あんなペンネームを付けてしまったのに、

作者 凛々サイ

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 1章 7.私は車内で、暴露する。へのコメント

    爆笑ですwww
    初っ端からもう素を晒す方で来ちゃいましたかw
    立石くんがどうなるのか楽しみです。

    作者からの返信

    スキマさん、読んでいただき嬉しいですーー😆😆ありがとうございます✨
    まこちゃんは潔すぎるので、ガンガン行くのですが立石くんはどんどん青ざめていきますね(笑)この関係性が好きなんですよね🎵
    そんな二人の凸凹具合、またお時間ある際にぜひっ😆

    2021年9月21日 14:17

  • 1章 2.僕はコミュ障で、腐女子のJK。へのコメント

    すごく共感します!
    私もカクヨムで書いている事はおろか、創作をしている事についても、職場の人にも家族にも話してません。秘密を持つのって楽しいですよね。
    カクヨムでも、ずっと女性だと思ってた作家さんが実は男性だった事があります。
    サイト上では、リアル社会の属性は関係なく交流出来るから楽しいですね。

    作者からの返信

    rainyさま、お読みいただきありがとうございます^^
    共感していただき、嬉しいです。
    そうなのですね!私も同じような環境で過ごしています。表出していない自分の顔、みたいなものがあると普段出来ないようなことも出来ちゃいますし、普段会えないような方とも出会えるので、またすごく楽しいですよね。
    男女の思い違いは私も何度もあり、ネット社会ならではの経験を生かしながら書いた作品でもあります。
    コメントまでしていただき、ありがとうございます!!

    2021年9月18日 14:40

  • エピローグへのコメント

    はじめまして。
    読むのが早いので普段は控えているのですが、一気読み不可避でした(通知をお騒がせしてすみません)

    もう、はちゃめちゃにおもしろかったです。
    キャラクターがまずおもしろいし(まこちゃん最高&最上ですが、水戸さんもすごく好きです)、二転三転では止まらない急展開、各話の引きも文字数も最高で喉越し最高の文章で、なにより設定の無駄のなさに感激しました。健吾さんの刑事設定がまさか生きるとは……!

    もう少しクールダウンしたら、レビューを書きにまた伺います。
    本当におもしろかったです。

    作者からの返信

    J@オルカ船上特別市さま、初めまして!!
    うおおおお、ほんとですか……( ;∀;)本気で泣きそうです。一気読みだけでも飛び上がりそうなのに、こんな嬉しすぎるコメントまでいただけるとは、もう一生の思い出にするレベルです……。スクショしました……。
    本当に貴重なお時間に読んでいただき、ありがとうございます……。
    レビューまでいただけるのですか……。生きててよかったです……。ほんとに( ;∀;)
    まこちゃんや水戸さんも好きと言って下さり、めちゃくちゃ嬉しいです(*^^*)
    私も本当にみんな大好きで、そう言って頂き、唸って生み出したして本当に良かったです……( ;∀;)
    私の方がクールダウンしなくては……
    自分の中ではもうちょっと肉付けしても良かったかな、とか細かな設定も描写も必要だったなと色々反省はしているのですが、オルカ様にそう言っていただき、とても励みになります。もっとガンバロウと思えました( ;∀;)
    本当に貴重なお言葉までありがとうございます( ;∀;)大感謝です!!

    2021年9月12日 17:37

  • 1章 5.私は虹の橋で、絶叫する。へのコメント

    見ちゃった……見てしまったw

    サイン会は妹ちゃんに行かせたのですね、お兄さん。
    なのに突然のこの出会いはやばいですw 二人がこの後どうなるのか楽しみすぎます。
    黙ってて、とでも言うのでしょうか?ニヤニヤ

    作者からの返信

    スキマさん、いつもお読みいただきありがとうございます~😆😆
    見ちゃいましたか~😏😏
    そうなんです、立石くんはシャイボーイすぎて妹に行かせるという……
    ちょっと頼りないけど、可愛いやつなんです(笑)
    しかーし、ここで運命の出会い!?を果たすという😂
    この出会いをきっかけに物語が更にヒートアップ😂していきますので、またお時間ある際にぜひ~😁

    2021年8月25日 21:53

  • 1章 3.私は初めてで、突っ込む。へのコメント

    いとおかし、ってww
    お互い偽っている上に実はクラスメイトなんですね!

    モデルにされたマネージャーとのやり取りも楽しい。
    ゆっくりですがこちらも読んで行きますー!!

    作者からの返信

    うわー早速ありがとうございます😭😭
    そうなんです、お互い偽ってるんですよね(笑)それもおかしな感じで偽ってて😂

    立石くん、慣れないことに緊張しすぎてなんかちょっと頭がおかしくなってたんでしょうねw

    水戸さんも結構重要キャラとして出てきますのでお楽しみに……😏
    いやほんといつになってもいいですので‼️
    ほんといつもありがとうございます✨

    2021年8月23日 22:59

  • エピローグへのコメント

    うわー!
    終わっちゃった!
    すごくよかったです!
    よすぎて、コメントが浮かばない……。

    二人が結ばれてよかった。
    最後には秘密を打ち明けるっていうのがいいですね。

    まこちゃんが最後、女の子らしくてよかった。
    立石君は、変わってないけどね。
    なんか、よかった。

    だめだな、よかったしか出てこない。
    詳しくはレビューで!

    作者からの返信

    砂漠っちーー!!嬉しいコメントにあのようなレビューまで……( ;∀;)
    泣くで……
    ほんとにありがとうございます( ;∀;)

    しかし、このコメントがなんか面白すぎて笑っちゃう(笑)
    正直なコメント、すごく嬉しいです(*´▽`*)
    よかった、最高な誉め言葉や!!
    コメントが浮かばないほどよかったって、どんだけよかったんや……( ;∀;)
    この日が来てくれてよかった……

    まこちゃん、最後の最後で女の子らしいとこ少し見せたなと(^-^;
    もしかするとこのことをきっかけに何か彼女の中でも変わってくるかもしれないですね!

    そして立石君は相変わらず~ですが、「なんかよかった」っていう砂漠っちのことばがすごくしっくりきて、安心しています(*´▽`*)
    彼の情けないところは、きっといい面も持ち合わせていると思うので、(たぶんw)彼らしく彼なりに今後もまこちゃんと幸せになってくれたらいいな、と願っています。
    ほんとに素敵なうれしすぎるレビューまでありがとう( ;∀;)
    いざ、砂漠っちの胸に飛び込もう!!
    どーーーーんっと!!

    本当に毎回リアルで読んでいただき、本当にありがとうございます……( ;∀;)

    2021年7月6日 12:18

  • エピローグへのコメント

    凛々さん、完結お疲れ様です。゚(゚´Д`゚)゚。

    私は、日々読むのを我慢しておりました( ゚д゚)

    そうじゃないと怒りで発狂しそうになるからです(°▽°)

    ですが、立花君も成長が見られ……ウンウンといった感じかと(°▽°)

    きっとマコちゃんに尻に敷かれて生きていくのでしょうね(((o(*゚▽゚*)o)))

    でも、それも幸せに違いありません(*≧∀≦*)

    なんせ、大好きな子と生きていけるのだから……。

    また、新作を楽しみにしてますね(`・∀・´)

    作者からの返信

    おとらさーーん!!たっくさん読んでいただき、コメントもいっぱいいただき、本当に本当にありがとうございます~( ;∀;)
    へっぽこくんがへっぽこすぎて、色々とご迷惑をおかけしてすみません(^-^;
    最後は彼なりにどーにか成長してくれたみたいで私も安心しております。
    まさしく尻に敷かれるタイプで、まこちゃんとこれからも色々あるかと思いますが、笑い合いながら楽しくクリエイターとしてもカップルとしても生きていくのでは、と思っています。
    貴重なお時間にラストまで読んでいただき、本当にありがとうございます!!
    感謝感激です( ;∀;)
    新作、いつになるのか謎すぎますが、また読んでいただけると嬉しいです(*´▽`*)
    いつもありがとうございます……!!

    2021年7月6日 12:07

  • 最終章 9.僕はリアルで、彼女に告げる。へのコメント

    「よく言ったっ! 立花! 女の子に恥をかかせちゃダメだからなっ!」

    「わぁ……!マコちゃん可愛いっ!」

    はぁ……終わってしまう( ゚д゚)

    作者からの返信

    やったーー!冬馬君に褒められたぞ!!やったーー!!
    そうなんです、ここで、ついにやっと本人を目の前にして告げる、という。

    この言葉を彼女の前で言わせたい、このへっぽこ君に……!!
    と願いを込めながら執筆した物語だったので、ここまで彼が変わりつつ、来れて本当に良かったなとしみじみしております。といってもまだまだな男の子ですがw
    冬馬君の部下にしたいわ( ̄▽ ̄)

    2021年7月6日 11:59

  • 最終章 8.私は心機一転で、新しい道に。へのコメント

    「懐かしいなぁ〜私も、こんなだったなぁ。鏡の前で確認したり……」

    「ほう? そうなのか?」

    「あれ!? なんで聞いてるの!?」

    「いや、無理じゃね!?」

    いやはや、ニヤニヤしてしまいますな(´∀`*)

    作者からの返信

    ほんと綾ちゃんもそうでしたよね~
    このラブコメ物語でなぜかあまりないというニヤニヤ回です(笑)
    最後にやっとこんな真っ赤なまこちゃんが見れてよかったなと。
    意識しちゃうとどんな男勝りな女子でも、みんな女の子はこうなってしまうのかもですね(*´▽`*)

    2021年7月6日 11:54

  • 最終章 7.僕は最後に言えずで、決死の…へのコメント

    「へっ……立花、カッコいいじゃねえか。パンツ一丁だが」

    「マコちゃんもカッコいいねっ!」

    ウンウン、良いですな(´∀`*)

    パンツ一丁、パンツ一丁、パンツ一丁……あっ、クセになる( ゚д゚)

    作者からの返信

    パンツ一丁だが!!
    ほんとそれですよね(笑)
    男を魅せたけど、やはりそこは彼のままでした( ̄▽ ̄)
    そんな彼が愛しき(笑)

    おとらさん、完全に歌ってますよねw

    2021年7月6日 11:51

  • 最終章 5.僕は全速力で、もう後悔はし…へのコメント

    「まあ、良いだろう。最低限の男は見せたしな。それに女性だからと言って、守られなくちゃいけないっていうのは男の独りよがりだ」

    「そうだよねっ! 私だって冬馬君を守りたいもんっ!」

    ページをめくる手が止まらないっ!( ゚д゚)

    作者からの返信

    わーー冬馬君のその言葉嬉しい!!
    男の中の男の冬馬君がそう思ってくれるなら、まこちゃんも立石くんも救われます(笑)
    そうなんです、女だって男性を守りたいんですよ!!
    綾ちゃんの言う通り!
    その辺の価値観をうまく話しに入れたいと思っていたら、このような感じに仕上がってしまいました(笑)

    2021年7月6日 11:48

  • 最終章 4.私は新宿駅で、アイツを追う。へのコメント

    「うぉぉぉ!! 俺が加勢したい!」

    「と、冬馬君! 今はダメだよっ!」

    おお、盛り上がってきましたねっ!(´∀`*)

    作者からの返信

    冬馬君!!!君がいてくれたら、一発KOで物語は即終了しそうです!!(笑)
    綾ちゃん、しっかり止めてあげてっ!!

    ここから急展開となっていきます……( ̄▽ ̄)

    2021年7月6日 11:45

  • 最終章 2.私は波乱の中で、明日を見る。へのコメント

    「ほう? 優しく強い女の子だな」

    「冬馬君……?」

    「い、いやっ! そういうアレじゃないからっ!」

    なんか、楽しくなってきましたねっ!(´∀`*)

    こっからどうなるんだろ……ドキドキ( ゚д゚)

    作者からの返信

    冬馬君がまこちゃんを褒めてくれたーー!!
    嬉しい(*´▽`*)
    綾ちゃんには申し訳ないけど(笑)
    ここからめちゃくちゃ駆け抜けていきますよ!!
    ドキドキしてもらえてうれしいです(*´▽`*)

    2021年7月6日 11:43

  • 最終章 1.僕は後悔の中で、明日を見る。へのコメント

    「よしっ! いけっ! 立花! 惚れた女なら——自分の手で守ってみせろや!」

    「お、落ち着いて! 冬馬君っ!」

    おっと、ついには綾ちゃんまで……私の気持ちを代弁してくれてますな(´∀`*)

    作者からの返信

    冬馬君が読みに来てる!!完全に……!!綾ちゃんまで来てるしw
    なんか冬馬くんが別世界から見てるみたいで面白いですね(笑)

    2021年7月6日 11:37

  • 3章 7.僕はその真実で、激しく悔やむ。へのコメント

    「あぁ!? 事情も知りもしねえ奴が勝手言うんじゃねえ!」

    おっと、怒りのあまりに冬馬君が……( ゚д゚)


    作者からの返信

    おとらさーん!!たくさん読んでいただきありがとうございます~( ;∀;)
    冬馬くん、キターーー(笑)
    ここで冬馬くんがいたら一気に解決しそうですね( ̄▽ ̄)

    2021年7月6日 11:34

  • エピローグへのコメント

     完結おめでとうございます!&お疲れ様でしたー。

     この後の二人はどうなるのかは想像にお任せします、という感じでしょうか。
     クリエイターとしても、高校生カップルとしてもうまくいくのかな。もう二人は相思相愛なのでは?という感じを知られてしまっているから、アイドルはちょっと難しいけど、まこちゃんならタレントとしての方が活躍できそうだし。

     クリンクのアカウントはどうなったのだろう、銀氏物語は今後どうなるんだろう、色々と想像の余地がありますね。

     素敵なお話をありがとうございました。

    作者からの返信

    MACKさん……( ;∀;)
    ラストまで毎日お付き合いいただき、ほんとにほんとにありがとうございます……これしかもう言えてないけど、ほんとにありがとうございます……

    そうですね、まさしく。
    色々二人の間と周囲でありましたが、お互いの事、自分の事でたくさん悩みながら、最終的に惹かれ合いながら正直になって分かち合える、そして立石くんの成長と気持ちの変化というのを描きたかったというのがあり、ここで終わりとなりました。
    今後恐らくまだまだ二人の間では色々とあるかと思いますが、クリエイターとしても、カップルとしても、また二人でマッチングを組んで別のペンネームで始めているのでは、と思います(笑)
    きっと今後はあんなメールがきても、すんごい慎重になると思いますw

    ほんとに今までたくさんの幸せな言葉をプレゼントしてくださり、ありがとうございます( ;∀;)
    MACKさんのおかげで毎日がとても楽しくウキウキしておりました。
    大感謝です。
    こちらこそ、本当にありがとうございます(*´▽`*)

    2021年7月6日 11:31

  • 最終章 9.僕はリアルで、彼女に告げる。へのコメント

     水戸さんがさり気無さ過ぎて。もう舞台は整った!と言う感じなのに、ああんなんだかへっぽこーーー。でもここで立石がシャキシャキしたら、そのシャキシャキをもっとはやく出しとけよ!ってなったから、変わらぬままの君だなという感じも、あるにはある!

