むさぼりヨムヨムで気づいたこと

作者 烏目浩輔

333

118人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ここでは、とりわけネット上の小説執筆にかかる手法について解説されている。私も気づいていなかったこともあったし、また、わざわざ意識していたわけでもないけれども、意外にきちんと文章を書き分けられる力があることも、改めて確認できた次第です。

特に、「漢字使用率チェッカー」というサイトがあることを知れたことは、ありがたかった。コメント欄ではこれとは別に、「文体診断ロゴーン」というサイトもあることをご教示くださっている方もおられたので、早速、そちらも試してみました。

サンプルにしたのが裁判の訴状や準備書面などでして、これは、かなり意識して滅茶苦茶書いているものですが、なるほど、漢字多用の効果は「絶大」でした(苦笑)。
しかしその反面、裁判を受ける権利についての解説や、裁判所法の解説についての文章はというと、漢字の使用はほぼ適正、と出ました。
全般的に、どの文章も「個性的」とされたのは、愛嬌でしょう(自画自賛的で申し訳ない)。

こういう形で、自分の書いているものを客観的に検証できるためのテキストを作ってくださったことに、感謝です。

★★★ Excellent!!!

文章を書くことに慣れていないと、たくさんの疑問がでてくる。 
文章の量は? 記号や空白などの使い方は? 読みやすい文書ってどんなものだろう? 

そんな悩んだりつまずいたりしている作家さんにおすすめします。
こちらの小説では、小説作成について書かれており、例文も交えているため、わかりやすく解説されています。

★★★ Excellent!!!

カクヨムでいろいろな作品を読まれている作者様が、ヨムヨムの中で気づかれたことをわかりやすい文章で書かれているエッセイです。

全10話でありながら、WEB小説の書き手として初心者な方には、役立つ情報が盛りだくさんですし、書きなれた書き手様は、復習として読まれてもよいかと思います(*´▽`*)

最近、ちゃんと読者様の方をちゃんと見て書けているかな、と不安に思われている作者様は、ぜひどうぞ。

★★★ Excellent!!!

 とても分かりやすいカクヨムの指南書でした。作者様の経験に裏付けされた、率直な感想があり、読み手側の意見が一目瞭然です。
 押しつけがましくない点や、はっきりと言い切っている点、また、具体例なども入っているのに、全十話ということで、とても読みやすかったです。
 カクことを一度でもしたことがある方、これから始める方、また、何故自分の作品が読まれないか悩んでいる方、必読の内容です。

 是非、御一読下さい。

★★★ Excellent!!!

我が道を行く場合は別として、読者に読んでもらえる文章を書くうえで、参考になるエッセイだと思う。

読む立場としては、このエッセイで書かれていることを守ってくれると、助かる。
せっかく内容が良くても、読めない場合があるから。


「漢字出現率」の話は、まったく同意見で、漢字をひらくのか、とじるのかというのは、悩ましい問題だ。

個人的におすすめなのは、和語、言い換えれば、訓読みする漢字を、なるべくひらくと、ちょうどいい具合になる。

たとえば、五月蠅いはうるさいと書く。

あと、漢字をひらくか、とじるかを決める際に、前後の文章とのバランスを考えると、さらに読みやすくはなる。


しかし、本文では触れられていないが、同じ漢字をひらいたり、とじたりするのは、文章作法上、よろしくないとされている。

だが、これも前後の文章のバランスを優先して、同じ漢字でも、ひらいたり、とじたりするのも、個人的にはありだと思う。

とくに前後にくる助詞との兼ね合いで。

たとえば、「来る」と「くる」とか。

★★★ Excellent!!!

個別には、”全十話”の全てにコメントをつけましたので、そちらに譲ります。

しかし、タイトルに示したように、古くはPCの普及(いや ワープロ専用機時代か?)時代から、足元で起きているスマホへの地滑り的な完全移行時代に向けて、日本語がどのような表記規則に収束するのか/させるべきなのか論になっています。
少なくとも大きな問題提起になっていると強く感じました。
これは、誰もが作者でもあり読者でもある時代の、一つの象徴的な問題だと思います。
個別の表記問題それぞれが、日本語全体を包む大きな問題を提示しているように思われました。

★★★ Excellent!!!

カクヨムで活動され、書籍化もされている作者様による創作論です。
と言っても堅苦しくはなく、体験に基づいているので、共感しながらエッセイ感覚でも読めます。
また、単に論を展開するだけでなく、具体例を示してくださるので分かりやすく、説得力があります。
これまで書かれてきた方はもちろん、初心者の方にも伝わりやすいのではないでしょうか。
おすすめです。