深緋の恵投(ふかきあけのけいとう)

作者 銀鏡 怜尚

なんなんだよ、このかっこよさは……

  • ★★★ Excellent!!!

まず、読みにくいところは飛ばしても話が分かるようになっている配慮が素晴らしい。
(当然全てつながっているのだが、軽く読み進めてもらって構わない)

そして、キャラクターが際立っている。今作をまだ読まれていない方はできれば「慧眼の少女」から読まれるとよりキャラクターの存在が引き立ち、さらに面白く感じると思う。

最後に、著者の近況ノートを拝見したが、次回作、期待しています!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

なぜ星は三つまでしか入れられないのでしょう?  この小説に、星三つだなんて考えられません。ではどうすれば良いのか。それは多くのかたにお読みいただいて、千でも二千でも、いえ、万単位の星で飾ることだと思… 続きを読む

叶良辰さんの他のおすすめレビュー 1,232