憧れの魔法少女の正体が男でした。

作者 山田絢

キワモノであってキワモノでない

  • ★★★ Excellent!!!

タイトルで出落ちかと思いきや、とんでもない!
もし憧れの魔法少女が実は男だったら? そんな問いに正面から向き合う、だからこういうタイトルなのだ。
ひたむきな主人公を取り巻く世界は優しく、希望に満ちていて、魔法少女という言葉が持つ淡い空気がそのまま作品全体に込められているようです。読んでいるこちらの心も解れるような、少女の夢の物語にふさわしい柔らかさ。
と同時にエンターテイメントとしても面白く、軽妙な掛け合いや主人公ちゃんの暴走芸に笑わされることもしばしば。これからの彼女らが送る日々を読者として追い続けられたら、それはもうずっと退屈しないだろうと思います。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

敗者Tさんの他のおすすめレビュー 30