深緋の恵投(ふかきあけのけいとう)

作者 銀鏡 怜尚

“愛”の意味を知りたいあなたへ

  • ★★★ Excellent!!!

すごい……。読み終わったときは、そんな感想しか出てきませんでした。

↑ここから↓の行まで進むのに五分ほど要しました(笑)
それほどに濃厚な作品です。

かなり長い作品ですが、飽きることなく読むことができました。

しっかりした構成と、深い専門知識、にもかかわらず、それらを全て過不足なく、かつ分かりやすく読者に伝達する文章。
この作者様、何者だろう!?と思いました。
作者様が東野圭吾さんの作品をよく読むとのことで、納得です。

前半は比較的青春小説よりの恋愛パート、後半は気を抜くことが許されないサスペンスドラマのようなミステリーパート。
どちらも楽しませていただきました。

そして、ラストの方で明かされる真実には強く胸を打たれます。
長時間を使ってでも、そのラストにたどり着く価値は十分にあります。
長いからといって、読まずにいるのはもったいない名作です!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

なぜ星は三つまでしか入れられないのでしょう?  この小説に、星三つだなんて考えられません。ではどうすれば良いのか。それは多くのかたにお読みいただいて、千でも二千でも、いえ、万単位の星で飾ることだと思… 続きを読む

蒼山皆水さんの他のおすすめレビュー 456