死に物狂いで死んでみて

作者 雪瀬ひうろ

501

205人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★ Very Good!!

――

死ぬほど〜、なんて言葉が飛び交う世の中。でも、その言葉を使う人間のどれだけが死を意識して生きているのだろう。生きることに、あるいは死ぬことに理由と覚悟は必要だけれど、僕らはちゃんとその事実に向かい合っているのだろうか。

僕にとって、この物語はその問に対する一つの答えでした。

さんがに★で称えました

Good!

――

「もう死のうかな」

誰もが一度は思ったことがある言葉だろう。
職場での失敗? 先生に怒られた? 親しい人の死?

なんにせよ、このレビューを読んでいる貴方はそう思っても死ぬことを選ばなかった一人なのでしょう。

「なぜ私は生きることを選んだのか?」 

「なぜ今ものうのうと生きているのか?」

貴方も考えてみてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

技量がすごい。

物語序盤ではスローテンポな流れで進み、中盤で畳み掛けるような人生劇、そしてそのまま、最後の一文。

小説自体はそんなに長くないのに、1人の人生をしっかりと追った感覚になります。

ショートフィルムのようで、何度も読み返したくなる小説です。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

――

気軽に読み始め、最後で引っかかり、読後に考え込む。レビューを書いた他の方と同じプロセスを、私も辿りました。
文字数が少なくエピソードを書き込む余地が無いので、別に何かに感動したとかではないけれど、確かに読者の記憶に残る作品ですね。
星の数は、短編にはMAX2つが信条だからです。

★★★ Excellent!!!

――

タイトルが気になったので覗いてみたら、気が付けば最後まで読み終わってました。

2000文字でここまで詰め込めるものなのか、と思いました。
グイグイ引き込まれて、引っ張られて、そして最後のワンフレーズ。
今まで勢いよく引っ張っていた手がパッと離されたような、大げさかもしれないけどそんな衝撃を受けました。

ぜひ、いろんな方に読んでいただきたいです。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

評価も高いし短そうだから、寝る前に少し読んでみるかな。なんて思って気軽に読んだら、どんどんのめり込んで、最後の最後にやられました。
勢いのある文章で心を昂らせたあとのラストシーン。でもタダでは終わらない。最後のフレーズを読んだとき、リアルに心臓がドキンとしました。
ああ、これが心を掴まれるということなのでしょうか。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました