剣脚商売 ~現代美脚ストッキング剣豪譚~

作者 一石楠耳

339

123人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

元々キャッチコピーや周りの方の評判でずーっと気になっていましたが
ようやく時間ができて読むことができました!

この作品、実に変態。脚フェチの極み。
作中に「脚」が出てくる回数でギネス取れるんじゃないのってくらい。

だけど何が素晴らしいって、それを変にはぐらかしたり恥ずかしがるのではなく、堂々とかつ真面目に突き詰めていることです。
変態仮面とか好きな方は絶対ハマるのでは?と思います。

語彙力の多さ、地の文のリズムの良さ、そして最終回に向けてのどんでん返しの展開……!
一文一文が名ゼリフ、名キャッチになる力を持っている。
これ無料で読める小説のレベルではありません。

ぜひとも他の方にもお勧めしたい作品です。

★★★ Excellent!!!

だ...ダメだこの作者
脚を愛するあまり自分の理想の脚の世界を描いてしまった

いや良いのか?(錯乱)


一見変わっているこの話。美脚が刃物になるという外にも、言葉の選び方・繋げ方も少しこれまでのラノベとは違っている。

一石節の荒波を乗り越えると訪れる快感!最終話まで一気に読み終えてしまう


★★★ Excellent!!!

かつてドイツで活躍した作曲家、靴を意味するその名前からして脚フェチであったろうことは間違いなしの、ローベルト・シューマンは一石楠耳を指してこう叫んだ。

„Hut ab, ihr Herrn, ein Hentai!“
すなわち「諸君、脱帽したまえ、変態だ!」と。

僕はフェチなんてないはずだった。少なくとも脚なんてどうでもいいはずだった。なのにこの作品を読むようになって数日の後、電車で前に座った妙齢の女性、髪をしっかと束ね紺のスーツをびしっと着こなしたその風貌からして他人も自分も厳しく律しているであろう雰囲気を醸し出している、その黒いストッキング、もとい、シアータイツにつつまれたすらりと伸びた脚に目を奪われてしまったのだ。

いかんいかん!電車の中で他人をじろじろ見るなんてまったくもってよろしい事ではない、目線をそらせ目線を。中吊り広告、へー脂肪を減らしてスリムアップするお茶ねー、スリムアップって多分日本語英語だろうけど、こう肉を持ち上げるイメージがあっておもしろいねー、肉を持ち上げて筋肉がきゅっとひきしまる感じで、そうそう、まるで目の前の女性のふくらはぎのように・・・。

こらこらこら!そうじゃないだろう!僕はフェチじゃない脚フェチじゃない、脚なんてどーだってよくて、と邪念を振り払おうとあがいたところで、女性はおもむろに脚を組みかえ、それまで角度的につかみきれなかった圧倒的脚線美が明らかになる。
僕はおもわず「買った!」と心の中で叫んだとか叫ばなかったとか。

世界観が変態的なだけで、ストーリーの骨格は浪曲調に語られるしっかりとしたハードボイルドバトルものです。ただ筆者の常人ならざる感性と言語感覚は、読み手の頭の中にその変態的感性を植え付けるに余りあり、読めば読むほどその世界観は確実に根をはっていきます。
フェチなんて意識していなかった一学生の嗜好すら揺さぶる圧倒的… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

女性の足が見られる事によって刀になるという、頭のおかしい設定だが、それをテンポ良く読み進めていける、無駄のない描写とスピーディーな戦闘。それに加え無駄なキャラがおらず、それぞれが魅力的である! 全体的な雰囲気はマカロニウエスタンや時代劇、もしくは世紀末ヒャッハーを思わせる。 ただすこし文字が少なくてイメージしやすくするにはもうすこし背景描写が最初に欲しいかなと (場所とか雰囲気とかの)

★★★ Excellent!!!

これ書いた人バカだろ。

真面目に考えれば洗脳されるかSAN値が減少するイカれた世界設定にフェチズムだけで構成されたキャラクター達
普通に考えればキワモノ、いやゲテモノだろう。

しかしながら、引き込まれて読み進めてしまう力は字の文のテンポの良さの力だろう。

古くさい言い回し等、平易な言い回しではないものも多い。
一語一文を精読すれば前述のフェチズム毒に汚染されてしまうだろう。

脳内で講談師に語らせるように感じるんだ。
イメージせよ。
女達の剣脚を。

考えるな、感じるんだ!

★★★ Excellent!!!

何かを本気で愛してしまった時、人は変態であることが普通になるのだと思います。

弛まぬ想いは大輪の花を咲かせ、その花弁のひとつひとつが、それは美しい御御脚なのでしょう。

黒ストッキングの良さが分からない愚か者は、市中引き回しの上、磔獄門に処すべきです。以上、政見放送でした。

★★★ Excellent!!!

