命の値段『ソウル・カード』

作者 甲斐央一

テーマ性が深いヒューマンドラマ!

  • ★★★ Excellent!!!

タイトルが示す通り、命の価値を問うヒューマンドラマです。

命を投げ出そうとする者に翼を纏った神、ゼルが現れて人生をやり直すことが出来るアイテム『ソウル・カード』を渡します。それは寿命を失う代わりにお金を引き出すことが出来る代物でした。渡された者は果たしてどういった使い方をするのか。そしてゼルはそれを傍観し、何を思うのか…。

深いテーマ性で命の価値、生きる意味を問います。話を惹きつける仕掛けや、わかりやすい設定はフックが効いていて、ついつい物語に引き込まれてしまいます。

キャラクターの掘り下げも深く、息づいている感じが十分に伝わります。内面の心理描写も丁寧でキャラクターに感情を傾けることでしょう。

人生について考えさせる現代ファンタジードラマ。巧みなストーリーテリングに、刮目してください!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

路頭に迷い、自ら命を絶とうとする人間の前に神が現れる。
寿命を現金に換えられるカードを神から与えられた彼らは、人生をやり直せるのか?

お金によって人生を狂わされた人々の物語です。
キャバ嬢に貢いで… 続きを読む

松田ユウさんの他のおすすめレビュー 105