化物にも評判の弁当屋

作者 こまち たなだ

妖怪ものは好きですか?ぜひこちらを味見していってください

  • ★★★ Excellent!!!

最新第19話を読んでのレビューです。
物語はもちろん、登場する弁当、そしてキャラクターたち、お客さんたちのドラマなど、実に味わい深い作品です。とにかく幕の内弁当のように色んな味わいがぎっしりと詰まっています。
人間だけでなく妖怪も訪れるという狭間の弁当屋、その後継ぎとなった「くるみ」ちゃんと、彼女となにやら因縁のある梅の神様である青年、この二人をめぐる物語。
そして人間も妖怪も巻き込みながら、時にほのぼの、時に切なく、時には愉快に、物語は進んでいきます。そして徐々に明らかになっていく、くるみと神様の関係。
語り口も読みやすく、キャラクターも親しみやすく、楽しく読んでいただける現代の妖怪譚。
幸いにも連載中の作品、ゆっくりと続きを追いかけてください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

関川 二尋さんの他のおすすめレビュー 1,030