適当女は性悪姫を笑わせたい

作者 烏目浩輔

軽さと重さが織り成す女子の友情

  • ★★★ Excellent!!!

周りから避けられている女子高生と、ふとしたきっかけで仲良くなる『適当』な女子高生のお話。

女子高生たちの心の機微と青春を丁寧な筆致で描きつつ、それでいてシリアスな設定もあり、軽妙な会話もあり、救いもある短編。

読後感のよい秀逸な作品だと思います。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

まったく異なる生い立ちを持つ二人の少女が、ひとつのチョコレートを巡って人生に重なりを見つけるような、何処にでもありそうで、だからこそかけがえのない、輝く友情を垣間見た気持ちです。
こういう友情の形、… 続きを読む

秋月一歩@講談社ラノベ文庫より発売中さんの他のおすすめレビュー 398