     告白もぜんぶ、まこちゃんが主導権握ってますね。
     とりあえず爆発したらいいと思います。

    作者からの返信

    うおおおおMACKさーーーん!!
    こちらにまでコメントを残していただき、ほんとにほんとにありがとうございます( ;∀;)
    水戸さん、かっこいいのです!!
    しかし、立石君が、はい、へっぽこです(笑)
    MACKさんのこのコメント何度読んでも笑ってしまいますw
    すんごいまさしく!!な突っ込み最高です(笑)
    私的にですね、立石君にはここで、ほんとはもっと男を魅せたかったとこでもあったのですが、ああ、なんかもう彼は彼だな、とふと思ってしまったというか……(諦め……いやいや違うぞ立石)

    そうなんです、結局はここの主導権はまこちゃんなんですよね(笑)相変わらず、というかw
    ですが、立石くんにどうしてもどうしても最後だけでもあの言葉を直接言ってほしい!!と願いを込めて、彼に必死に奮闘してもらった感じです。
    へっぽこ彼の物語として、彼なりに成長を遂げてくれたらいいなと。
    MACKさん、ここまでお付き合いいただき、本当にありがとうございます( ;∀;)

    2021年7月6日 11:08

  • エピローグへのコメント

    参戦が遅れましたが、読了、レビュー共に最終日中に行うことが出来ました。
    特に二人の主人公が節毎に交互の視点で展開していく形式は、今度やろうと思っていたので実例を見れて良かったです。
    終始、まこのペースで展開されていた感じですが、最後はちゃんと隆斗も男を魅せられたときは嬉しくもなりました。

    あと、途中で誤字らしきものがありましたのでまとめて報告します。
    最終5「僕でしかないないって」
    最終8「変えたからもしれない」
    最終9「甘過ぎる密の中」(蜜?)

    お疲れさまでした。そして、良い作品をありがとうございました。

    作者からの返信

    アクリル板Wさままま~~( ;∀;)( ;∀;)
    もうなんといっていいやら……すっごくたくさん読んでいただき、本当にありがとうございます……素晴らしきレビューまで……

    そう言っていただき嬉しいです。この交互に進む話はストーリー展開しやすそうだなと思ってふいに始めたのですが、意外とご好評いただきとても嬉しかったです(*^^*)
    ほんとそうですね、まこちゃんのパワーが凄すぎて、その分立石くんの頼りなさが際立っていましたね、確実に(笑)
    ですが最後は男を魅せられて私もめちゃくちゃほっとしております(*´▽`*)
    これからも立石君にはまこちゃんの男らしさwを目標に成長してほしいな、とすごく思っております(*^^*)

    最後まで誤字、本当にありがとうございます!!
    蜜が密になってる……!!
    時代のせいです、たぶん(笑)
    早速全て訂正しました。ほんとにほんとにたくさん読んでいただき、嬉しすぎるレビューまでありがとうございます……!!
    アクリル板Wさんに良い作品と言われるとマジで恐縮してしまいます(笑)
    またそちらにもお邪魔しますね♪

    2021年7月6日 10:52

  • 最終章 4.私は新宿駅で、アイツを追う。へのコメント

    ようやく隆斗が男を見せ…そう?
    途中で「操作」と2回ありましたが、内容的に「捜査」ですかね。

    作者からの返信

    アクリル板Wさん!!こちらにもありがとうございます( ;∀;)
    そしてめちゃくちゃ大事な漢字間違ってるΣ(゚Д゚)
    私、しんじらんない……
    本当に教えていただきありがとうございます……
    早速訂正しました(笑)
    隆斗くん、ついに……( ̄▽ ̄)が、相変わらず(笑)

    2021年7月6日 10:29

  • 3章 8.私はネット記事で、人生を悟る。へのコメント

    うーん、ここまでやられてしまうときついですね。反論をするとしても、ちょっと隆斗の不甲斐なさが目立ちますね。
    最終章、スカッとする展開を楽しみにしています。

    あと、途中で誤字らしきものがありましたのでまとめて報告します。
    3-4「太ってはいないないが」「清らかなら神」
    3-5「売って代わり」(打って変わり?)
    3-6「気付かい」(気遣い?)

    作者からの返信

    アクリル板Wさーーーん(*´▽`*)
    こちらにも本当にありがとうございます~(*^^*)
    誤字までたくさんご報告ありがとうございます!!
    早速全て訂正しました!ほんとになんでこんなひどい誤字してるんだろ……(笑)
    立石君、そうなんですよ~頼りなさすぎですよね(^-^;
    彼、皆さんにもそう見えるみたいでして、私全く気が付いてなかったんです(笑)
    なので、ちょっと後半は頑張ってもらいました( ̄▽ ̄)
    彼なりに、ですが(笑)
    スカッとしてもらえてたら嬉しいです(*´▽`*)
    ほんとにご丁寧にいつもコメントまでありがとうございます( ;∀;)

    2021年7月6日 10:23

  • エピローグへのコメント

    キャー(*´艸`)
    良きー!

    清々しい後味!
    青春!

    の中に時々ぶち込まれるゲイのおっさんという名前。
    笑いと感動とラブが混ざり合ってすごく面白かったです!

    一個前のエピソードの、照れるまこちゃんも可愛かったし、最後のまこちゃんも可愛い。
    可愛いは正義!

    立石くん、長年推してきたエンジェルと共に生きていけることになって良かったね。゚(゚´ω`゚)゚。

    素敵なお話どうもありがとうございました!
    お疲れ様でした!


    あ!
    BL楽しみにしてます!

    作者からの返信

    天さぁぁん!!最後まで読んでいただき本当にありがとうございます~( ;∀;)
    たくさん読み進めていただき、めちゃくちゃ嬉しかったです( ;∀;)
    「笑いと感動とラブ」!!最高な誉め言葉です!!!
    たくさん笑っていただき、本当にありがとうございます(*^^*)

    ここにきていつもと違うまこちゃんが出現でしてw、私もすごく楽しかったです(*^^*)
    立石君は、ほんと色々とどうにか壁を乗り越えながら、よくやったな!と褒めてあげたいです(笑)
    水戸さんと健吾っちのお話は、大恋愛としてほんと書けそうな気がしてますw
    新たな挑戦として長編で書いてみるのもいいのかも……!?
    よいリクエストをありがとうございます(*´▽`*)
    ちょっと真面目に考えてみようかな(笑)

    天さん、ほんとにたくさん楽しんでいただき、本当にありがとうございます~(*´▽`*)
    とても励みになります!!大感謝です♪

    2021年7月6日 10:13

  • エピローグへのコメント

    完結おめでとうございます(*’ω’ノノ゙☆パチパチ
    こちらはあれですね?プロローグとの対比になってるってことですかね?(読み返してきた)

    いやー終わってしまった…めっちゃ面白かったです!
    最初は、この二人ってラブに発展するのかなと思っていたのですが、様々な関わりを経て、少しずつ距離が縮まっていったのが良かったです✨
    偽りの姿で塗り固められたまこちゃんが本当の自分を出せるのは、リアルでもネットでも立石くんの前だけ。
    立石くんは弱々くんに見えましたが、ここぞというところで男を見せてくれてカッコ良かったですね(*´∀`)♪
    私はじっくりと関係を書いていくお話が好きなのですが、二人の距離が近づく過程がとても丁寧ですごく好きなお話でした!

    素敵な物語をありがとうございます!
    お疲れ様でした!( 〃▽〃)

    作者からの返信

    花さん……!!最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます( ;∀;)
    素敵なレビュー、コメントまでたっくさん、たっくさん!ほんとに感激です……

    そうなんです、プロローグとエピローグは立石くんが感じる彼女の『同じ笑顔』に対する心境の対比となってまして、このような形となりました!あと『銀氏物語』のオマージュです(笑)
    気付いて下さり嬉しいです( ;∀;)
    ありがとうございます……!!

    あのような大恋愛物語を描かれる花さんにそう言っていただき、嬉しすぎます……!!
    ほんとあの二人がここまでやってきたことが不思議なくらいです(笑)
    偶然という運命から始まった二人ですが、誰しも人間関係ってそうだなと。この二人の偶然は衝撃的過ぎましたがw、その出会いから酷いことも経験しながらお互いに人間的にも成長し、最後こうやってなれたのかなーと。
    まこちゃんは本来の自分を素直に出せる彼にとても幸せを感じているかと思います(*^^*)
    立石君は、これからも彼女のパワーに振り回されそうですがw、色々経験しながらきっともっとしっかりとした大人へ成長していくと思います(笑)

    これでこのお話はおしまいです。
    花さん、ほんとにほんとに、嬉しい言葉をたくさんプレゼントしてくれて、長い間お付き合いいただき、とってもとってもありがとうございます……!!!!

    2021年7月6日 09:36

  • 2章 14.私は脳内で、スーパーパニッ…へのコメント

    最終日に花を添えるべく読み進めております。
    ここでまさかのクロス、それも一応は初対面の二人となりそうなのは絶妙ですね。
    あと、途中で誤字らしきものがありましたので報告します。
    2-11「よそ風になびかせ」(そよ風?)

    作者からの返信

    アクリル板Wさーーん( ;∀;)
    めちゃくちゃたっくさん読んでいただき、そして嬉しすぎるレビューまで本当にありがとうございます( ;∀;)
    もうおかげさまでたくさんの方に訪問していただいております……
    ほんとにほんとにありがとうございます( ;∀;)

    そうなのです!
    一応初対面という( ̄▽ ̄)
    ここを書くときはとても楽しかったです(笑)(この後散々なことになりますが……)
    誤字まで本当に助かります!!早速訂正しました。
    いつも隅から隅までじっくり読んでいただきほんとにありがとうございます( ;∀;)

    2021年7月6日 08:55

  • 最終章 9.僕はリアルで、彼女に告げる。へのコメント

    きゃーーーーーーー!!!めっちゃ良かった!!!!( 〃▽〃)❤️❤️
    最初このお話を読んだ時、爆笑しすぎて本当にこの二人って恋愛関係になるのかな?と思っていたのですが、このまこちゃんはギャップがすごくてこっちまでドキドキしてしまいました…!!✨✨
    もうちょい色々と書きたいですが、とりあえずエピローグを読みたいので先に読んできますね!!

    作者からの返信

    花さぁぁん!!最後まで読んでいただきありがとうございます~( ;∀;)
    凄すぎるあのようなレビューまで……!!ほんとになんとお礼を言ったらいいのか……
    ほんとにたくさんお時間を使っていただきありがとうございます( ;∀;)
    最後は本当の気持ちに気付いていしまったまこちゃんのちょっと違う一面と、立石君のまこちゃんを目の前にした最後の頑張りで、このような形となって終わりました。
    全体的に見ると、立石君の成長物語だったかなと思っています。
    恥ずかしがりやの彼が最初に思い描いていた『最上まこ』というイメージから、色々乗り越えながら最後の『最上まこ』へ、彼がネットではなく、リアルで自分の思いをぶちまける!!という。
    彼なりに頑張ったでしょう(笑)
    本当にいつも素敵なコメントまでたっくさんありがとうございます( ;∀;)

    2021年7月6日 08:29

  • 最終章 8.私は心機一転で、新しい道に。へのコメント

    うおーーー!ここにきてしっかりラブコメしてますね!!イケメンまこちゃんが真っ赤になってると読者の私も、なんかドキドキしてきましたよ…!( 〃▽〃)❤️❤️

    そっかぁ立石くん人気出ちゃったのかぁ。でも、彼が選ぶ相手はもう決まってますよね?(*´∀`)♪
    まこちゃんも、今まで築き上げてきたものが崩れた時は苦しかったと思いますが、逆に雨降って地固まることになりそうで、エピローグでどういう着地点におさまるか、今夜を楽しみにお待ちしております(о´∀`о)✨✨

    作者からの返信

    うわああ花さん( ;∀;)読んでいただきありがとうございます( ;∀;)

    ラブコメ出来てますか~!?
    この作品、ラブコメ書くぞ!!!と意気込んで書いたわけではなかったので、(前作と全然違う雰囲気で書いてみたいというのが一番強く)そう言っていただけるとすごく安心します(*´▽`*)

    まこちゃんが今まで真っ赤になることなかったですもんね(笑)
    立石君はほぼずっと真っ赤でしたがw

    立石君は望まずにこのような事態になってしまったので、恐らくかなり予想外だったと思います(笑)
    もちろんまこちゃんもそうですが、彼がこのように注目を浴びすぎてお声がたっくさんかかってしまっている事態に嬉しさもありつつ、だけどちょっと何か引っかかる自分の心の内に気が付いてしまったようです(*´▽`*)水戸さんのおかげでw
    まこちゃん、本当に色々仕事でもプライベートでも色々ありすぎましたが、ほんとそうですね、結果的に『良かったね』と笑い合える日が来るのかなと。……あの人と( ̄▽ ̄)
    そうであってほしいと私は心から思います……!!

