ファントム・パラノイア

作者 ソラノリル

ヒトの模造品《オルタナ》の心の行方は——

  • ★★★ Excellent!!!

労働力、代替臓器、そして愛玩用。
クローン技術によって生み出され、グロテスクな使命のみに生を赦された少年少女たち。
地に舞い落ちるひとひらの雪のように純粋で、それゆえ脆く儚い。
彼らは「その時」、何を想い何を選ぶのか。
ディストピア物で在りながら、美しく切なさに溢れるSF連作。
同著者による和風SF「空人ノ國」と併せてオススメです。



余談ですが、本作を読むと語彙表現や比喩といったレトリックは、世界のディティールや肌触り、つまり「絵がない小説で『絵』を描く」ためにあるのだな、とつくづく思います…… (^^;;

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

永久凍土さんの他のおすすめレビュー 280