第2部まで読了
ちょっとだけ追記しました

 なんで戦ってるのかを言わない女と、流されがちな少年
主人公二人のどっちにも感情移入できんなー、と
思っていたのですが、登場人物はおおむねどれも一般人の
理解を超える行動原理しか持っていないと割り切り、
語り部視点に寄って、頭のおかしい表現のドライブ感に
身を任せるのがいいのかもしれません。

 どの女性キャラも、いくらでもかわいく書けそうなところ
を敢えてはずし、
「都合のよいキャラ」「萌え記号を乗せただけのキャラ」に
なっていないところはかなりポイントが高い感じです。

 ただそのかわり、各キャラが、何のために、何を思って
行動しているのかがあまり描写されていないため、
全部ではありませんが、
「面白い行動をさせる、もしくは話を進めるためのキャラ」
「面白い記号を乗せたキャラ」に見える部分が
時折見受けられる気はします。

 脚フェチを標榜している割に、脚そのものへの描写は
意外なほど少なく、エッチ寄り、フェチ寄りの描写や、
各キャラの性的な意味での変態度ももかなり控えめ。
見せたいのはそこじゃない、ということなのでしょう。

――以下ちょっとだけネタバレ――

 一つ気になったのは、せっかく全編にわたって作品固有の
戦闘描写を展開しているのに、その説明が不足している点。
もちろん理屈の部分はあえて省いているのでしょうが、
ダメージ描写がはっきりしないのは問題です。
序盤では吹っ飛ばされるのみ。タッグ戦の犠牲者は
エロくならない脱衣のみときて、
一部ラストでは唐突に数か月倒れっぱなしの重体、
二部ではついに死者発生ですが、
そこにいたるまで、「剣脚戦は人が死ぬ」ということが
明記されません。
(「有り体に言って致命傷である」などの描写はあるが、
 全然死なない。)

 そして、剣脚戦は命がけである、ということが分からないと、… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

軽快な文章、語彙の広さにまず圧倒!
テンポよく読み進められ、話の中盤から既に次の刺脚が来る、
ハイスピードな展開で見ていて楽しいです。
次は誰と戦うのか、ワクワクしながら見てしまう。

さらに、映像を頭に彷彿させる、言葉の表現力。
視点が映るカメラワークをとても意識した描き方をしていて、
それもまた、アニメのような映像美を見せてくれます。

さらに、映像美といえば!!

脚!!!!!

蠱惑的な脚!!!!!

この脚の魔力にとりつかれたかのような、斬新な描き方。
美女が、美少女が、脚のみで戦うって、
しかもパンストレギンス生足って、こりゃあエロいですね!!(最大の賛辞)
もっとやってください!

演出的に少し古めかしく言葉を描いていくことにより、
台詞回しや必殺技名が非常に映えています。
映像で言うなれば、必殺技名が大文字でドン!ドン!
と出るような勇ましさすら感じられます。

ぜひ、読んでみてください。
脚への見方が変わります。

★★★ Excellent!!!

文章力とか、キャラ個性とか、展開の盛り上がりとか、そういう細かいのを全部抜きにして、面白さだけを突きつけてくる作品です。
どこが魅力と問われたら、この作品の文章を全部コピー&ペーストして見せるしかありません。それだけ台詞の一つ一つが、文章の一文一文が面白さを構成する柱になっています。

誰にも真似できない、唯一無二であるというのはそれだけで賞賛され、評価される価値のあるものです。このまま他者の追随を許さずに、未だかつて誰も見たことのない世界を展開して欲しいです。
正直、この才能には嫉妬すら覚えます。

商業では実現困難なものを、平気で書き上げる。それこそがネット小説の醍醐味であると思います。

カクヨムってたまにズバ抜けた天才がいるんですが、この作者さんもその数少ない頭おかしいと思わざるを得ない天才の一人だと思います。

でも程よい所でキャラ紹介やこれまでのあらすじも載ってあり、読者に優しい部分もあるんだなとほっこりしました。

★★★ Excellent!!!

ストッキングは好きか?
タイツは好きか?
レギンスは好きか?
ニーソックスは好きか?
生脚が好きか?

賢明な諸氏には既に周知のことであろう。なんたってこの"剣脚商売"には全ての脚が居るのだ!

あざとい?あざとい結構!

とにかく読んでみてほしい。
そして女性は脚にタイツを、ニーソックスを、ストッキングをその脚に纏わせてほしい。
そして男性はそのあざとい脚を是非とも凝視するのだ。

★★★ Excellent!!!

美脚を剣として戦っていく話です。
そのため描写は下から描かれ、そしてほとんど上にあがりません。
テンポの軽妙さとか、言葉遊びとか、足への情熱を極めているとしか思えない発想とか、色々と魅力はあるのですが、個人的にはこの奇妙な視点位置がとても印象に残ります。

そしてふと、剣脚商売を読んでから街に出ると、読者の視点もつい下がっていき「あ、あの脚は攻撃力高そうだな」と考えているうちに視点が固定する妙な経験をすることになります。なりました。

★★★ Excellent!!!

