僕の妹コレクション

作者 御角

277

96人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

留守電に残されたメッセージという形で残された、そこはかとなく繋がっているような雰囲気の漂う一つ一つのエピソード。

一話読んだ時点では不穏な雰囲気を感じつつも普通の留守電かな?と思いましたが、二話目から一気にその様相が変わります。
そしてそこから毎話明かされる情報が徐々に繋がり、指数関数的に物語の真相を浮かび上がらせてくる構成が実に見事。

そしてそれ故に、読者にそこまでの話が留守電のメッセージであったことの意味が重くのしかかってくるのです。
最終話まで読み終えた時。怖さや恐ろしさと共に、「この物語が出来てしまった」ことへのやるせなさを感じずにはいられませんでした。

切実な想いを感じる毎話のエピソード。
読み終えてタイトルの意味を理解した時に感じるであろうゾクリとした感覚。
ぜひ味わってみて欲しいです。

★★★ Excellent!!!

怖い怖い怖い!

カウントダウンされていくサブタイトル、はっきりと何が起きたかわからないからこそ息を呑む、絡みに絡んで進んでいく物語。

誰が正しいのか。
誰が壊れているのか。

遠い現実の話ではない、そして悲しく切なく恐ろしくもどかしい狂気の束。

ぜひ、ご覧になってみてください|д゚)