人虎探偵 相賀赫真

作者 栄織タスク

141

53人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

まさにロマンである。何かって?人虎、人狼……ね?わかる人には堪らない響きでしょう。わからない人は読んでください。楽しさも、淋しさも、切なさも、強さも弱さも、優しさも、きっと見つかる物語となっています。何より出てくる奴らが皆んな、良い味出てるんです。読まなきゃ、損でしょ。

★★★ Excellent!!!

獣の頭の探偵と聞いて、これはとある往年の傑作の再来、とんでもなくハードボイルドな内容に違いないと思って、私はこの作品を開きました。

……気が付けば読み終わっておりました。
そうして、胸の内に去来したのは、なんとも優しい感情だったのです。

主人公は、どこか抜けているようでいて、しかしとても賢いです。本能的なものなのか、嗅覚が飛び受けています。
たくさんの問題、それこそ無理難題が、探偵である彼の前には降りかかってくるのですが、気が付けばすべて丸くおさまっています。
人徳──いえ、人虎徳、でしょうか。

彼が作中で掲げたスタンスは、とても魅力的で、理想的で、だからこそ難しいものでした。
それでも彼は、それを最後まで貫いたのです。

結果、私は清々しい胸中で、読み終えることができました。

いろんな意味で胸がすき、胸の奥が温かくなる。

そんな探偵の物語を、あなたも読んではみませんか?

★★★ Excellent!!!

世界を揺るがす陰謀などとは無縁、血しぶき飛び交うようなアクションとも無縁。なのに、こんなにも面白い。
主人公が魅力的で、最初から最後までテンポよく楽しめた作品でした。このエピソードはしっかりと完結し、読後感も爽やかでありながら主人公の過去など気になる伏線がたっぷり残ってるので、これからの彼の活躍に期待しています。

★★★ Excellent!!!

 非常に緻密によく練られた世界観とストーリーに冒頭から引き込まれました。
 またこの作品独自の“人獣”という設定は、作品世界のいわばアクセントとしてよく効いていたと思います。
 文章も丁寧で作品世界にスッ、と入っていくことができました。
 もし続きがあるのなら読んでみたいと思わせる小説です!

★★★ Excellent!!!

ハードボイルド小説というのは個人的になじみがなかったのですが、この作品は文句なしに面白い。あくまで現代が舞台なのですが、ファンタジー要素が加わったことで俄然読みやすさと、物語の奥行が出たように感じました。
もちろん物語は読みやすく、登場キャラクターも魅力的、またサブタイトルが渋く決まっていて、映像が頭に浮かんでくるようです。

★★★ Excellent!!!

とにかく、相賀赫真がかっこいい。
本人は恐らくニヒルでハードボイルドを演じたいのだろうけど、その『血』がそうさせない。
時には子供っぽく。時には熱く。
この人虎、人よりよほど人らしい。
なので、違和感なくスッと物語に溶け込める。

物語は綺麗に終わっています。
それでも、赫真がこれからどんな生活を送り、どんな事件に巻き込まれていくのか、その先も垣間見たくなってしまう。
組織の上に立つのか?
それとものんびり日銭を稼ぎながら探偵を続けるのか?
そして、愛するミトラさんとどうなるのか……?

細部まで練られた設定、静と動の同居性、説得力があり情景がありありと伺える台詞回し。
どこを切り取っても一流。

一流の作者様が綴る、二流探偵の物語。
とても、楽しませていただきました。

★★★ Excellent!!!

読みやすいハードボイルド。ハードボイルドと言っても堅苦しくない。たとえば、シティハンターが好きならはまれるはずだ。
もちろん、若い人も楽しめるが、ある程度年齢が言っている人は、もっと楽しめるかもしれない。
懐かしい空気を漂わせなた、若き日に憧れたスタイルがきっとここにある。
人虎等の設定を上手くいかし、物語を導入から結末まで無駄なくスムーズに進めている。
序書を読んだだけで「やばい、これ面白い話だ」とまるで直感のようにわかる魅力がある。

 年齢層を選ぶ作品ではあるので、一般受けに関しては難しいかもしれない。
 しかし、おもしろかった。

 ごちそうさまでした。

★★★ Excellent!!!