    最新まで追い付いていただき、本当にありがとうございます( ;∀;)
    最後、いつでも大丈夫ですので、またよろしくお願いしまっす(*^^*)

    2021年7月5日 17:48

  • 最終章 8.私は心機一転で、新しい道に。へのコメント

    どぅばぁぁぁぁっ!!!!
    怒涛の展開!!!!
    立石、ライブ配信とはやるな!
    悪い奴も捕まったし、めちゃくちゃスッキリしましたよ!!!!

    水戸さんは腐女子のJKの正体を分かってたんですね。
    うむうむ。
    あの妹ちゃんの言葉がここで生きてきた!

    そしてついに…
    まこちゃんと立石が…⁉︎

    はわわわ…
    終わってほしくないなぁ…(´;ω;`)

    作者からの返信

    天さん……最新にまで追い付いていただけるなんて……
    本当に本当にありがとうございます( ;∀;)
    なんと言ったらいいのか……この燃えるハートよ、北国にまで届け……

    立石君、頑張りましたよーーーー( ;∀;)( ;∀;)
    彼なりに(笑)
    彼はここに来るまでかなり散々で、後悔しまくって、凹みまくって、見せ場がほぼなかったですからね……
    その事実に私が全然気が付いていなかったのですが、最近気が付くと言う(笑)
    ですが、最後はこうやってどうにかハッピーエンドを迎えられることになり、見せ場もありw、私もほっとしています……

    水戸さん、そうなんですよ~
    まこちゃんに自分が言っちゃうと立石君はこのまま大人になれない、と思ったのかもしれませんw
    立石君に対しての激励と、水戸さんなりの優しさ、あと腹黒さ、です(笑)

    このあと二人は……
    ほんとにほんとにいつもありがとうございます( ;∀;)
    またお時間ある時にラスト、よかったら宜しくお願いしまっす(*´▽`*)

    2021年7月5日 13:11

  • 最終章 5.僕は全速力で、もう後悔はし…へのコメント

    ギャー!
    まこちゃん、かっこいい!
    立石くんも頑張ったね!
    こんなやつら、バチコンぶっ飛ばしてやれぇ!(興奮

    作者からの返信

    天さん( ;∀;)
    たくさんたくさん読んでいただきほんとにありがとうございます( ;∀;)
    まこちゃん、かなりの見せ場です(笑)
    女の子でも男子をこうやって力業で助けるという、どこまでも彼女らしい素晴らしいとこを描いてみたくて(笑)
    一般的にだと立場が逆そうなのですが、こういうのもありかな、と( ̄▽ ̄)
    バチコンいっけぇぇぇ!!!
    と思いながら執筆しました(笑)

    彼女に押されて影がだいぶ薄いですが、立石くんも彼なりに頑張っていると思うのでw、そう天さんに言って頂けて立石君はきっと泣いていると思います( ̄▽ ̄)

    2021年7月5日 13:01

  • 2章 7.僕はコンビニで、イケメンに叫…へのコメント

    自作が一段落したのでまた読みに参りました。
    こういうラブコメも良いですね。現代ものだとVtuberが流行の兆しがありますが、カクヨム風サイトというのも面白いですね。

    あと、途中で誤字らしきものがありましたのでまとめて報告します。
    2-1「考えれば考えれるほど」
    2-5「覆いにある」(大い?)

    作者からの返信

    アクリル板Wさん~~( ;∀;)
    お忙しい中ほんとにいつもありがとうございます~( ;∀;)
    誤字まで!!いつも正解も書いて下さり、本気で助かってます……
    ほんとに隅々まで丁寧にお読みいただいて、めちゃくちゃ嬉しいです。(作者本人が気が付かないという)

    ラブコメ初挑戦で、ドキドキですが、そう言って頂けると嬉しいです。
    自分の経験をほぼ書いたみたいなものですが、この現代社会でこんなことが起こっても不思議な話ではないなーと。(かなりまれだとは思いますが(^-^;)
    たくさん読んでいただき、ありがとうございます!!

    こちらは今日で完結でして、またアクリル板さんのWeatherを読みに行きますね!!4章楽しみです♪
    いつもありがとうございます(*^^*)

    2021年7月5日 09:31

  • 最終章 8.私は心機一転で、新しい道に。へのコメント

     もう天使のような、というわけにはいかないかもですが、まこちゃんはビジュアルだけじゃなく、中身がイケメンだから、きっと正直に生きた方が息の長いアイドル、タレント、といった感じで、芸能界で長くやっていけそうな気がする。

     立石君の方の盛り上がり、想像以上でびっくり。でも彼が広く知られたのはまこちゃん的には嬉しいのかな?
     でも、ね。

     水戸さんはよくわかってるなあといった感じ!

     さあ、彼の元に行くのですよ!
     次で完結かー…。あっという間だった。さあ二人はどうなるのか正座待機ですよ。

    作者からの返信

    MACKさーーーん( ;∀;)
    いつもいつもほんとのほんとにありがとうございます( ;∀;)

    ですね……もう大天使ミカエルとはいかないかもしれませんが、彼女はたくさん他にもいいところを持っているはずなので、自分の素で勝負するということがもしかするとかなりいい方向へ向かうのでは、と。
    王道アイドルもすごく素敵ですが、もしかすると色んな価値観を見せてくれる、そんなアイドルもすごくいいのかなと(*^^*)

    立石君、かなり有名人になってしまいました(笑)
    元々『腐女子のJK』として注目を浴びてた分、余計に(^-^;
    顔も名前もばれなくてほんとによかった(^-^;
    彼女としては彼がかなり有名になったことで、嬉しいのももちろんありますが、少し複雑かもしれませんね。誰かに取られそうで(笑)

    水戸さんはですね、そこまで大活躍!という人物ではなかったのですが、(ほんとはもっと大活躍させたかった作者)、かなりの陰ながらのキーパーソンとして働いていただきました。
    結局はまこちゃんも水戸さんがいないと上手く立ち回りも出来ないというか(^-^;
    お互い信頼しあうよきパートナーだなと微笑ましく眺めております(笑)

    さてさて、あの二人は……
    ここまでほんとのほんとにリアルで誰よりも濃く長らくお付き合いいただき、MACKさんにはなんと言えば伝えられるのか、この感謝という言葉を色濃く送りたい……!!
    本気の本気でありがとうございます( ;∀;)
    ラスト、宜しくお願いしまーーーーっす!!( ;∀;)




    2021年7月5日 08:38

  • 最終章 8.私は心機一転で、新しい道に。へのコメント

    うわー!
    エモい!
    こういうの!
    いいよね〜!

    なんて言うのかな〜。
    お互い鈍感なところあるよね〜。
    でも、秘密をさらけ出して、それでもまた一緒にいたいと思う。
    は〜、いいカップルだわ〜。

    作者からの返信

    砂漠っち~\(^-^)/\(^-^)/
    いつもありがとう!!!本当に!!!
    エモいもらったーー(///∇///)

    いやーなんか私、鈍感なカップルが大好きだなーと今気が付き(笑)
    可愛いよね、こういうカップルって(///∇///)
    まこちゃん、普段はガンガン正直に嬉しい!!とか言っちゃうのに、いざ自分の違う側面に気が付くとあべこべにになるというか(笑)
    見ていて微笑ましい( ・∀・)

    お互い秘密を全部さらけ出したこの後、二人がネット上ではなく……

    明日でこの物語は完結です。
    ここまでほんとーにほんとーに応援ありがとうございます~(T▽T)(T▽T)
    泣きそうやわw

    2021年7月5日 00:04

  • 最終章 7.僕は最後に言えずで、決死の…へのコメント

    良かった…
    全員最高にいとおかしですね…

    作者からの返信

    めいさーん(T▽T)
    早速ありがとうございます~(T▽T)(T▽T)
    立石くん、ついについに男を見せましたよー!!
    彼なりに(笑)

    いとおかしですかー(*/∀\*)
    ここまで来るのに色々ありましたがw、最後はこうやってみんなで笑い合えてよかったなーとしみじみしております……
    最新にまで追い付いていただき、ほんとにありがとうございます(T▽T)
    あとちょっとありますが、無理ない時にぜひ(///∇///)

    2021年7月4日 21:39

  • 最終章 7.僕は最後に言えずで、決死の…へのコメント

     思いのほかヤバイ組織だった!
     枕営業って、女の子を拉致って売り飛ばす系だったのかしら…男は臓器とか言ってるからきっとそうよね。

     超ピンチの立石君、超パンツの立石君。
     制服持って来てもらったんだから早く着て!(指の隙間から見ながら)

    作者からの返信

    わーーーーいMACKさーーん\(^-^)/

    ついについに!!!彼はパンツ一丁になりましたよーーー!!!!(ナンカチガウ)

    枕営業は日暮里でも言ってた出版関係のヤツで、アワヨクバ……という変態男田中の鬼畜な思考ですね( ・∇・)場合によっては売り飛ばす系もやってたという……

    水戸さん、せっかく律儀に制服持ってきてくれたんだから早く着ればいいのに、彼はそのタイミングを逃してしまい、ほぼ全裸でまこちゃんと抱き付くハメに(笑)
    MACKさんが赤面してるだろ!立石っ!!

    いやーほんとここまでリアルでお付き合いいただき、MACKさんに感謝してもしてもしきれないほどです……
    ほんとにほんとにありがとうございます(T▽T)
    立石くんの頼りなさには色々ご迷惑をおかけしました(笑)
    超ピンチを超パンツでどうにか乗り越えた彼の勇姿をwここまで見守りいただきほんとーーーにありがとうございます(///∇///)
    MACKさんがいてくれて私はほんとに毎日救われてました……(T▽T)
    貴重なお時間をたくさん使ってもらい、ほんとに感謝でっす!!
    この物語は私の身近にMACKさんがいてくれたからこそ出来上がったお話でもあるので、話の構築からマジで感謝しております。
    本当にありがとうございます……!!!!(T▽T)

    2021年7月4日 09:54

  • 最終章 7.僕は最後に言えずで、決死の…へのコメント

    すっごく良いお話なのに砂漠ちゃんのパンツ一丁コメでやられましたww

    走りながらグールルを起動させて、でもそのスマホも壊されちゃって「えっグールル役に立たなかったじゃん」と思いきやライブ配信とは!!ヒューーーかっけぇ!!!👍️👍️✨✨✨

    健吾っちが警察だという伏線がここで大活躍するんですね!ほんとこの物語は構成がきっちり練られていて完成度が高いですわぁ…
    そして立石くんカッコいい!頑張ったね!と思った直後、まこちゃんの男前発言にかっこよさを全部持っていかれましたね(笑)
    でも、そんな男前まこちゃんを二重の意味で支えていたのはやっぱり立石くん!まこちゃんに相応しいのは君しかいないよ、うん。いと尊し

    残り数話も楽しみにしてます❤️

    作者からの返信

    花さぁぁん(*/∀\*)
    最新まで追い付いて頂いて上に嬉しいコメントまでありがとうございます~(///∇///)
    砂漠ちゃんはどうやらパンツが大好きなようですw

    うわーまっじすか!
    クリンクのライブ配信機能のことは1話でちらっとまこちゃんが触れてるだけで、もうちょっと出すべきだったかなーとは思っていましたが、そう言っていただき嬉しいです(///∇///)

    健吾っちは、あまり出番がなかったので、ここでこんなにめっちゃ出てきてどうかなーみんな覚えてるかなーと思ってたので、花さんに覚えてもらっててすごく嬉しいです(^-^)

    立石くん、ほんと今まで情けないとこ散々でしたが、ここでようやく!パンツ一丁だけど(笑)
    ですが、田中が隙を見せたのも立石くんの情けない姿を思い出してみんなで笑ってるときだというw
    彼は彼なりに全てをへんてこに繋げながらこれをつかみ取った、ということで(笑)
    結局は男顔負けなまこちゃんには到底敵いそうにないですが( ・∇・)
    立石くん、花さんにそんなこと言われるなんてほんっと嬉しいと思います!!
    私も嬉しいっ(///∇///)
    彼、頼りないけど、ほんと私大好きで。(性癖が分か……)
    まこちゃんに秘密はずっと言えないままだったけど、振り回されながらもずっと彼女のこと想って、最初はゲイのおっさんと知らなかったけど、外から見ればだいぶオカシなおっさんwなのに、ずっと寄り添って、ファンにもなって。
    まこちゃんってほんといい男と出会ったなーと。
    まこちゃんの性格的にも彼が一番ベストなんじゃないかなーと思ってます(*´艸`)
    立石くんの頑張り誉めていただきとても嬉しいです!!花さんにいと尊し(///∇///)

    しかし、立石くんにはもう一踏ん張りしてもらわないといけません……( ・∇・)
    またお時間ある際に楽しんでもらえると嬉しいです♪

    2021年7月4日 09:02

  • 最終章 7.僕は最後に言えずで、決死の…へのコメント

    ぎゃー!!!!
    すごくいい!!

