、その心情は不合理で現実離れしてる、と勝手に思うのですが、この作品には、何の違和感も無く、のめり込む事が出来ました。読んでる最中は、ページ捲りが止まらず、読み終わった後も満たされた気持ちになりました。
本当に面白かったです。当作品と筆者のご清栄を心から喜び申し上げます。

★★★ Excellent!!!

読み始めたら、ページを進める手が止まらなかった。

とても、ソリッドなお話だと思う。
もちろん内容の重さだけではなくて――
言葉遣いや、言い回しや、それから会話のテンポなどが。
過剰に気障ったらしくなく、それでいて洒落ている。

ページあたりの分量も、ついつい先を読みたくなる引きも、
それから全体のペース配分も(それを意識的に計算しているところも)
しっかりとした実力を感じさせる。

性描写はそれほどでもなく、むしろ絵空事でない恋愛関係を描くという意味で、
生々しさを付与する重要な要素になっている点も、この作品の良いところ。

序盤に流されて関係を持ってしまうあたりでは、男性向けポルノ的な、
「据え膳食わぬは」展開かなーと思ったりもしたけれど、
あとから冷静に考えると、あそこでサキがミィを抱く「理由」はちゃんとあるので、
綺麗事だけではすまない痛々しさも若さの特権、青春の1ページなのだろう。

いくつか他の作品にも目を通してみたが、この作者さんは「青春」小説がうまい。
その洗練された文体も、題材の取り方も、構図の切り取り方も。
特に短編2作品は思わず息を呑むような出来栄え。
いい意味で、“ライト”ノベルの範疇は超えている。

(まぁ、だからこそ“ライト”ノベルレーベルが手を出しにくい部分はあるんだろうなぁ)

新作はまたちょっと毛色の違うお話のようで、これまでの作品を眺めても、
いろいろな作風にチャレンジしてゆくおつもりのようではあるけれど、
できうるならばこのソリッドさは無くさないでいてほしいなと、切実に願う。



たまにこういう逸材がしれっといるから、カクヨムは油断がならないですね。

★★★ Excellent!!!

何を選択すれば幸せなのか。

選択した事って幸せなのか。

依存し合うのが幸せなのか。

人の幸せを人が決めてはいけない。

ハッピーエンドとは言い切れないけど、傷つけ合いながら、前に進んで、立ち止まって、振り返って、考えさせられるラブストーリーでした。

文章だからこそできる表現だったのかな? と思います。

完結もしてるし文字数も十万文字程度なので読みやすいと思います。

★★★ Excellent!!!

 かつて愛した女性は、別の男性とともに歩むと決めてしまった。
 選ばなかった未来を悔やみながら、前に進めない主人公のもとに彼女の妹が訪れます。
 あったかもしれない未来は甘美な夢。現実は残酷すぎて救いなんてありません。
 もがいて、傷つけてしまって、それでも理解し合いながら、二人はなんとか前に進みます。その先に何があるのでしょう。ここでは詳しく語ることができません。
 皆がどこにも行けなかったこの夏に、たどり着くべき場所にたどり着いた二人の物語を是非読んでください。

★★★ Excellent!!!

最初の十話ほど越えたらもう引き込まれます。
次が気になって仕方なくなることです。
テンポの良い会話と、すっと脳裏に浮かぶ情景。
高校生の「夏の夕暮れ」なんて特にそうでしょう。
曖昧でズルくて卑怯で、泥臭い人間臭溢れるサキとその周りの人々。
高校の頃よりも、新宿で出会う彼女らが私は好きです。人臭さが、生きることにどこまでも忠実な彼女らが。
傷の舐めたいのように思える性行為も話しを進めていけば、「この子達には、この子にはこの手段しか思いつかないのか」と思ってしまうかも。
題名や、タグに踊らされず読み進めてください。
きっとこのレビューを見てるアナタは好きな作品だと思うから。

★★★ Excellent!!!

文体のリズムに近しいものを感じる。
たぶん筆者も石田衣良さん好きだと思う。
スラスラと読める。言葉少なめの会話とモノローグの割合がちょうどよい。
登場人物が少ない分、それぞれの人の内面がうまく描かれていて全体的に暗い話だけど読んでて楽しい。
低予算でドラマ化しやすい内容だから観てみたい気もする。
でもドラマ化するなら題名が変えられそうw

★★★ Excellent!!!

 この作品はセックスだとか風俗だとか、そういった描写が多く含まれている。その多くは、読む者に嫌悪感を抱かせたり、物語の本質を見誤ってしまうような危険を孕んでいるものだが、筆者にはそれらを許さず、自らの作品を直視させる確かな力があると感じた。
 セックスや酒、未成年という言葉。それらが主人公と幼馴染の妹の関係と、故郷での暗い過去を暗示するかのように描写し、それらでしか繋ぎ止められていない関係と言うものを、ひどく儚く、心を抉られるものだと読者に感じさせてくれる。
 主人公や幼馴染の妹は、自由を求めて――これが解釈としてあっているかは各々の捉え方であるが――故郷から東京と言う街に逃げてくるのであるが、この物語のなかでの東京の描写はとても閉鎖的――主人公のアパート、バイト先やメイド喫茶等々——で、自由で広大な東京と言うよりは、狭く退廃的な闇を抱えた街と言う印象を与えてくれる――それは、確かに東京と言う都市の抱える一側面でもある――。主人公の闇は、そういった描写を織り交ぜながらより深い説明がなされていくのだ。
 この作品は、特に難しい言葉が使われているわけでも、文章が長いわけでもないのにもかかわらず、動作、言葉が多くの事を訴えかけてくる。
 話はまだ途中。完結するまで追いかけたいと思える作品だった。まだ読んでいない方は、ぜひ読んでみることをおすすめする。

★★★ Excellent!!!

会話が面白いです。

登場人物が抱えている闇。それを直視しないように、紛らわすために、互いの傷を癒すために、確認し合うために、互いの体を求める。

東京には、本当になんでもあるような気がしたけれど、実際に住んでしまえばなにもない。

あるのは無関心な視線だけ。

ま、それが心地よかったりもするんですけど。

二人には、ぜひ幸せになってもらいたいものです。