いつまでもいつまでも、この世界観に耽溺していたい。
読み終わる前から、まだ物語が動き始めた序盤のうちから、そんな思考が渦巻いた。

浪漫に溢れた独特の世界観、人獣たちの暗躍する息づかいが聞こえてきそうな、実に生の香り漂う世界。
物語の運びはもとより、ただキャラクターたちのやり取りを読んでいるだけでとても楽しく心地よい。

この心地よさをレビューで表現するのに現在大変戸惑っているのだけれども、1つだけ言える。

これは、とある層は好きで好きでたまらない物語だ。
たぶん、惚けて魂抜かれるやつ。

そんな風に腰砕けになりかねない麻薬のような物語だが、少しでも気になったのならば絶対に読んでみたほうがいい。
牙や爪は現代には無用の長物に過ぎないかもしれないけれど、退屈しない二流な日常を彩ってはくれるのだから。

★★★ Excellent!!!

 おもしろかったです。読んでいて、テンションがあがりました!
 伝統的なハードボイルド系探偵小説に、人獣という設定を組み合わせて、独自の世界観を作り出しています。
 赫真をはじめとする登場人物も印象的。物語もしっかりしていて、ぐいぐい読ませます。
 アクションが抑えめだったのも、物語にマッチしていたように思えます。
 わたし好みだったこともありますが、すっかり雰囲気に酔いましたね。よかったです。

★★★ Excellent!!!

 侠。
 硬派な舞台設定に、人獣というコミカルなキャラクターが、上手くマッチングされていて、安定した物語を織りなしています。

 主人公にも関わってくる謎の解明はもちろん、ラストの狂騒的な流れは、終わりの中にも始まりを予感させる余韻。

 獣の個性的なキャラクター達は、絵にしても面白く描かれそうですね。
 楽しく読ませて頂きました、ありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

ウェア・タイガー、ウェア・ウルフと本来ならファンタジー的な話で登場する彼らが、現実世界で生きている。
この設定は面白いと思いました。
各組織の設定も詳細で、事件の発端から最新話に至るまで、一貫した世界観で突き進みます。
人狼や人虎の設定を外すと、ヤクザの抗争に見えてしまいますが、そこのには確固としたルールがある。序列です。
この序列の設定が生きていて、主人公が動き回る。
ファンタジー要素をふんだんに取り入れつつも、登場人物にリアリティがある。そんな印象を受けました。

★★★ Excellent!!!

↑というのはトトロの有名なキャッチコピーでありますが。

 人獣(ウェアビースト)は、決して、へんないきものでは無くてですね。
 とってもかっこいいです!

都市伝説として語られるに過ぎない、半人半獣の、人ならざる者……人獣。
彼らは実社会に溶け込んで、基本的には人間としての生活を送っています。

彼らの真実を暴き出す、謎の作家が登場し……?

謎に迫っていくこの感じ、わくわく感がたまりません!

★★ Very Good!!

最新話まで読了しました。

いいところで途切れているので当然ですが、
「早く! 次を早く!」と感じさせられています。

まず設定がいい。
大きな設定も、小さな設定も。
そして、クスッと笑えるプロローグから、
意外な本筋に入る導入も、お見事。

無駄のない硬質な文体が巧みに展開し、
上質な物語を展開していきます。

ネタバレになることは書けませんが、
まだ序盤のようなので、今後に期待しつつ
更新を待ちたい作品です。

★★★ Excellent!!!

 ハードボイルドな探偵小説にファンタジーの風味を沿えた一品です。

 真っ直ぐな筋と精緻な人物描写を表に出ない緻密な設定で力強く支えている栄織丞味が出ています。探偵物と彼の作品が好きな方ならばすぐにでも読むべきでしょう。

 人獣と呼ばれる一族の秘密を、小説という形で漏らす不届きな魔小説家の秘密を追いかけるという筋書きは、一人の物書きとしてワクワクさせられてしまいました。

 主人公のキャラクターだけではなく、その周辺の人々や未だ姿を表さぬ魔小説家強の得体のしれなさまで、文字だけなのにガッツリ伝わってきます。



 おのれ強! 貴様は一体何なんだ!!!!!!!!