    よかった〜、立石君がバラバラにされなくて。

    立石君も勇気を出しましたね〜。
    パンツ一丁で。
    最後にはまこちゃんと……。
    パンツ一丁で。
    このあとどうなるんかな。
    パンツ一丁で。

    作者からの返信

    砂漠っち~~!!
    その言葉を待ってたよ……
    ほんとに、嬉しいよ……

    そしてついに立石くんが男を見せたよ。
    パンツ一丁で。
    まこちゃんとどうなるのかね~
    パンツ一丁で。
    この後は~
    パンツ一丁事件が始まります。

    嘘か誠か(笑)

    いやほんともうここまで付き合ってくれてありがとうございます(T▽T)
    報われる思いです~
    もうこの作品は終わるけど、砂漠っちがいつもリアルで読んでくれて嬉しかったよー!
    ありがとう~(T▽T)
    あ、まだあと3話あるけども(笑)

    2021年7月4日 00:02

  • 最終章 1.僕は後悔の中で、明日を見る。へのコメント

    ほんと、一回でもネガティブな切り取り方をされたら、世間からフルボッコされるの、悲しいですよね。
    なんか、最近の日本を象徴しているなって思いました。
    外国もそうなんだと思いますけど。

    一つの側面から見て判断したり、大勢で行き場をなくすのってよくないなって思ってたので、この作品がそれを代弁してくれてるような気持ちで読んでました。

    作者からの返信

    天さん……(T▽T)
    暖かなコメントまでありがとうございます(T▽T)
    ほんとそうですよね。
    一度でも何かこんなことがあれば、それが100%みたいに捉えられてしまいますよね。
    ただでさえ良いことより悪いことばかり目立ちがちなのに、報道されるのはそんなことが多くて……
    なかなか難しい問題でもあり、普段の日常だったりもしますが、疑問や色んな視点からその報道や騒ぎに耳を傾ける事ももしかすると必要なのでは、と思っています。そうでありたいな、とも!

    色々この作品から感じ取ってもらえてめちゃ嬉しいです(T▽T)
    ありがとうございます(*^^*)

    2021年7月3日 23:45

  • 最終章 5.僕は全速力で、もう後悔はし…へのコメント

    まこちゃんさすが、肉弾戦でもこんなに頼もしいなんて…!
    しかしまだピンチがてんこ盛りな上にまこちゃんの今後、どうなってしまうんでしょう😭
    続きたのしみにしてます!

    作者からの返信

    めいさぁぁん!!たくさん読んでいただき本当に嬉しい!!ありがとうございます~( ;∀;)
    まこちゃんのハイパーミラクル体当たりでございます(笑)
    一応女子なのでw、大の男に敵わないとは分かっているので、隙を突き、助走をめちゃくちゃつけた戦法でアターーック!!ですw
    たぶん結構な勢いでぶつかってると思います( ̄▽ ̄)
    男達もいきなり来たからさぞかしびっくりしたでしょう(笑)
    またお時間ある際に楽しんでいただけるとすっごく嬉しいです~(*^^*)

    2021年7月3日 17:02

  • 最終章 5.僕は全速力で、もう後悔はし…へのコメント

    立石くんかっこいい!男を見せましたね!!…と思いきやまこちゃんのかっこよさに全部持っていかれました(笑)
    いやあんたどこまで格好いいんだマジで!!ww
    ここから怒濤の追い上げですね!このクソ男田中をボコボコにしてやってくださいよお二人さん!!
    つい熱くなって読んでしまいましたー!面白いです((o(^∇^)o))

    作者からの返信

    花さん……私にとってはあなたが私の神ですよ……(何度目や)
    ついに!!立石君が!!男を!!見せた!!のに!!!まこちゃんが!!全部!!持って行ったーーーー!!!

    はい、彼こそが『守ってあげたい少年ナンバー1』です。

    実はここ意識して描いた点で、男女逆転というか(^-^;
    まこちゃんらしい最高の見せ場です(笑)
    本来なら立石くんの見せ場なんですがw
    かっこいい男性像をほんとは書きたいところなんですが、彼にとってそこまでの急成長は難しかった模様です(^-^;
    しかし、今の彼なりにすごく頑張ってくれたのでは、と思っております!
    クソ男田中の運命は……
    立石君にまだ見せ場はあるのか(笑)
    またお時間ある際にぜひ楽しんでいただけると嬉しいです♪

    2021年7月3日 16:55

  • 最終章 2.私は波乱の中で、明日を見る。へのコメント

    いやぁ…本当に良くできてますね、この作品。アイドルとしても作家としても偽りの自分を演じてきたまこちゃんが本当の自分を出したいと気付いた。
    今までアイドルとしても、作家としても、正体がバレないように隠してきましたが、本当は何もかも全部ばらして本当の自分を見てもらいたかったのかもしれませんね。神と創作活動をしていた時、本当に生き生きしてましたから!

    冒頭のブラックジョークが面白かったです(笑)
    うちの祖父が老衰で死んだ時の父がお通夜でこんな感じだったなぁと私もブラックニヤニヤしておりました(ブラックニヤニヤって何)

    作者からの返信

    花さぁぁん( ;∀;)( ;∀;)わたしの……(3回目)

    まじっすか……花さんマジで私の神……
    まこちゃんは田中のせいだとしても自分がやったことに対してかなり責任を感じていて、そのせいで周りにかなり迷惑をかけてしまったことをやはり悔やんでいて……かと言って腐女子のJKを助けたことを後悔もしていないし、逆に迷惑かけたと思っていて、今までみんなを騙してきた罪悪感もあり……本当の自分を出す、ということが周りにとっては利点がないと思っていて、『悪』だと思ってた点もあり、自分を押し殺してたわけです。ってなんで花さん、まこちゃんの気持ちなんでそこまで分かるのぉぉぉ!!
    私、なんか泣けてくる~~( ;∀;)
    ですが、肝心な家族の一押しもあり、この事件をきっかけに、彼女はここから本当の自分と向き合って、開き直りの行動が始まります(いいのか?w)
    勢いが付き過ぎてちょっとやばいですがw

    ブラックジョーク、実は公開前に追記した点で、そう言っていただけて嬉しいです(笑)
    どうにかちょっとでも楽し気なこと入れようとしたら、なぜかブラック化してしまい……(。-∀-)
    ブラックニヤニヤ経験者はさすが、そこを突きますな!!
    花さん、ほんと奥深くまで読み取っていただき、感謝感激です~( ;∀;)

    2021年7月3日 16:38

  • 3章 8.私はネット記事で、人生を悟る。へのコメント

    うう…まこちゃんが可哀想すぎて見てられない…(´;ω;`)
    嘘の記事で世論がそれを信じちゃうのってかなりしんどいですよね…事実じゃないのに、声を大にした方が勝ちというか。
    きっとリアルの世界でもこういうことって普通に起きてるんだろうなぁと考えさせられてしまいました。
    この自体をどう建て直すのか気になります!!うう…まこちゃんも立石くんも頑張れ(´;ω;`)

    作者からの返信

    花さあん!!私のぉぉぉぉ!!(また)
    マジで全然笑えなくてスミマセン(笑)
    この辺はリアルでもよく言われていることですよね。何が真実で何が嘘なのか、裏では何が行われてるとか、よく聞きますが、直接関係していない私達は何を信じていいのか……
    結局は信じたいものを信じるしかないのかなーって。
    まこちゃんも立石君も、その関係者も唯一本当の事を知っている人たちだから、どうにかしてこの事件をいい方向へ少しでも持って行けるよう頑張ってほしい!と思って最終章を書きました。特に立石くん(笑)
    悲しい3章の終わりでしたが、これをバネに最後は……!!
    逆襲の最終章のはじまりはじまり……?

    2021年7月3日 16:00

  • 3章 6.私はこんな女で、秘密を重ねた。へのコメント

    これはきっつい…でも、営利企業である以上損失はかなりの痛手ですから、社長の気持ちもまこちゃんの気持ちもわかります…全てはチャラ男田中が悪いのに!!😭😭

    そして自分が大変なことになってるのに、憧れのアイドル像を壊してしまったと立石くんに申し訳なるって…まこちゃんあんたおっさんだけど心が清らかだよ!!天使だよ!!本物のエンジェルだよー(´;ω;`)✨✨✨
    なんとかこの状況を打開してほしいところですね…

    作者からの返信

    私の花さん!!(突然の)
    うえーーー、共に泣いていただき、ありがとうございます( ;∀;)
    この辺は全然笑えない場面が続いてスミマセン( ;∀;)
    どうしてもこのシーンは入れたく……
    そうなんですよね、こうやって会社に属したり何かを一緒に作り上げている以上周りにもかなりとばっちりが行くという……それが直接自分の責任ではないとしても、結果だけ見ればこうやって罵倒されるという……
    もちろん責任問題でもありますが、理不尽な世界でもあり、この世でもきっと同じ事がたくさんあるんだろうなと。
    この辺は実体験から切り抜いてきた感じでして、そうやって花さんに共感していただけるとマジで泣けてきます( ;∀;)

    まこちゃんは立石くんとずかずかとw今まで触れ合ってきて、ここでようやくファンだったと気が付いた時、知らなかったとしてもあまりにもが配慮がなさすぎたな、と思ってしまいます。
    と言っても、素の性格はあまり変えられませんが(笑)
    そんな風に言ってもらえると落ち込んでるまこちゃん、かなり救われますよ……( ;∀;)

    2021年7月3日 15:49

  • 3章 5.僕はただ座ってるだけで、彼女…へのコメント

    あーーーーーやっぱりバレちゃいましたか(´;ω;`)うう…まこちゃんは悪くないのにこんなのってひどいよ…
    そして立石くん。肝心な所で頑張れなかった立石くん。でもまこちゃんの理解者は君だけなんだよ、頑張って!
    今後の君の倍返しの活躍に期待してるよ👍️✨

    あとファンアート、私も待受にしてます(わかりみしかない)

    作者からの返信

    花さん♪励ましのコメントありがとうございます( ;∀;)立石君はすごく花さんに救われてると思います( ;∀;)
    まこちゃんは我慢できずに大爆発!立石くんは怒りで震えても勇気が出ないまま時が過ぎ……
    彼はここから段々と変わっていく……かも!?
    人は何かこんな失敗がないと激的に変われないのだと思っていて、彼にとってはかなり痛い苦い経験ですが、少しずつ変わって行ってほしいなと思っています。
    もちろんそう上手くいくような事ではないと思いますが……

    ファンアート!!そうですよね~(*´▽`*)
    同じように創作してる方と今まで触れ合ってきて、私もですが、きっとみんなもそうなんだろうなーと思ってこのシーンを思いついたのです。
    なんだか絵を見て気付くってロマンチックだなと思って。
    この場面ではそんな雰囲気は微塵もありませんが(笑)
    共感していただきありがとうござます(*^^*)

    2021年7月3日 15:31

  • 3章 4.私はあの変装で、完璧を装う。へのコメント

    うわーーーーー!やはり美味しい話には何かあるんですね(´;ω;`)田中貴様ぁぁぁぁぁぁ!!!!!(田中 貴 様って名前みたくなっちゃった)

    さりげなく水戸と田中の凸凹コンビの会話に萌えてるまこちゃん、本当にぶれないですね…(笑)だけど、ホテなんとかに連れ込まれようとしている女子を身バレ覚悟でとめにいくまこちゃんも本当にぶれない!!

    作者からの返信

    花さぁぁん!!たくさん読んでいただき本当にありがとうございます( ;∀;)
    はい、やはりこのような事態となってしまいました……
    田中貴さんwは、この後……
    まこちゃんはいつでもまこちゃん全開ですね(笑)この全開具合が良くも悪くも全てにおいて物語のキーの如く働いているので、作者の私も止められない程ですw
    逆に立石君は……( ;∀;)
    見捨てずに暖かく見守りください(笑)

    2021年7月3日 15:18

  • 最終章 6.私は窮地で、アイツを助ける。へのコメント

     警察遅い~!

     これだけ大騒ぎしてるのに、周辺の人が立石君を拉致してる様子を止めもしないというのが、都会の世知辛いところでしょうか。

     さぁヒロインをヒーローは救出できるのか!?ヒーローはもちろんまこちゃん。

    作者からの返信

    MACKさん( ・∀・)
    おはようございます!!
    いつも本当にコメントまでありがとうございます(T▽T)
    いやほんとそうですよね(^^;
    あの辺はかなり人が多いかと思うのですが、誰かが新宿駅東口の交番へ通報しただけとなりました。
    さて、ついにここまでやってきました……
    本気の本気でこの物語にずっと付き合ってくださりありがとうございます(T▽T)
    もう感謝でいっぱいです……
    なんか次で終わるみたいな返信ですがw、一応まだエピローグ含めて4話あります(笑)
    自分の中で次の話が山場なので、勝手に色々感傷に浸ってスミマセン(T▽T)
    本当にいつもMACKさんありがとうございます(T▽T)

    2021年7月3日 08:35

  • 3章 6.私はこんな女で、秘密を重ねた。へのコメント

    シリアスなシーンなのに、ゲイのおっさんというネーミングが面白くて、読者の心が救われますね。

    私は本当のまこちゃんが好きだよ!
    元気出して!

    作者からの返信

    天さぁん(T▽T)
    いつもありがとうございます~(T▽T)(T▽T)
    まこちゃんも救われると思います(*^^*)
    シリアスな展開が好きな私はラブコメ書いててもどうしてもこうなってしまうという……(^^; この辺の加減はもうちょっと勉強していきたいです(^^;
    しかし、まこちゃんのネーミングセンスに救われました(笑)
    二人の今後をまたお時間ある時にぜひー(///∇///)

    2021年7月3日 00:41

  • 最終章 6.私は窮地で、アイツを助ける。へのコメント

    あーあ。
    立石君が……。
    お前、ホントさ〜……。
    守ってあげたい男子だわ〜。

    まこちゃん、がんばれ〜。

    作者からの返信

    砂漠っちー!!
    いつもありがとうございます~(* ´ ▽ ` *)
    立石くん、守ってあげたい(笑)
    実は今回の物語、一般的な男女のイメージを逆転した話を書いてみたいなと思って執筆したのもあり。(需要はあまりなさそうだけどw)
    そしたら私好みななんとも情けない男の子になってしまいました(笑)
    でも彼なりに頑張ってるハズw
    もう少しで終わりなので、彼の生きざまをよかったら最後までご覧下さい'`,、('∀`) '`,、

    2021年7月2日 23:27

  • 最終章 5.僕は全速力で、もう後悔はし…へのコメント

     守ってくれる少女ナンバー1になってますけど、まこちゃん!

