適当女は性悪姫を笑わせたい

作者 烏目浩輔

過去はキャンバスに叩き付けられ消える

  • ★★★ Excellent!!!

読み手の網膜を焼くのは黒と赤だけで塗り潰された絵。その絵の主は、ありのままで接してくれる「友」を得て変わる。ネタバレになるのでこれ以上は書けませんが、ちょっと特殊な環境、生い立ちにおかれた少女の小さな成長ストーリーです。あなたの心に絵の具はありませんか? 最後まで読めば、少量なら心のキャンバスに消せるかも知れません。どんな色でも。お薦めです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

七紙野くにさんの他のおすすめレビュー 928