美脚にレッグウェアを合わせることによって美しさだけではなく強さを合わせる設定に度肝を抜かれました。

それは単純に合わせることだけではなく。それぞれの登場人物がレッグウェアそれぞれに合った個性を光らせ勝負をする。読み手は間違いなく選びます。しかし、それだけ尖っているとも表現できます。また、単純にフェティズムと括れるものではない―――一種の美学を筆者に感じました。

★★★ Excellent!!!

池波先生の『剣客商売』。そのパロディかと思いきや、似ても似つかぬトンデモワールド!
しかしながら、鬼気迫る戦闘シーンに潜むのは紛れもなく侍魂!

弁士の語りを聞いているような軽快な文調でサクサク楽しめます!

一足、先いく作者様の未来(あした)に脚光あれ!

★★★ Excellent!!!

「脚なんて飾りですよ、偉い人にはそれがわからんのですよ」と、宇宙世紀の整備士は言った。……否!断じて否である!!
秘密は女のアクセサリー、しかし脚と涙は飾りではないのだ!
それがわかるのは『偉い人』なのか、それとも美脚礼賛が行き過ぎてしまった『エラい人』なのか……?
うっかりすると抜き差しならないことになる(脚だけに)
その真実は、己が眼と魂で、確かめろっ!!

★★★ Excellent!!!

「面白い作品と面白くない作品はどこに違いがあるのだろうか」と考えた時に、作品に「愛情が込められているか」「執念が込められているか」が重要な要素として挙げられると思うのです。

その観点から『剣脚商売』を読んでみると、「愛情」と「執念」が(脚に)これほど込められた作品は稀有です。

人は液晶画面からあふれ出す(脚への)「愛情」に憧憬を抱き、文章に宿った(脚への)「執念」に畏怖を抱くのではないでしょうか。

個性的なので、誰にでも合うとは思いませんが、「合う足には合う」「合わない足には合わない」という『シンデレラ』のガラスの靴のような作品です。

★★★ Excellent!!!

「なるほど、なるほど。こういうノリの作品ね。分かる分かる。あるよね~あるある」
などと軽い気持ちで読み始めた脳天を直撃する、怒涛の勢いの脚。脚。脚。
全くご存じない事を、さも当然のように説明しはじめる解説。
理屈そっちのけで語感だけで押し込まれる描写力。
個性しかない登場人物。そして美脚。
唐突なキン肉マンネタ。
これは狂ってる。
(褒め言葉)
必読

★★★ Excellent!!!

 美脚でなければ、生きていけない!
 美脚でなければ、生きる資格すらない!

 戦いの荒野に
 美脚を誇る
 剣脚たちが百花繚乱!

 黒タイツが!
 レギンスが!
 ストッキングが乱れ飛ぶ!
 
 見よ!
 美脚の、美脚による、美脚のための

《究極限界痛快ノンストップ美脚エンタテインメント活劇》

 の夜明け!

 フェチとパッションで突っ走り
 理屈もマーケティングも蹴り飛ばす
 新時代のカリスマが、ここにある!

 君よ、歴史の目撃者となれ!

★★★ Excellent!!!

推し刺脚は黒タイツの負門常勝ちゃん。

様々な脚がこれでもかというくらい登場する本作は、女性にもオススメ。
絶対、お気に入りの刺脚の一人や二人見つかるはず。

だって、毎日の習慣だもの。
身につけるアイテムに、こだわりの一つや二つ、あるでしょう?
同じ趣味の女の子が、脚を武器に縦横無尽に駆け回る。彼女たちを応援したくなる気持ち、是非とも味わって欲しい。

女性読者、増えるべし!
キャッキャ脚を愛でましょう。
よしなに。

★★★ Excellent!!!

美脚は美しい。ですが、誰にも見られなければその美しさは知られることがありません。
この物語には、美脚の数だけ、それを愛でる者の姿があります。
それぞれの愛と執念のこもった視線によって、美脚は鋭く美しく研ぎ澄まされ、戦場を駆けてゆくのです。
脚の美しさを文字で堪能するなら、この物語を置いて他にありません。

あなたも、タイツと美脚の深淵を覗いてみませんか?
戻れるかどうかは、保証しませんが。

★★★ Excellent!!!

本物の脚フェチが、己の業をエンターテイメントに昇華するとこの有様ですよ!

黒ストレギンスタイツナマ脚ニーソ等々、個性豊かな美脚達が己の魅力を切れ味として交錯していく展開は山田風太郎の忍法帖シリーズのような息もつかせぬ奇想天外な活劇ぶり!