     というか立石君、見せ場っぽいところも完全アウトやないですか…。だめだこの子…。

     ピンチがまだまだ続きますね。
     妹ちゃんも巻き込んでますしこれはなかなか落としどころが難しくなってきている気がします。

    作者からの返信

    MACKさあああん(* ´ ▽ ` *)
    おはようごぜいまっす!いつもツッコミまでありがとうございます(笑)
    まこちゃんはもう完全に彼のナイトですね'`,、('∀`) '`,、
    立石くんはもう見せ場がないまま終わりそうです'`,、('∀`) '`,、
    ……いやダメだろ!
    いやほんと無さそうで……(え?)
    あったとしてもすんごいカッコ悪いんだろうな……'`,、('∀`) '`,、
    そんな残念な彼に広い心でお付き合いいただき、誠にありがとうございます!!
    彼のとことん残念でshowにまた辛抱強くお付き合いいただけると嬉しいです(*・∀・)

    2021年7月2日 07:59

  • 3章 4.私はあの変装で、完璧を装う。へのコメント

    バイセクシャルってわざわざ言ってる!(爆笑

    しかも、腐女子の意味違うからwww
    天然発揮!(爆笑

    だめだ!
    外で読んじゃダメなやつだ!笑

    作者からの返信

    天さああん(///∇///)こちらにも感謝感激でございやすっ!!!
    水戸さんって、「バイセクシャル」に変なこだわりを持ってるんです(笑)
    だから結構ムキになっていつも答えてますw

    妹ちゃんのあの天然発言にも触れていただき嬉しいです(笑)
    あの発言は後々にちょびっと関係していて…(*´艸`)

    ちょっとこれからあまり笑えない展開になっていきますがw、また外で堪えながらぜひ(*/∀\*)

    2021年7月1日 21:14

  • 3章 3.僕は連弾攻撃で、思考停止する。へのコメント

    ちょちょちょwww

    外で読んでるのに笑っちゃったじゃないですか!笑

    面白くて2回読んじゃった笑

    水戸さん、巻き込み事故なのにゲイだってバレてるし!笑
    ん? バイセクシャルだったか。
    とにかくノーマルではないことがバレてる笑

    作者からの返信

    天さーーーん\(^-^)/
    たくさん読んでいただきありがとうございます(///∇///)
    それに笑っていただけるなんて!外出先で(笑)2回も!!(///∇///)
    笑いにくい場所で堪えれば堪えるほど、笑いが込み上げてくる現象、あれなんでしょうね(笑)
    水戸さん自体は至って常にクールに普通にしているだけなのに、なぜか色んな場所でクスッと笑わせてくれる、そんなスーパーパーフェクトイケメンなんですよ、知ってました?(突然の疑問符)


    2021年7月1日 21:01

  • 3章 1.僕は頼みの綱で、渾身に告げる。へのコメント

    と思ったらまさかの、立石くんも代打だと…!
    妹ちゃんと水戸さんがしかも、その上で他の人のふりをして出会ったらどうなってしまうんでしょう…!
    ますます面白くなってきましたね…!😂😂😂

    作者からの返信

    めいさーーん\(^-^)/こちらにまでありがとうございますっ!!!
    うれしいっ(///∇///)
    はい、こちらも代打来ました(笑)
    ここからラストまでもう私たちは彼らを押さえられませぬ'`,、('∀`) '`,、
    だいぶジェットコースターな展開が色々待ち受けていますが、暖かく見守っていただけますと光栄です(*´艸`)

    2021年7月1日 07:56

  • 2章 14.私は脳内で、スーパーパニッ…へのコメント

    水戸さんが代わりに行くとな…!
    また、まこちゃんと立石くんの行き違いが複雑に😂
    ここからどうなるのか気になります…!

    作者からの返信

    めいさんっ!!
    いつもありがとうございます~(///∇///)
    うへへ、そうなのです……
    ほんとどんどん複雑になっていってますよね'`,、('∀`) '`,、
    ダイジョブか!?と作者も色んな意味で心配になります(笑)

    2021年7月1日 07:47

  • 最終章 4.私は新宿駅で、アイツを追う。へのコメント

     あれ!?刑事が絡むような案件だった?どういう事なの……?

     男四人って、変態男の他に一体誰が。

     立石君は相変わらずだし、不安しかないという。でもきょどりながらも、彼女を巻き込まないとした態度は褒めて使わす(何処から目線)。そしてまこちゃんの暴走特急っぷりも相変わらずで、まこちゃんの方が救世主になりそう!

    作者からの返信

    MACKさまぁぁぁ!!!
    今日も雨予報をなぎ払うお天道様よ、ありがとう………!!!!\(゚∀゚)/

    急展開来ました(笑)
    いやほんとワケわかんないですよね(^^;
    ちょっとここは頭を悩ませたとこでもあったのですが、立石くんのステージとして良かったら暖かく……って、立石くん、ほんと想像以上に読者さまからめちゃくちゃ心配されてるし、いつもやることなす事に突っ込まれてるんですよね……(笑)
    こんなどうしようもない男を褒めていただきありがとうございます( ・∀・)
    まこちゃんを助けることが出来るのか?いやほんとそんなことが出来るのか?w
    暴走まこちゃんを色んな意味で救ってほしいと心から思っております( ・∀・)

    2021年7月1日 07:44

  • 最終章 4.私は新宿駅で、アイツを追う。へのコメント

    変なところで男を見せるな、立石!
    せっかく協力してくれるって言ってるんだから、そうしろよ!
    お前じゃかなわないって!(失礼)

    しかし、ここからどうなるのか……。

    作者からの返信

    砂漠っちー\(゚∀゚)/今宵もあの星空のように大感謝の瞬きを……(何)

    いやーほんと彼、ダイジョブかなw
    ほんと彼、だいぶ読者さんから突っ込まれてんな'`,、('∀`) '`,、

    ちょっとは男らしくなったようですが、私もだいぶ心配です(笑)
    ついていってあげたいw

    ここから立石くんに挽回のチャンスはあるのでしょーか。
    ツッコミをまたお待ちしております( ・∀・)

    2021年6月30日 23:03

  • 3章 1.僕は頼みの綱で、渾身に告げる。へのコメント

    よく考えたら、うら若きメンズがBL読んで、その挿絵を描いてるってだけでおもろいな…
    しかもペンネームが腐女子のJK。
    相当変わってるぞ、このペア!
    推せる←

    作者からの返信

    天さあああん\(゚∀゚)/
    こちらまでありがとうございまっす(///∇///)
    確かに(笑)
    立石くんは広ーーい心でクリエイトなお勉強中ですw
    そのおかげで素晴らしき出会いを果たしました\(゚∀゚)/
    いいですねいいですね~この摩訶不思議ペアを一緒に推していきましょう!!(なんかさっきからテンションがおかしいな)

    2021年6月30日 21:18

  • 2章 14.私は脳内で、スーパーパニッ…へのコメント

    結局言っちゃってる!笑
    面白い!笑

    そしてバイセクシャルだったんだ、推せるな←

    作者からの返信

    天さああん!!!いつもありがとうございますううう~\(゚∀゚)/
    水戸さん、そうなんですw
    世界中の人々を愛せる水戸さんです( ・∀・)
    私と一緒に推しまくりましょう……!!!!
    そして愛してもらいたい\(゚∀゚)/

    2021年6月30日 21:14

  • 2章 8.私は『楽』で、『苦』する。へのコメント

    ネット上でのやり取り、こういうちょっとした一言でえぐられますよね。ちくっとした感じがリアルさを感じる描写だなと思いました。
    うまくJKさんが拾って支えてくれて良かった…✨

    作者からの返信

    めいさん、読んでいただきありがとうございます(///∇///)嬉しいです♪
    ほんとそうですよね。
    こういう創作活動をしていると、ネットでもリアルでも一目に触れれば、多少なりともこういう風に言ってくる人もいて。
    短い一言でぐさっと来るんですよね(^^;
    JKさんほんとありがとう(笑)
    誰かがこんな時にこうやって手を差しのべてくれるとほんと涙出るほど嬉しすぎますよね……
    今後の二人の支え合い(笑)をまたお時間ある際に楽しんでいただけると嬉しいです(*^^*)

    2021年6月30日 16:29

  • 最終章 3.僕は車内で、暴露する。へのコメント

     まこちゃんはどんな格好をしてもまこちゃんってわかる可愛さなんだなあ…。

     スマホを渡す時に言うって決めてたのに、未だ言えないのはちょっとどうかと思うぞ!これがチャンスだったのにーー!
     まこちゃんも自分の事ばかり喋って、聞く姿勢がないのはどうかと思うぞ!

     そしてやっと暴露かと思ったらそっちの暴露かーーー!

    作者からの返信

    MACKさーーん(*/∀\*)
    おはようございまっす!!
    今日の太陽の如く大感謝の光よMACKさんへ降り注げ\(゚∀゚)/

    まこちゃん、今日はまともな服来てますw
    最後ぐらい立石くんに可愛い私服を……と(笑)
    仕事以外の時はほんと散々な服着せた作者よ、悔いはなし。

    立石くん、ほんともう背中ばしーーんと叩いて気合い入れてやりたいっ!!
    まこちゃん、勢い有りすぎて、彼ちょっと引いてるじゃん、もう!……いや、いつもか(笑)
    お互いがお互いのことで必死過ぎてうまく絡みきれてないという( ・∀・)
    ちょっと落ち着こうか、と言いたいです(笑)

    うへへ……彼、ほんといつ暴露するんでしょうね'`,、('∀`) '`,、

    2021年6月30日 06:12

  • 最終章 3.僕は車内で、暴露する。へのコメント

    おぎゃー!
    どうなるどうなる!?

    も〜!
    二人の視点が交互に来るから、ドキドキですね。
    凛々さん、天才か!?
    どちらの気持ちもわかるから、なんとも言えない。
    あ〜、ドキドキだ〜!

    作者からの返信

    砂漠っちー!!
    いつも感謝炸裂~~\(^-^)/
    ドキドキしてくれましたん?
    砂漠っちの心臓を鷲掴みだぜっ。

    この交互に来る方法、両方主役だからバランス取るために始めてみたんだけど、好評で良かったです(*^^*)
    でも、時々視点切り替えするのに自分の脳が変わってないときがあるのが執筆上難点でした(笑)
    マジか。調子に乗ろうかな( ・∀・)
    「私ってば天才……、私ってば……」ってぶつぶつ言いながら今から走ってくるわw

    自己暗示から始めてみる!!!'`,、('∀`) '`,、

    いつもありがとうございます~\(^-^)/

    2021年6月30日 05:48

  • 最終章 2.私は波乱の中で、明日を見る。へのコメント

     から元気にしか見えないぞー!

     そうか、こういう事があると家族にもダメージが大きいんですね。家族としてはもう、彼女を家の中で護ってやりたい気持ちでいっぱいだろうなあと。
     弟君も学校で色々言われる事より、姉のこのから元気を見てる方が辛いのではないかと思ってみたりも。
     いい家族だし!

    作者からの返信

    MACKさーーん(///∇///)
    今日もおはようございます♪ありがとうございますーーー!!!!
    この場面は自然と書くようになったというか。
    弟くんは学校では色々姉のことで言われ、すごく悔しい思いをたくさんしており……
    姉が頑張っているのをいつも見ているからこそ、もうめちゃくちゃに憤りをどこにぶつけていいのか分からず( TДT)
    なのに肝心の姉はヘラヘラしていて、から元気と分かっていてもちょっとイライラしちゃったんでしょうね……

    家族の支えもあって今後のまこちゃんがどう動いていくのかまたお時間ある時にぜひ\(^-^)/いつも感謝です(*^^*)

    2021年6月29日 08:07

  • 2章 5.僕は音楽番組で、勇気をもらう。へのコメント

    「神よ、わいと共に生きよう」

    なぜその文章をチョイスしたし……!?(超パワーワード→よって→いるか爆笑)

    作者からの返信

    尾頭いるかさん、こちらにもコメントありがとうございます……!!
    とっても嬉しいです!!(///∇///)

    まこちゃんのワードチョイスは、ちょっと私も理解しかねます(笑)
    でもそのおかげでいるかさんの爆笑をいただけたようなので、まこちゃんを褒め称えたいと思います\(^-^)/\(^-^)/わーいw

    2021年6月28日 23:14

  • 1章 3.私は初めてで、突っ込む。へのコメント

    いとおかし

    作者からの返信

    枕草子かよ


    ……ということで!!(笑)
    読んでいただきありがとうございます……!!
    最高なコメントまで……(*/∀\*)
    感謝感激でございます……!!
    またお時間ある際にぜひっ\(^-^)/

    2021年6月28日 08:57

  • 最終章 1.僕は後悔の中で、明日を見る。へのコメント

     ああ、そういえば!交換していましたね連絡先!!そうかあれが伏線だったのかあ。

     このままあのクソ編集を逃げ切らせてたまるものか。
     さあ立石君、本気を出すのですよ。

     妹ちゃんグッジョブ!

    作者からの返信

    MACKさーーん((o(^∇^)o))
    ほんといつも大感謝です♪
    そうなんです、交換していたのです……!!
    まこちゃんがそこを心配していましたが、皮肉にもそこが希望の繋がりとなりました……!!

    立石くん、ここで男を見せないといつ見せる!!
    もうこの物語、終わってしまうぜよ!!(笑)

    妹ちゃん、ほんと今回は、いや今回もwよい仕事をしてくれました( ・∀・)
    妹ちゃん、色々抜けてそうなのに、あまり深く考えない性分なのか逆に色々と活躍してしまうという……
    素直な子の特権ですね(笑)

    2021年6月28日 08:54

  • 3章 3.僕は連弾攻撃で、思考停止する。へのコメント

    どこからシナプス繋げたらいいわけ?wwwwwww
    いやーーーこの突っ込みが本当に毎回面白くて大笑いしてます(笑)
    毎話爆笑できるって本当にすごい…✨

    さていよいよですね。
    水戸さんと妹ちゃんが会合したらどうなるのでしょうか…!!
    すごくドキドキしながら続きも読ませていただきます❤️

    作者からの返信

    花さーーん♪
    こちらにもありがとうございます(///∇///)
    いつもたくさんの笑顔をありがとうございます(*/∀\*)癒し(///∇///)
    立石くんはああ見えて意外と突っ込みキャラなのかもですね(笑)

    ここから急激に落差が凄まじきジェットコースターしていきます!
    ちょっと、いや、全然笑えないような展開もあるかもですがw、レティちゃんの波瀾万丈な人生を描く花さんならきっとダイジョブ……!!なはず(笑)
    またお時間ある時にぜひ楽しんでいただけたら嬉しいです♪
    いつもありがとうございます(*^^*)

    2021年6月28日 08:45

  • 3章 2.私は日暮里で、心情ほころぶ。へのコメント

    なんかもう最近水戸さんが好きすぎて夜も6時間くらいしか眠れなんですよぉ…
    というのは置いといて、ゲイのおっさん(偽)と腐女子のJK(偽)がとうとう会合することに…どうなるの!?