★★ Very Good!!

 探偵事務所を営業する相賀赫真。獣の頭と人の体を持つ『人獣』である赫真は、『人虎』として人の群れに紛れているが……。
 赫真の所属する『虎群会議』。そのほかにも『翠狼組』とか『銀爪舎』などの組織が出てくるのですが、そういった組織同士の争いって、男として血が滾りますね(個人的に『龍が如くが大好きでして)。しかも純粋な人間ではなく『人獣』となれば、より一層沸騰するというものですっ(>_<)
 ゆえに『ライトノベル』という単語の異彩さが際立ちますが、それがこの物語が普遍的ではない組織対立を表現するためのいいスパイスになるのでは、と私は思っています。今現在まだ第二話ですが、続きが気になりますね。

 
 ファンタジーとミステリーの融合――気になった方は是非っ。

★★★ Excellent!!!

って、まだ始まったばかりではあるんですが、文節の間から漂ってくる雰囲気にまで、完成度が滲み出るような作品です。

冒頭のキャラづけがまず上手い。
そして、設定に対して起こる事件がさらに上手い。

これはもう、読者として伸びて欲しい作品です。

★★ Very Good!!

世界観がかなり細かく練られてあり、しかも登場人物も含め、魅力的な設定に仕上がっている。
今後面白い物語が展開されていくだろうという予感がしている作品。

進め方が丁寧なので、相関関係が理解しやすいという点はかなりの好感触。

あとは、このメンバー、この組織、この世界観でどんなストーリーが描かれていくことになるのか?

まずは作家の謎から。

気になります!!
とても楽しみですね。

★★★ Excellent!!!

…大体そんな話です!
獣の能力を人体に交わらせた「人獣」たちによる、裏社会の血湧き肉躍る任侠活劇。

虎の力を体に宿す主人公は、売れない探偵業に勤しむ超赤貧。
婚約者のヒロインは裏社会の大物を父に持つ有力者、と来ましたよ。

そんな彼に持ちかけられた厄介な依頼とは…巷で人気のライトノベルが「人獣」を題材にしてるから、作者の身辺調査をしろ、だってぇ!?

作中世界でのメタフィクショナル。
作中での現実が、作中作とクロスオーバーする入れ子構造。
人獣は表に知られてはいけない存在なのに、人獣の抗争をそのままライトノベルに書き起こしている不届き者が居たら…そりゃあ大問題ですね。

さぁ、どう収拾を付けるのか。作家は何者で、主人公たちにどう関わるのか。
蝶のように舞い蜂のように刺す、野獣のごときアクションに期待です!(※蝶も蜂も野獣じゃない)

★★★ Excellent!!!

 「王機兵伝承 拳王機アルカシード」の栄織丞先生が放つ、ファンタジーアクション。
 古代の人型兵器「ウェアビースト」の存在が、時の流れに風化し都市伝説に成り果てた時代。
 虎の一族「ウェアタイガー」の一員である相賀赫真はある日、義理の父(予定)から奇妙な仕事を依頼される。
 ――数奇な運命を予感させる、この導入。今後の展開に期待が膨らむ作品であります。

★★★ Excellent!!!

前回のコンテストで見事一次を突破した栄織丞さんの作品だけあり、モノが違います。

一話を読んだだけで「これ絶対おもしろい」と確信できる文章の冴えは羨ましい限りです。

獣人が実在するファンタジー風の味付けでありながら、文明レベルは我々が良く知る現代社会そのもの。電車を利用する獣人の姿は非常にシュール!

そんな一風変わった舞台で、探偵業を営むパッとしない主人公。
数少ない依頼で食い扶持をしのぐ彼の元へ、ある日おもわぬ大仕事が?

アクション描写の力量は前作で証明済み。今回も絶対に魅せてくれます!
ハードボイルドな世界にハマりたい人は是非!