『また明日』~それぞれの3月10日~

作者 南 伽耶子

フォロー 1話目から読む

「また明日」皆それぞれの時間を生きていた。2011年3月10日。 南 伽耶子

東北の海の近くのある街に生きる人々の、2011年3月10日から11日未明にかけてのそれぞれの時間。応援要請から戻ったばかりの若い公務員が水の底から見た青い光景を縦軸に書いてみました。教会付属の幼稚園での幼い男の子と女の子のお話(登場するラシャペル神父は実在の震災で亡くなったカナダ人神父)、卒業式での演奏を控えた幼馴染の高校生の少年と少女。彼女から突然妊娠と一人で産むことを切り出された頼りない大学生。出産後退院したばかりの不安定な新米ママと、奮闘する新米パパ。そして海の底に落ちて来た人々の『叫び』をみた深海魚のギンダラの話。エピローグでまた若い夫婦に戻ります。2013年の夏に書いたものを加筆修正して載せました。

おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

小説情報

『また明日』~それぞれの3月10日~

@toronamasan
執筆状況
完結済
エピソード
7話
種類
オリジナル小説
ジャンル
現代ドラマ
タグ
東日本大震災 震災前日 オムニバス 人々の生活 吹奏楽
総文字数
15,599文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
3人
応援コメント
0件
小説フォロー数
3

アクセス数