    メタ的な話になってしまいますが、最初、二人のこのペンネームの奇抜さがすごくて引き込まれるんですよね。話も面白くて、あっという間にグイグイのめり込んでるというか。
    で、ここの替え玉達の段階でやっとペンネームの通りになるというのがすごい!
    このペンネームには、読者を惹き付ける役割を持つと同時に、物語の進行に必要な役割も持っているので、話の構成が神がかってうますぎて感動します!!
    こ れ は 面 白 い !!

    作者からの返信

    花さぁぁん(///∇///)(///∇///)
    たくさん読んでいただきありがとうございます♪
    嬉しいですっ!!
    水戸さん好きですか!?実は私もかなり好きなんですーーー(///∇///)
    わー嬉しい♪夢に出てきてくれないかなーと思っております(笑)花さんの睡眠中にも出てきてー!!しかし、余計眠れなくなりそうw

    そこのペンネーム部分、掘り下げてもらって嬉しいですっ!!
    奇抜なペンネームなのに、意外と近くに似たような人物がいるという(笑)
    この辺は偶然生まれたというか、盛りに盛ってたら調子に乗って生まれたというかw
    そう言われてみると、1つの道筋に良くも悪くも全ての登場人物が濃く絡み合ってる感じですね( ・∀・)
    うん、今日も花さんの解説能力のおかげで学びました……!!
    誰かに言われないとほんと気が付かないことだらけなので、めちゃくちゃ嬉しいです!!
    嬉しいお言葉までたくさんありがとうございます♪
    感謝です\(^-^)/

    2021年6月28日 08:29

  • 最終章 1.僕は後悔の中で、明日を見る。へのコメント

    うおーーー!!!
    めちゃくちゃいい話!!!
    立石~~~~!!
    お前、頑張れー!
    妹ちゃんがすごいな!

    まこちゃんを救ってやってくれ!

    作者からの返信

    砂漠っち!!
    今夜もありがとうございます~\(^-^)/
    もしかすると君が100pv踏んだかも(笑)
    今表示されてたから!
    わーーいwありがとう~(///∇///)

    やったよ!立石くんがついにwちょっとずつ頑張ろうとしてるよ……!!!
    これでみんなの怒りよ、静まりたまえ……(笑)
    しかし、今回の話は妹ちゃんの功績が大きいですよね(^^;
    でも、きっかけ、ということで!!
    選んだのは立石くんだからねっ!!
    立石くんを、ぜひぜひ今後応援してあげてください(笑)

    2021年6月27日 22:43

  • 3章 8.私はネット記事で、人生を悟る。へのコメント

     どん底。これがどん底だと思いたい。

     でも彼女がした事って別に悪い事じゃないんですよね。アイドル業は夢を売っていて、小説は趣味を楽しんでいただけ。
     彼女に何の咎があるというのか。
     どれも、全力で期待に応えるように頑張っていただけじゃないかと。

     彼女が、一番つらいと思っているのが、腐女子のJKを巻き込んでしまった事。彼女(彼)との関係が終わる事を、一番恐れているような気もして。

     それだけはきっとないよ!と言いたい。

    作者からの返信

    MACKさーーん\(^-^)/\(^-^)/
    今日も感謝です♪ありがとうございます(*´艸`)

    まこちゃんに寄り添ってもらってめちゃ嬉しいですっ(T▽T)
    まこちゃん、かなりのどん底具合ですよね……
    私もそんなに自分を責めなくていいよ!だってまこちゃん悪くないもの!と言いたい……
    ここでは彼女の強い責任感が逆効果となっている感じになってしまって(T▽T)
    今まで隠していた『秘密』を必要以上に悪としているという……
    あんなに慕っていて一緒に頑張ってきた『腐女子のJK』との仲を自分が引き裂いてしまった、と……
    私も彼女に言ってあげたい、そんなことないから!!と。

    今後の最終章がどう進んでいくのか、MACKさんの都合良い時にまた楽しんでいただけたらめちゃ嬉しいですっ\(^-^)/

    2021年6月27日 08:21

  • 3章 8.私はネット記事で、人生を悟る。へのコメント

    ううううう〜……。
    砂漠ちゃん、泣くぞ?
    こんなまこちゃんの姿見たら。
    かわいそう……。

    作者からの返信

    砂漠ちゃーん\(^-^)/
    実況後のお疲れ時にありがとうございます~∩(´∀`)∩ ゾンビと楽しそうに戯れる姿、キュンキュンした!(ナンカチガウ)

    泣いていいよ、泣きなはれ……
    私もこの話付近を推敲するの辛かった……
    が!!!
    明日から地獄からーの這い上がりーーかも!?な最終章……!!
    二人に明るい未来は待っているのか……
    残り10話!
    またお時間ある時にお越し下され~~\(^-^)/\(^-^)/

    2021年6月26日 23:54

  • 3章 7.僕はその真実で、激しく悔やむ。へのコメント

    あ~~~~~ーーー!!!!
    アカウントが〜〜〜!!
    クソ〜〜〜〜!!!
    だいたい作品に関係ないことコメントすんなよ!
    お前らこそ、アカウント停止されろ!
    ゲイのおっさんが書いてんの!
    まこちゃんは関係ないの!
    あ〜!
    頭に来るね、あいつ!
    も〜!
    どうするの〜!?

    作者からの返信

    砂漠っちーー\(^-^)/
    いつもありがとうございますーー\(^-^)/\(^-^)/
    砂漠っちの怒りがごもっともすぎて(笑)
    怒ってくれて嬉しいです(^-^)
    いやほんと、いちいちそんなコメント書くなよ!っていう話で。
    でもほんとこういうことってあるあるだなーと思って。
    どの作品も目立てば意味もなく批評したり、関係ないこと書いてくる人っているんだよなーと。
    今夜の更新まで暗い話は続くけど、明日からの挽回な最終章!!、またお時間ある時に楽しんでいただけたら\(^-^)/
    いつもありがとうございます(///∇///)

    2021年6月26日 21:30

  • 3章 7.僕はその真実で、激しく悔やむ。へのコメント

     ゲイのおっさんのことばらしたの、絶対あの変態でしょう!?ムキーー!

     立石君、何とか勇気を出しつつあるけど、彼に出来る事はあるんだろうか。

     こういう叩き系って実際ネットであるよなあと思うと、リアリティもあってちょっと怖いですね。例えアイドルじゃなくても、クラスのマドンナレベルであっても…ギャップ萌えと思ってくれる人はいないのか!?

     彼女がどうなるのか気になって、更新されてるはずもないのにリロードかけちゃう。むぎゅう~。

    作者からの返信

    わわっ、早朝の帝王MACK様が降臨されておられる……(T▽T)
    なんですか、その、来ないから来ないから、……やっぱ来ちゃった!みたいなキュン技は……
    私の心臓を完全にハートキャッチですよ……w

    ゲイのおっさんを誰がばらしたのか、次で分かりますが、ですよねぇぇ……

    叩き系はよく目にしますよね。
    もちろんギャップ萌えまこちゃん!と言ってる人もいると思いますが、どうしてもそういう意見ってこんな悪口に埋もれて目立たないんですよね……
    嫌なこと言われるとすっごい強烈にずっと心に残ってるのに、いいこと言われるとそこまでずっと強烈に残っていない、と似てる感じですかね~

    でもその辺はまた後で出てきたり、こなかったり(笑)

    立石くん、ほんと普通の高校生だし彼に出来ることは果たしてあるんでしょうか……
    まこちゃんをどん底から助けてほしい、と私もマジで思います( T∀T)

    リロードありがとうございます(笑)嬉しい……!!(///∇///)
    が、カクヨムさんはきっとMACKさんの摩可不思議行動に戸惑っていると思われますw

    今日更新分で3章も終わりです!
    最終章もお時間ある時にぜっひ宜しくお願いしまっす♪いつも感謝です\(^-^)/

    2021年6月26日 07:38

  • 3章 6.私はこんな女で、秘密を重ねた。へのコメント

     ああ、何という事でしょう。
     大惨事ではありませんか。

     まこちゃんが可哀相過ぎて見てられないですねこの回。

     立石君、なんとか、なんとかしてくれ!アイドル業がダメになったとしても、頑張れる心の支えになれる要素を持つのは君だけだ!

    作者からの返信

    MACKさああん∩(´∀`)∩おはようございます!!!
    今朝もありがとうございます♪
    いやはやほんと大惨事ですよね……
    この3章は堕ちるとこまで落ちてしまう感じになっています……。
    ラブコメジャンルなのに、いいのか!?と思いましたが、このまま突っ走ります( ・∇・)
    果たして立石くんはなんとかしてくれるのでしょうかw
    立石くんのだめっぷりが3章までずっと続いており、思った以上に読書さまへ彼の勇気のなさが響いているなと(笑)
    ぜひともこれから挽回して、まこちゃんを助けてほしい次第です……!!!

    2021年6月25日 07:50

  • 3章 5.僕はただ座ってるだけで、彼女…へのコメント

    いやーわかります(´∀`*)

    こういうシーンって辛いけど描きたい時ありますよね(°▽°)

    私も胸を痛めて書いた覚えがあります(((o(*゚▽゚*)o)))

    とりあえず少年を殴ってやりたい( ゚д゚)

    作者からの返信

    おとらさーーん!!
    こちらにも感謝です♪

    おらーー立石ぃぃぃ!!気合いを入れてもらえーー!!夜の帝王に……!!

    はて、彼が目覚めるときは来るのでしょうか……

    このようなシーンはどうしてもコメディ系でも入れちゃう自分がいる気がします(笑)
    なぜだか主人公達をどうしても落としちゃう癖があるというか……
    でもここでの這い上がりを作者にも読書さまにもすっごく見せて欲しいんですよね…!!
    そこがもしかすると私の大好きなところなのかもしれません( ´∀`)
    まだまだ自分がよく分かっていないので研究していきたいと思います(笑)

    2021年6月24日 23:05

  • 3章 4.私はあの変装で、完璧を装う。へのコメント

    良かったっ! あと少しで私が乗り込むところだった!( ゚д゚)

    いや、冬馬君を送り込むところだった!( ゚д゚)

    作者からの返信

    おとらさーーん!!こちらまでもありがとうございます(///∇///)

    由衣ちゃん助けるおとらさん……!!
    そして冬馬くん……!!
    彼がこの場にいたら、睨みだけで防げそうですね(笑)
    ああ、立石くんにもそんな力があったらーーー。
    冬馬くんと立石くんは面白いぐらいに正反対すぎてちょっとは冬馬くんを見習いなさい!と彼に言いたいですよ、ほんとに(笑)

    2021年6月24日 22:56

  • 3章 3.僕は連弾攻撃で、思考停止する。へのコメント

    おとらは、体調不良により戦線離脱をしてました( ゚д゚)

    今は全回復です(((o(*゚▽゚*)o)))

    思考回路がショートしてて面白いですね(°▽°)

    そしてゲイも強ち間違いでないという……(´∀`*)

    妹は腐女子のJ Kになれるか!?( ゚д゚)

    作者からの返信

    うわあ!!おとらさーーん!!
    そうだったのですか!?!?
    ま、待ってた、なんて、い、言わないんだから……!!(結局言ってるヒト)

    病み上がりにほんとありがとうございます(T▽T)
    コメントまで……!!
    ほんと無理はされなくていいですからね、いつも読んでいただきありがとうございます(T▽T)

    立石くんは、不振者並みにきょどってますね(笑)
    彼、私から見ても結構やっばいなーと思います( ・∇・)
    妹ちゃんは……相変わらずでしたね( ・∇・)

    2021年6月24日 22:50

  • 2章 12.私は愛の巣で、興奮冷めやら…へのコメント

    私へのご褒美回じゃないですか…
    2人ともロン毛(天人基準)イケメンでBLとか最高すぎる。
    今度スピンオフで、この2人のイチャラブ書いてもらえませんか?(どさくさにお願いするやつ)

    作者からの返信

    天さまああ!!!こちらにもありがとうございますーー(*/∀\*)
    うへへ、そうでしょーとも、そうでショーとも……
    やはり気が合いますな、ぐへへ……
    私にいちゃラブを書ける技術があるのでしょうか……w
    しかし、この二人が出会ってこうなったきっかけはすんごいストーリーがあるので(タブン)、たぶん中編小説ぐらいはかける気がしますね、ぐへへ……
    やば、今何か違う道が見えた気が………(笑)

    2021年6月24日 22:39

  • 2章 11.僕は学校で、心臓を打ち鳴ら…へのコメント

    あっぶねー!
    まじあっぶねー!
    Abuneeeee!

    正体がバレるんじゃないかとハラハラしちゃいました!

    作者からの返信

    私の、…あ、みんなの天さぁぁぁん!!!
    いつも読んでいただきありがとうございます((o(^∇^)o))

    ハラハラしちゃいましたか!!!
    やったぜ、天さんの心臓ドキドキさせちゃったぜ!!!(得意気)
    ……簡単にはそうさせませんよ?(作者からの圧力)

    2021年6月24日 22:32

  • 3章 5.僕はただ座ってるだけで、彼女…へのコメント

     ああ、何という事でしょう…。

     暴言吐いたよね、って、暴言を吐かざるを得ない事をした変態男がそこにいるんですよみなさん!

