思いというのは目に見えないけど残るから

切ないけれど、切り傷を付けられるような痛みや首を締め付けるような苦しみは感じられません。
ちょうど良い切なさと、どことなく感じる優しさに包まれた詩を読みたい人におすすめです。


個人的には「月痕」、「それでも生きている」、「何もできない日」、「玉ねぎ」が好きです。とくに「玉ねぎ」はタイトルから想像できない流れに驚きました。

その他のおすすめレビュー

(´;Д;`) 企画開催中さんの他のおすすめレビュー1,132