さびしい信長

作者 海石榴

52

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

常に冷酷無比で、人にどう思われようが己の志を完遂すべく合理的に判断し、徹底して行動する――。

そんな人間として多くのドラマや小説に取り上げられてきた織田信長ですが、こちらの作品によって、母親の愛情を渇望する様や、彼が抱える不安や葛藤、死生観などに触れることが出来、「そうだ。彼もまた血の通った一人の人間だったんだよな」と改めて考えさせられます。

数々の破天荒エピソードの裏に隠された、一人の男の「孤独」に迫る本作。
読後、貴方の「織田信長」に対するイメージも一変するかもれしれません。
歴史に興味のある方も、そうでない方もぜひご一読を。

★★★ Excellent!!!

 信長を語る(騙る?)数多の歴史・時代小説には、大概、話のサワリとなる「お約束」、というものが有るものですが、今作では、その辺りはテキトーに済ませ、信長が内包する”絶対的孤独”を軸に話が展開されています。(母の愛情を享受したことがないこと自体は、大した問題ではないと考えています。)
 信長を語る(騙る?)上で、いったい、サワリの部分をテキトーに済ませ、通底する孤独のみに頼んでハナシを展開・牽引するといったことがあるでしょうか。読者の立場としても、なにか、迫真の読ませどころ、そういう意図なくして書き続ける――そういうことが有り得ようとは想像していませんでした。
 ところがここに、およそ迫真の読ませどころが有って始めて成立つハズの”信長もの”の中に、全然迫真のない作品が存在する。信長の絶対的孤独を「これでもか!」とばかりに叩き付けて、しぶとくその生命を持ち、多くの読者を惹きつけてしまう。これは厳たる事実で、それがこの「さびしい信長」であります。
 いきなり突き放されて、何か約束が違ったような感じで戸惑いながら、思わず目を打たれ、プツンとちょん切られた空しい”余白”に、非常に静かな、しかも透明な、ひとつの切ない「ふるさと」が見られることでしょう。
 その余白の内外に繰り広げられ目に沁みるのは、やはり”信長ものらしい”、残酷でいやらしい風景です。それでも確かに、何か、氷を抱きしめたかの、切ない悲しさ、美しさがあります。
 そこで私はこう思わずにはいられぬのです。つまり、一見やりきれなくて切ないだけの話とか、突き放されるだけの話というものは成り立たないようであるけれども、どうしてもそのようでなければならぬ、”絶対的孤独”という、避けては通れない崖が存在する、と。
 ならば、”信長の絶対的孤独”というものは、”信長のみに課された”むごたらしく救いのないものなのでしょうか。どうも私には… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

世に、信長を描いた作品は多くある。そして、作品ごとに、作者の視点は異なっている。
この作品の場合は、信長の孤独に視点が置かれている。それ故に、彼の悲しみや孤独をこそ、凡夫の我々は理解できる。
乱世の覇者とてアンドロイドじゃねえ!
人なのだ!
そんなメッセージを感じさせてくれる、小細工無しの時代小説!
個人的には縦読みを推奨したい。

★★★ Excellent!!!

信長が人知れずに持っている、寂しさを基盤として、書かれております。大うつけと馬鹿にされ、なかなか認めて貰えない寂しさ、そして、母親に愛されなかった寂しさ。下克上の戦国時代の武将とは言え、一人の人間です。母親に愛されなかった自分を、天才肌だったとは思いますが、肯定する事が出来無かったのでは無いか。弟を暗殺する事で、母親とも精神的に決別をし、何か吹っ切れた物があったような気がします。その後、後々に冷血と言われるような、大虐殺にうでを染めてしまうのも、タガが外れてしまったような気がします。今後も期待しております