     立石、フォローもせずに、おまえっ!

     ああここに水戸がいてくれたらああ。追いかけた彼がきっと何とかしてくれると思いますが。

     置き忘れられたスマホから、気づいて欲しい。彼女こそ彼(ややこしい)なんだと!

    作者からの返信

    MACKさぁぁぁん!!!
    今日もありがとうございますーーー((o(^∇^)o))

    そうなんです、そうなんですよ!!
    しかーし、先に殴りかかってきたほうが悪い、みたいな状況になっており……(T▽T)
    これって意外と日常でありふれてるなーと思ったり。
    気持ちのコントロールしなきゃいけないと分かってるのになかなか難しいなと。
    まこちゃんは性格的にもなかなか難しかった模様です(^^;
    立石くんはほんっと、どこまでも笑っちゃうほどダメダメボーイですね……(^^;
    心の中ではどんなにあれこれ思っていても行動出来ないとほんとに意味がないという(笑)
    ほんとなんで水戸さんいなかったんでしょうね(゜∀。)
    色んなタイミングが全て悪い方向へ行って……
    彼女の忘れスマホから、物語はまた大きく動いていく、かも……!?
    またお時間あるときにダメダメボーイにもお付き合い下さい(笑)

    2021年6月24日 08:28

  • 3章 5.僕はただ座ってるだけで、彼女…へのコメント

    にゃ〜!!!
    辛すぎるってこれは……。
    だって、まこちゃんは由依ちゃんを守ろうとしたんだよ?
    なのにさ、アイドルがやらかしたみたいな雰囲気でさ、みんなも写真撮りやがってさ‥
    まこちゃんは悪くないのに!!
    元はと言えば、立石君な気もするけどさ、まこちゃんは悪くないって〜!!
    そんな………かわいそう。
    まこちゃん〜!!
    だって、スマホの壁紙を立石君のやつにしてたんだよ?
    書籍化も楽しみにしてたのにさ。
    書籍化できなくなっちゃって、アイドルもピンチだなんてあんまりだよ……。

    今こそ男を見せるときやぞ!!!

    作者からの返信

    砂漠っちー!!
    今宵もありがとうございます~(*/∀\*)

    にゃーーー!!!私も叫びたい(笑)
    いやー、だいぶシリアス展開に突入しちゃってうふふ、なラブコメではないけども、私のラブコメはたぶん全部こんな感じになっちゃうなとw

    でも今回は一応『笑』を意識しててどうにかシリアスをもっとライトよりにしてみたいという不思議な挑戦中だという。
    でも軽くなりすぎるのもイヤという、謎な思いで書き上げました(笑)
    ジャンルを恋愛にしてもなんか違うし、現代ドラマでもんんーーって感じでジャンルにすごく迷った点だという……
    とりあえずラストまで突っ走ってみますわ\(^-^)/

    ほんとまこちゃん、踏んだり蹴ったりでして。
    すごい!思いっきりまこちゃんのことで悔しがってくれて嬉しいです!
    まるで後々の立石くんのようで!

    色んな要因が絡み合ってるというのもありますが、立石くんに勇気がなかったというのも大きいですね……
    まこちゃん、スマホを忘れてしまったという!
    壁紙を見てしまった彼は何を思うのか、また良かったらお時間ある時に懲りずにw付いてきてもらえると嬉しいです(///∇///)

    2021年6月23日 22:44

  • 3章 4.私はあの変装で、完璧を装う。へのコメント

     あーーー…あーーーーーー!!!

     ほらあやしい!
     何この枕営業勧誘!
     許すまじ!!!

     でもなんとなく、まこちゃん…ばれてない…?その行動、まずくない…?そこは立石君、君が妹を守るべく立つべきだったのでは?あかんで、あかんで!

     すっごいツッコミのコメント入れてごめんなしゃい。熱くなったわ…。

     

    作者からの返信

    MACKさん(笑)
    荒ぶってるMACKさんあまり見られない気がして嬉しいです、うへへ……

    さすが見抜いてましたね、MACKさん。

    そうなんです、まこちゃん、ついにやっちゃいました( ・∇・)はい、まずいです、とても。
    そうなんです、立石くん、ほんとあかんです( ・∇・)はい、ダメンズです、とても。

    ここからどう展開していくのか……
    ダメダメな彼をどうか見放さずに私からMACKさんにお願いしたい所存でございやす……

    悪いヤツではないのに、彼のリアルでの行動力の無さにはほんと私もあーあ、と思います(笑)

    2021年6月23日 09:21

  • 1章 2.僕はコミュ障で、腐女子のJK。へのコメント

     凛々サイ様、こんばんは。拝読させて頂いてます。
     なるほど、立石君と最上さんはこうしてすれ違っていくのですね。しかもサイトを通してというのが親近感ありますね。

     まだまだ序盤ですが、楽しみです。

     楽しい時間をありがとうございます。これからも読み進めていきます。

    作者からの返信

    わーーチャイさん、たくさん読んでいただきありがとうございます(///∇///)
    嬉しいです!!
    そうなのです、二人はこうしてすれ違いながら仲をいい感じに深めていきます( ´∀`)

    私達が暮らす現実で決してあり得ない話ではないだろうな、という考えから現代ドラマという点でもこの話を書き上げた次第でございます。
    またお時間ある時にぜひ読んでいただけると嬉しいです♪

    2021年6月23日 07:00

  • 3章 4.私はあの変装で、完璧を装う。へのコメント

    よくやった!!!
    まこちゃん!!

    なんやこの変態は!
    こんなやつがいるなんて!
    現実はなんて残酷なんだ!

    曲衣ちゃんは、私と一緒にホがつく3文字のところに行こうね。
    そう、ホタル!
    夏といえばね。

    立石君もブチギレ寸前っぽかったけどね。
    勇気がないのかな……?

    作者からの返信

    砂漠っちー!!
    今宵もありがとうございます((o(^∇^)o))

    いやはやほんとよーやりましたよっと(笑)
    現実は悲しいかな、残酷なのですよ、はい。

    砂漠っちと由衣ちゃんがホ………タルね、よしよいいぞ、連れっていっても。
    私が認めてやろうぞ。
    なんともまー、ロマンチックナイトになりそうだ。
    盛り上がったって決してそのあとホ……なんかに連れてっちゃだめだからな。
    フレッシュオレンジジュースぶっかけちゃうぞっと。

    とまー、立石くんはですね……ほんともうね、色々と残念な男なんですが、私からのお願いです、どうかどうか彼を見放さないでやってください(笑)

    2021年6月22日 22:26

  • 3章 3.僕は連弾攻撃で、思考停止する。へのコメント

     立石君の心の葛藤が滅茶苦茶早口で笑いました。滅茶苦茶立て板に水のような流れるような思考!

     でもリアルの方はしどろもどろっていう…。

     そして放棄の前の停止!

     あーあーあー出会ったな!!
     ほんとこれ面白いや~次はどうなるんだろ。まこちゃんも気づくかな?

    作者からの返信

    MACKさーーん(///∇///)おはようございます♪いつも感謝です((o(^∇^)o))
    MACKさんの笑顔をいただきっ∩(´∀`)∩∩(´∀`∩)

    立石くん、確かに早口ですね(笑)心の中ではw
    なのにリアルではうまく喋れないというこのコミュ障の宿命( ・∀・)
    ついに……彼らは出会ってしまいました!!
    ここから最後まで駆け抜けていく感じなので、立石くんのこの残念な具合もw今後どうなっていくのか、ほんわりと暖かく見守っていただけるととても嬉しいです♪

    2021年6月22日 08:17

  • 3章 3.僕は連弾攻撃で、思考停止する。へのコメント

    これには私の顔も店員さんと同じくらい引きつって、ニヤニヤしてるw

    あ〜、面白い!!!
    いや、すごい状況!!
    コントかよ!w
    ゲイのおっさんが水戸さんってwww
    まあ、そう思うよね。
    そして、まこちゃんは変装バレてるし!
    立石くんは、一人カフェに行くオシャレボーイwww
    謎すぎるwww
    なんだこの状況!

    ちなみに、バックを「からう」は方言ですばい。

    作者からの返信

    砂漠っち~!!今宵もありがとうございますばい!!
    間違ってたばい、完全に方言ですばい。
    ほんと砂漠っちがいてくれて助かったですばい。
    いなかったら全国民の読者さまに意味が通じんかったとですばい。
    立石くん、一応東京出身やけん( ・∇・)

    一人カフェに行くオシャレボーイww

    キミのツッコミコメントいつもおもろいなw
    私もニヤニヤしてますよっと。

    みんなの状況にニタニタしてくれてめちゃ嬉しいです(*/∀\*)
    このカオスな状況がどう動いていくのか、たぶんここから一気にどわーっと行く感じなので、またカオス状況を楽しんでいただけたら本望でっす\(゚∀゚)/

    2021年6月21日 23:24

  • 3章 2.私は日暮里で、心情ほころぶ。へのコメント

    少し真面目な話。

    やはり、物語において大事なのはメインのそばいる人物ですね(°▽°)

    水戸さんしかり、妹ちゃんしかり(((o(*゚▽゚*)o)))

    そうしなければお話は進みませんし、進んだとしてもストレートすぎますし( ゚д゚)

    かといって、登場人物を増やしすぎても問題があります。

    その辺が難しいと、最近書いてて思いますね(`・∀・´)

    作者からの返信

    おとらさーん!こんばんは\(^-^)/
    いつもありがとうございます(///∇///)
    確かにそうですよね、主人公に寄り添うサブ的な人物が物語の大事な要素になりますよね。
    今回妹ちゃんや水戸さんが結構絡んでくるお話なので、まさしくそうだなーと思います。
    冬馬くんに出てくる私の大好きなw啓介くんとか、他の人物たちもかなり重要な要素になっていますよね。
    今回の物語は文字制限のこともあって、なるべく最小限に登場人物を留めたいという想いもあり、4、5人となりましたが、もっと実力をつけて応用出来るようになりたいなーと思っています(*^^*)
    いつになるのやら(笑)
    精進しまっす\(^^)/

    2021年6月21日 22:26

  • 3章 2.私は日暮里で、心情ほころぶ。へのコメント

    会えよー!
    まこちゃんー!
    今からでも会えるってー!
    あ、でも妹ちゃんが来てるのか。
    なら会えないかな?

    も〜、ドキドキですね。
    気になってんじゃん〜。
    きっかけは……置いといて、気兼ねなく話せる友達って必要ですよね。
    この恋心、どうなるの?

    単純接触効果もありそうだなとか考えちゃった。

    作者からの返信

    こちらでもありがとうございます(///∇///)砂漠ちゃーん!!
    ほんと読者からしたら、突っ込みたくなりますよね(笑)
    この後、立石くん、妹ちゃんと会うのか会わないのか( ・∇・)
    そうですね、まこちゃんは、素で話せる友人もいないので、単純に接触回数が多い立石くんが気になってるっていうのほんとあると思います。
    ましてや共通のサイトを利用してるって分かってるし、話したくてウズウズしてるのではと。
    でもそれが果たして恋心なのか……本人がどう捉えてるのかっていうのも今後また読み進めてもらえるとめっちゃ嬉しいです(///∇///)

    2021年6月21日 20:38

  • 3章 1.僕は頼みの綱で、渾身に告げる。へのコメント

    面白いな!
    なんかニヤニヤしちゃった!
    妹ちゃんがお兄ちゃんを(意図してるのかは知らないが)追い詰めているのが凄く面白い。
    あ〜、どうなっちゃうの〜。

    てか、妹ちゃんがかわいい。
    前作もそうだったな〜。

    作者からの返信

    砂漠っちー\(^-^)/\(^-^)/
    今晩も、ありがとうございます(///∇///)
    確かに言われてみると追い詰めてる気がするな(笑)
    天然とはオソロシヤ……!!
    この妹ちゃんが今後を握っていく、かも……?
    妹ちゃんは主役ではないから主役後に出来上がった人物なのですが、あの二人と水戸さんがいたら、自然とこのようになりw
    ちょっとシャロールちゃんに雰囲気は似てるかも(*´艸`)
    砂漠っち、好きそう(笑)

    2021年6月21日 20:31

  • 3章 2.私は日暮里で、心情ほころぶ。へのコメント

     ドキドキの対面間近!

     というエピソードに、まこちゃんのアイドル稼業の辛い時期がさりげなく挿入されており…。そうだよなあ、そういう時期もあるよなあ、家庭環境も悪夢のよう。よくぞここまで強くまっすぐ捻くれず…ひねくれず?

     それはともかく頼りになりますね、水戸さん!

     さぁ、リアルがほんの少し近づくその瞬間間近。
     まこちゃんの心情にも、変化が。さぁどうなる!?