美脚とその礼賛者達が織り成すこの物語、脚フェチならずとも楽しめること間違いなしですよ?

★★★ Excellent!!!

とまあ一言紹介が35文字までだったので脚で35文字埋めたんだし、レビュー本文を脚一万文字で埋めても問題はないくらいには病的な作品である。おそらく作者は一万文字の脚の字に五千人の美脚美女を妄想しモリモリと湧き上がる執筆意欲を抑えられず寝食を忘れ執筆と脚フェチに耽り、タイツの脚に挟まれ窒息するように息絶えるのではなかろうか。その貌は、清々しいまでの笑顔であった。

一石楠耳、完。

いやここで倒れるな。剣脚商売を書き上げろ。このまま誘蛾灯のごとく引力を放ち、一石楠耳を倒すさらなる脚フェチが現れ、そしてそのものに倒されろ。倒した者が次の一石楠耳を名乗るのだ。こうして一石楠耳の名は脚フェチ文学の金字塔として後世まで語り継がれるのであった。

一石楠耳、完。

倒れるな一石。お前には二本の脚が、そして脳内に無限の脚があるではないか。立ち上がれ。大地を踏みしめ立つんだ。脳内の脚は一度に出すと健康に悪いし、感染者もちらほらと現れている。いいぞもっとやれ。健康に悪い?ああそう言ったさ。そのうえでもっとやれ。もう健康じゃない、病気ではないか。その症例が、この「剣脚商売」である。

一石楠耳、完。

あ、ごめん、特に死んでないのにリズムだけで完うさせちゃった。大丈夫大丈夫、死んだくらいじゃこの病気は治らない。夜な夜な一石家の墓から何本もの脚がにょきにょきと生えてきて新たな脚フェチがふらふらと迷い込むだろう。そしてその者が次の一石楠耳を名乗るのだ。こうして一石楠耳の名は脚フェチ文学の金字…あれ?これ前にも書いた気がするぞ?デジャヴか?

さ、そろそろ真面目に作品紹介をしないと、カクヨムの運営から怒られる。一石楠耳が。
「あの小説は厄介なレビューばかり集めて困る」
「もう脚フェチだけの小説サイト作ってそこに隔離しましょうか」
「脚読むでカクヨムって名前はどうでしょう?」
「いいね、それ!」
「賛… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

 読んだ瞬間、「あ、コレは自分には書けねぇわ」って思いました。
 本物の脚好き。本物の脚フェチ。っていうか美脚罹患者。
 そんな人間にしか書けない文章がここにあります。
 いやぁ、どうしてこんなになるまで放置しちゃったんでしょうねぇ……。もう手の施しようがないと思いますけど。

 なお、この作品を読んで以降、街行く人の脚が気になるようになりました。もしかしたらこの病気は感染する可能性があるので、注意が必要かもしれません。

 膝曲げたときに黒ストが薄くなって、肌がうっすら見えるのっていいですよね。

★★★ Excellent!!!

ねえ、もう、勘弁してくだせえよ。
バカは休み休み言えってな言葉がありますが、この物語はいっぺんも休む暇なくずっとバカなもんで、バカな状態が普通になっちまうんでさあ。
もう、オイラどっちがバカなのかわかんなくなっちゃったよ。

しかしこのとんでもねえ世界観をきっちり描くテンポと勢いというのはもう、さらにとんでもねえ。
読んでるだけで頭の中に活弁士が出てくるってえ寸法よ。
そして特筆すべきはやはりそのセンスあふれるネーミング!
やれ雑魚場レギンだ、やれ歯牙直哉我だ、またもやどうにかなっちまいそうなくらい頭に残っちまう。
各話のラストに次回予告が入るのも親切すぎて涙が出てくらあ。

おっ、そろそろ追手の脚音がちかづいてきたようで。脚がつく前にひと脚はやくあっしは失礼いたしやす。

★★★ Excellent!!!

真っ先に思ったのは、「この著者、頭おかしい(ほめ言葉)」だった。
独特のリズム感と間合いでもってして舞台を作り出し、読者を世界へ引きずり込む。
そして、バトルへ流れ込むや否や、飛び交う超理論。
まったくもって尋常ならざる理論を、読者が考える間を与えずに畳みかけ、物語内の常識を刷り込ませるという力技。
思わず一度は「なるほど…」などと納得してしまう。
そして一息ついてから「そんなわけあるか!」と突っ込んでしまう。
完全に著者の思うツボだ。

そんな雰囲気の中で、魅力的な登場人物が次々に現れるのは著者の嗜好のなせる業なのだろう。
いや、登場人物について多くを語らぬスタイルが、読者に好き勝手想像させるからこそさらに魅力的に映るのかもしれない。
しかし、履物についてはこれでもかと強調するあたりが、やはり業なのだろう。

ストーリーがどのように着地するのか、非常に楽しみである。