適当女は性悪姫を笑わせたい

作者 烏目浩輔

ただただ面白い。これぞ短編小説。

  • ★★★ Excellent!!!

質の高いショートフィルムを見ているような感覚になる、これはそんな小説です。
のらりくらりと自由に生きている「フウ」と、赤と黒の絵を描きながら何かに怒っている「黒姫」の、軽やかそうで実は濃密な心の交流を描いた、女の子の友情物語。

いや、「友情」というのも適切ではないのかも知れません。友情とは少し違うけれど、でも「心の繋がり」を描いた傑作です。

正直、この小説を説明するのは難しいです。でも、読んで欲しい。読み終わったあと、きっとこう思うはずですよ。

──あぁ、良いお話だったなぁ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

薮坂さんの他のおすすめレビュー 669