    作者からの返信

    MACKさーーん\(^-^)/
    いつもほんとーにありがとうございます……(T▽T)
    まこちゃんはこの過去があるからこその性格だったりします(笑)
    父親がいない上に長女ということもあり、このように育ってしまったというw
    もう傷付きたくない、というバリアーでもあるのです。
    生まれつきももちろんありますが!
    ひねくれず?育ちましたよ、タブンw

    水戸さんは、いつでも彼女をそっと影で支えてくれてますね。
    彼も少数派の人類ですし、若い頃に色々と苦しい経験をしていると思いますので、彼女と自分を重ねているのだと思います。

    ここから結構な勢いになっていく、かも……!?
    またお時間ある時に楽しんでいただけたら嬉しいです\(^-^)/

    2021年6月21日 12:53

  • 3章 1.僕は頼みの綱で、渾身に告げる。へのコメント

     妹ちゃんのピュア度が高くて、立石君のHPを順調に削る攻撃力!
     やっぱり身代わり作戦ですよね。そうなると妹ちゃん出撃ですよね。

     ああ、どうなる事やら…。

     立石君と水戸なら面識があるのに。妹ちゃんとまこちゃんなら面識があるのに。
     微妙なタイミングで面識のない二人が出会う、この交差する感じが面白い。

    作者からの返信

    おはようございます\(^-^)/MACKさん\(^-^)/
    いつもほんとーーーにありがとうございます((o(^∇^)o))
    妹ちゃんのピュア度恐ろしいレベルでこのまま突っ走ります!!
    立石くんの良心は傷んでいるようですが、それでも勇気が持てないようです(笑)

    そうなのです、微妙に接点があるのですが、その絶妙なズレ具合にみんな気が付かず着実に秘密を重ねておりますw
    嬉しすぎるお言葉までありがとうございます……!!!(*/∀\*)
    このズレ具合がピッタリハマる日が訪れるのか、今後もお楽しみくださーい\(^-^)/

    2021年6月20日 07:43

  • 1章 7.私は車内で、暴露する。へのコメント

    いとおかし
    途中で誤字らしきがあり候
    1-1「ハイキック野郎からもった」「終わっってしまう」
    1-4「気持ちがられて」(悪がられて?)
    1-5「同性代」(同世代?)
    1-6「言うわけでなないじゃないか」

    作者からの返信

    アクリル板Wさん、いつもありがとうござ候う……!!
    めっちゃありましたね(笑)
    全部訂正しました!
    いとおかし、ゲット!!(*/∀\*)
    そして星までありがとうございます……!!

    2021年6月19日 13:12 編集済

  • 2章 14.私は脳内で、スーパーパニッ…へのコメント

    水戸さんと妹が出会う?

    カオス( ゚д゚)

    続きが読めませんな(´∀`*)

    これは続きを読むしかない!(°▽°)

    作者からの返信

    おとらさーーん(*/∀\*)
    心の中で健吾っち並みにおとらさんに抱きついています(笑)
    いやはやほんとカオス……!!ですね( ・∇・)
    お互いがお互いに嘘をまだまだつくという……
    次からの3章、またお時間ある際に楽しんでいただけたら、おとらさんの胸にジャンプして飛び込みます……!!不意打ちで( ・∀・)

    2021年6月19日 08:59

  • 2章 8.私は『楽』で、『苦』する。へのコメント

    腐女子のJK……
    おま……ええやつやな!(号泣

    作者からの返信

    中村さぁぁん!!(///∇///)
    いつもコメントまで感謝感激ですーー((o(^∇^)o))

    今回はちょびっと踏ん張りが必要なお話とまりましたが、腐女子のJKちゃんが救ってくれました(T▽T)
    生きてるとこんな時が誰しもある時代になってしまいましたが、こうやって好きだと言ってくれる人が一人いるだけでほんとに救われるという……
    私にとって中村さんがほんとのほんとに救世主でした。
    ほんとにいつもありがとうございます(///∇///)

    2021年6月19日 09:04

  • 2章 13.僕は天国で、地獄。へのコメント

    ほう? いよいよ出会うのですかな?(´∀`*)

    それとも妹を贄にして逃げ出すのか?( ゚д゚)

    少年よ、私は君が男を見せる時を待っているぜ(((o(*゚▽゚*)o)))

    作者からの返信

    おとらさーーん\(^-^)/\(^-^)/
    おはようございます♪
    いつもコメントまで……!ニマニマしてます(*/∀\*)
    ついにこの時がやってきたようです……!!
    しかーーし!!
    彼は妹に何を頼んだのでしょう(笑)
    果たして彼が『男』になれる日が来るのか……
    頼りない立石くんですが、温かく見守っていただけると嬉しいです(笑)

    2021年6月19日 08:25

  • 2章 14.私は脳内で、スーパーパニッ…へのコメント

    ぎゃー!!!
    面白い!
    そっかそっか。
    まこちゃんはアイドルだもんね。
    最初の方でも言ってたけど、アイドルってバラしたら書籍化はできるんだもんね。
    でも、実力で頑張るって言ってたよね。
    それがここでバレちゃうわけだ。
    勿論出版社はまこちゃんと知らないで声をかけたわけだけど、ここでバレたら公正に判断してもらえない!

    そして、ふたりともちょうどいい人が近くにいたのね。
    お互い違う人物が出会うわけだ……(笑)

    立石君だったら、水戸さんに気づくだろうけど、妹ちゃんは……?
    う〜ん、楽しみ!

    作者からの返信

    砂漠ちゃーーん(///∇///)
    ほんと嬉しいこと言ってくれるじゃないの~~いつも!!感謝しまくりです(*^^*)

    そうなのです、まこちゃんの境遇、濃厚に汲み取ってもらえてて嬉しい……!!
    さすがの読解力(゜ロ゜)
    彼女の頑張りがここで少しは認めてもらえたっていう事実に大いに喜びたいけども……!!
    逆に武器ともなる知名度が邪魔をするという(笑)
    それに共に頑張ってきた『腐女子のJK』もいるしね( ´∀`)

    なんともまーペンネームに近い人物お互いいたわけでしてん(笑)

    次からの3章もお時間ある際に楽しんいただけるとまた私はニマニマします(*/∀\*)

    2021年6月19日 08:47

  • 2章 14.私は脳内で、スーパーパニッ…へのコメント

     あーーやっぱりこっちも身代わりですねっ!でもこれ本当、色々、手詰まり感があるんですが…。

     嘘って一度つくと、ずっとつきとおす必要が出てきますし。ドキドキハラハラじゃないですか。
     これ本当にどうなるんだろう?全然先が読めないですー。
     ああ、次の更新も楽しみ過ぎる。

    作者からの返信

    MACKさーーん\(^-^)/\(^-^)/
    いつもほんとーに!!ありがとうございます……!!
    いやーさすがMACKさん!
    そうなんですよ、これってどんどんドツボにはまっていく流れになりつつ進んでいますよね(笑)
    嘘ってほんと一度ついたらどんどんやばい方向へ進んで取り返しのつかないことになるって結構聞いたり(^^;

    今回で2章は終わり!ということで、3章以降のドタバターンもまた楽しんでいただけると嬉しいです\(^-^)/\(^-^)/

    2021年6月19日 08:34

  • 2章 13.僕は天国で、地獄。へのコメント

    うおおおー!
    ついにeditorから声がかかりましたね!
    うれぴー!

    え、mackさんは用心深いな〜。
    こんなの本物……じゃないの?

    てか、立石くん!
    何考えてる!
    妹を利用して、何をする!
    腐女子にするのか!?

    作者からの返信

    砂漠っちー!!おはようございます\(^-^)/
    コメントまで感謝感激でっす\(^-^)/
    そうなのです、ついについに……!!
    と言っても立石くんは、あわあわしていますねw
    さてさて、mackさんの予感は当たるのかなんなのか\(゚∀゚)/
    立石くんはね~、いやほんとなんかとんでもないこと考えてそうでしてん(笑)
    果たして良いのでしょーか。
    兄として、どうなのでしょーか。
    彼の選択でどうなっていくのか、3章以降も楽しんでいただけるとめちゃ嬉しいです……!!

    2021年6月19日 08:19

  • 2章 13.僕は天国で、地獄。へのコメント

     だめだ、爛れた汚れた大人だから、その編集怪しくないか?とか思ってしまったーwこれは素直に本物の編集さんからと思ってきっといいんですよね。でもまずその会社が実在するか検索して欲しいや…(警戒心)。

     二人がついに会うチャンス到来ですが、これ絶対本人行かなさそう!でもここで勇気出さないとダメだぞー。早く告白して!と思ったけど、コミュ障のコミュ障たる所以がここに。

     毎日の続き更新が待ちきれない作品です、じらされるぅ(;´Д`)

    作者からの返信

    MACKさぁぁぁん!!おはようございます\(^-^)/ほんといつも感謝です( T∀T)

    そしてMACKさぁぁん!(また)
    ははーん、そうきましたか、ははーん。
    お主もワルよのう……
    もうこれしか言えない(笑)

    そうなんです、これは二人が会うという大チャンスでもあるんですよ……!!
    お互いがお互いに『会ってみたいな』と思ってはいるので、いい機会だという……
    でも、問題がありすぎるという(笑)

    最後の一文で私はMACKさんにハートキャッチされますた。
    ハイパーエネルギーとなるお言葉まで本当にありがとうございます( T∀T)( T∀T)

    2021年6月18日 07:18

  • 2章 13.僕は天国で、地獄。へのコメント

    あれ?!続きは?!続きがないぞ?!
    出版社からコンタクトってすっごい大チャンスじゃないですか!!
    ほぼ無名だった二人がここまでこれたなんて、本当に相性良いんですね✨(創作としての)

    このままいけばとうとうお互いの正体がバレる…と思いきや由衣ちゃん!!もしかするとまこちゃんの正体だけ先にわかっちゃうのか?!それともまこちゃんも身代わりを…?
    続きが気になりますよ~~!!

    作者からの返信

    花さーーーん!!!最新まで読んでいただき本当にありがとうございます(///∇///)
    マジで嬉しいです……!!コメントまで( T∀T)
    私も一気読みしてる時、続きがないことにいつも戸惑います(笑)

    二人に大チャーンス!!!と思いきや……地獄という(笑)
    相性としては凸凹コンビな感じでバッチリかもですね( ・∀・)

    ネットからリアルで会うって今じゃ当たり前になりつつありますが、かなりのドキドキ事案ですよね~この二人もきっとそうだろうなと……
    二人は一体どんな行動を起こすのか、明日で2章は終わりでして、また3章もお付き合いいただけると嬉しいです\(^-^)/

    2021年6月18日 07:02

  • 2章 11.僕は学校で、心臓を打ち鳴ら…へのコメント

    水戸ーーーーーー!!!(笑)
    いやーしかし直球で体当たりしてきますね、まこちゃんは(^^)
    もっとこう(まさかあいつも…?いや見間違いかも…)みたいな感じになると思いきや小説を書いていることをソッコーでばらしちゃうまこちゃん(本当にこの子大好き)

    泥棒かぶりをしているまこちゃんに若干退いている癖にしっかりと笑顔とシャンプーに反応している立石くんも好きです(^^)/❤️
    なんとなく二人の恋は彼の方から始まりそうな予感ですね…?わくわく!

    作者からの返信

    花さーーん\(^-^)/いつも嬉しすぎるコメントまでありがとうございます……!!
    いやほんと叫びますよね(笑)
    私もすんごい勢いで彼に突っ込みたいですもんw
    まこちゃんはいつでもどこでも一直線な感じなのでパワフルすぎますよね( ・∀・)
    立石くんにはもう全てばれてるので、とことん素で話してみたい!という欲求がすごいのかもですw
    この性格こそがもしかするとこの話のキーになるかもしれません(*´艸`)
    立石くんの心情を察すると、だいぶカオスな感じでしょーか(笑)
    突っ込みたいし、ひいちゃうし、ドキドキもするし……がんばれ!!って応援しています、作者が(笑)

    2021年6月18日 00:06

  • 2章 12.私は愛の巣で、興奮冷めやら…へのコメント

     愛の巣が想像以上に愛の巣だったというか、マネージャー氏の一面を垣間見えて大変よろしい回でした。
     何をされてもクールなのがいいですね!それぞ水戸!

     しかしまこちゃん、ちょっとあからさまに貪欲すぎじゃありませんか。慎み深く、そういうものは物陰から見て堪能するものでは?真正面からガン見はちょっと!でもそれがまこちゃん!取材ですもんね!

     届いたメッセージが気になる所で続く…!くっ引きが強いっ!

    作者からの返信

    MACKさーーん(///∇///)おはようございます!!そしていつもありがとうございます\(^-^)/

    愛の巣、見てしまわれましたか……
    いやー興奮しちゃいましたねー私がw
    水戸っちは、突っ込み側に見えて私の中で結構な突っ込み待ち人物です(笑)

    まこちゃん、確かにあからさますぎますね( ・∀・)
    あのBカップルが(おもに健吾っち)が誘発しちゃってますね(*´艸`)
    そうです、これはまこちゃんのウハウハなおか……ではなく、れきっとした取材、でで( ・∀・)タブン

    あと2話で2章も終わりです!
    次の立石くん回もまたぜひともっ!!\(^-^)/いつもありがとうございます(///∇///)

    2021年6月17日 08:06

  • 2章 7.僕はコンビニで、イケメンに叫…へのコメント

    眠眠撃破……⁉
    めちゃくちゃヤバそうなドリンクだ!笑

    ちょいちょい出てくる「ゲイのおっさん」ってワードが……面白くて……(プルプル

    作者からの返信

    天ちゃま~~(*/∀\*)
    こちらにもありがとうございます(///∇///)
    打破じゃなくて撃破してくれますからね、撃破(笑)
    こっぱみじんですよw

    『ゲイのおっさん』というパワーワード、言われてみればそうですよねw
    もう連呼して使いすぎて、言われてハッとするという( ・∇・)
    立石くんももう慣れちゃっててさらっと使ってて違和感ないみたいですね( ・∇・)
    ペンネームやあだ名って絶対おかしい名前だったとしても言い慣れちゃうというこの恐ろしさ(笑)

    2021年6月16日 23:41

  • 2章 6.私はCM撮影で、ブツを欲する。へのコメント

    二次元と三次元が区別がつかなくなる……?

    なんか、どこかで聞いたような……

    ……体験したような?

    作者からの返信

    中村さぁぁん!!読んで頂きありがとうございます\(^^)/\(^^)/
    区別付かない日々でしょーか(笑)
    しかしそれってめっちゃ幸せなことですよね(///∇///)
    脳内で体験していることは、脳にとっては実際の体験と変わらないんです、ということは、2次元も現実\(^^)/\(^^)/ってことで(笑)

    2021年6月16日 23:32

  • プロローグへのコメント

    後れ馳せながら、新作と聞いて参上いたしました。
    自作が佳境を迎えてなかなか読む時間が限られますが、また読ませて頂きますね。

    作者からの返信

    アクリル板Wさまーー!!
    お忙しい中ありがとうございます……!!
    いつになっても大丈夫ですので(*^^*)
    またいつでも読みにいらして下さい\(^-^)/

    2021年6月16日 20:45