深緋の恵投(ふかきあけのけいとう)

作者 銀鏡 怜尚

東野圭吾×海堂尊=天才を生み出す天才?

  • ★★★ Excellent!!!

 初めは文章が固く思えたのですが、途中から一気読みでした。文系の小生でも解説が分かりやすく、語彙も豊富で、とてもこれが処女作で、メモで出来上がった作品とは思えませんでした。
 理系的な理詰めは東野圭吾さんのようで、医療系とヒューマンドラマは海堂尊さんのようでした。しかも主人公は完璧な少女で、天才なのですが、「天才」を書くには作者も「天才」でなければ書けないと思いました。それだけ作者が「天才」か、もしくは非常に熱心に勉強してこれを書き上げた「秀才」であると思います。
 しかも、この分量です。ここまで書くには、とてつもない時間と体力と、知力を使われたことでしょう。作者が「努力の天才」であることは間違いないのではないでしょうか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

なぜ星は三つまでしか入れられないのでしょう?  この小説に、星三つだなんて考えられません。ではどうすれば良いのか。それは多くのかたにお読みいただいて、千でも二千でも、いえ、万単位の星で飾ることだと思… 続きを読む

夷也荊さんの他のおすすめレビュー 940