大国、龍華国を舞台とした、糖度高めの中華ファンタジー。

行方不明になった姉を探すため、姉が働いていた後宮に入った鈴花。
しかし姉を見つけるどころか失敗ばかりで、同僚達から役立たず呼ばわりされる日々。
そして同じ頃後宮では、官女が次々ころされるという事件が起きていました。
事件を解決すべく、美貌の宦官・珖璉が捜査をしますが、手がかり無し。しかしそんな中、偶然鈴花と珖璉が出会ったことで、物語は動き出します。

本作の推しポイントは、なんと言っても主人公の鈴花。
ドジで方向音痴。親にさえダメな子だ役立たずだと罵られてきた鈴花ですけど、唯一優しかった姉を探すために、後宮までやって来るとは、なんて健気な。
何事にも必死な頑張り屋で、ふとした事から手伝うことになった官女殺しの下手人探しにだって、手は抜きません。
気がつけば鈴花のことを、親のような気持ちで見守っている自分がいました。

そしてこの作者様の得居技。とろけるような甘ーい恋も健在です。
ドジっ娘官女と美貌の宦官は、はたして姉と事件の犯人を、捕まえることができるのか?
事件と恋模様の、両方をお楽しみください。

その他のおすすめレビュー

無月弟(無月蒼)さんの他のおすすめレビュー3,436