真の希望か、まやかしか。――怒涛の展開にハラハラします!

一夜にして変わり果てた世界で、人類は狩られる側へと転落した。
妖魔が跋扈し、植物さえ牙をむく。
弱肉強食となった世界で生き延びるため、女子高生だった主人公は一つのコロニーに身を寄せていた。
「首長」と呼ばれる男性のリーダーに統率され、役に立たない者は容赦なく捨て駒にされるコロニー。
しかしそこには「女神」がいた。

ポストアポカリプスもので、スリラーやミステリーの要素もあり、読んでいて飽きるということがありませんでした。
極限状態での人間の醜さと気高さが両方描かれていて、そこに妙なごまかしが無いところが良かったです。
いくつもの謎とそれに対する解を丁寧に積み上げて、ラストの怒涛の展開に繋げる手腕。それをこの話数で完結させるため、しっかりと錬られたのであろう構成にも唸らされました。

映画を一本観終わった後のような満足感があります。
完結していますので、ハラハラドキドキしながら結末まで一気読みすることができるのもオススメできるポイントです。

その他のおすすめレビュー

相馬 みずき(繁忙期)さんの他のおすすめレビュー80