ダレカノツゴウ ~勝手に異世界召喚で魔王にされたけど私は士官学校で青春したい~

作者 沖田ねてる

216

77人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

両親からの重圧に耐えきれず、高校受験を失敗してしまった主人公・マサト。
ようやく両親から解放されて自由を得たと思ったら、今度は異世界に召喚されて魔王の新しい身体に選ばれて三年も眠っていたというとんでもねーことに……。
しかも目覚めたら目覚めたで、スパルタな英才教育が待っていたというヘヴィな始まり方。ひたすら主人公には報われてほしいと願うばかりです。

王道な異世界転生ファンタジー好きには是非読んでもらいたい作品です。

★★★ Excellent!!!

最初の我慢我慢なマサトには、もう思わず変わってあげたいってヤキモキしてました。
本当に心情を丁寧に書いていて、共感できるところがいっぱいで勉強になります。
とにかく、マサトがいい子すぎて……
学校に行って様々な問題抱えつつも最高の仲間に恵まれて、本当によかった……
どこまでも感情移入しまくりでした、最高に楽しい作品でした。

★★★ Excellent!!!

あなたは自分が思うように生きていますか?

当たり前のように学校、会社に行き、流されるように勉強や仕事をする。友達や同僚に合わせて会話をして、上手く生きる為に笑う。

親にはお前の為なのだから勉強しろと言われ、良い大学、良い会社に入れと言われる。社会に出れば、逆になるべく目立たないように振る舞いながら、ただ上司の指示に従う。そして、意味もなく頭を下げる。

いつの間にか「すみません」が口癖になっていませんか?

そんな中でも自分らしくありたいと思いながら、少しでも強くありたいと願いながら、泣いていませんか?

沖田ねてるさんの『ダレカノツゴウ ~勝手に異世界召喚で魔王にされたけど私は士官学校で青春したい~』は、自分らしく生きようと願う男の子の物語です。

自分で道を選び、学園で楽しんでいる主人公のマサトは、とても楽しそうですよ。

これからも困難はあるだろうけど、マサトを応援したくなる。そんな作品です(*´ー`*)

★★★ Excellent!!!

士官学校で生活を送りつつも、ちゃんとメインの話が進んでいき、楽しさの中に適度なスパイスが混ぜられていて、士官学校に入学した辺りから、ついつい、止まらず読んでしまいました。

メインとなるキャラクターたちは皆、何かしらの事情を抱え、それぞれの意思を持って士官学校に入学しています。それ故に、各々の個性が引き出されており、どのキャラにも愛着が湧きます。

また、細かな設定まで詳細に作り込まれていて、厚みのある世界観が魅力的です。主人公たちの裏で起こっている話や、敵陣営の動き、時には脇役のストーリーさえも描かれます。

主人公の辛い心情に関する描写は特に丁寧で、逆境の中でも自分の信念に基づいて行動する主人公を、応援したくなる作品です。

事情もあり、序盤は自分の意思を抑え込んでいるのですが、だんだんと、男子ならではの欲望に染まっていく姿には、思わず笑みが溢れます。これぞ、まさしく青春。

★★★ Excellent!!!

ストーリー序盤は、主人公のメンタル部分が非常に心配でハラハラしましたが、立ち向かうべきところでちゃんと戦ってくれるし、考え方や心情にとても共感できるので、読むほどにマサトくんはいい子だな、と感じていく話の作り方が良いです。

学校に入ってからは、楽しい仲間たちと楽しい時間が過ごせてよかったです!
わたしもマギーさんが好きになりました。

これからどうなっていくのか楽しみです。
マサトくん、がんばれ! がんばれ!

★★★ Excellent!!!

主人公は魔王に適しているという理由だけで魔王として育てられる。それに疑問を感じながら、厳しい教育にも自分が悪いと言い聞かせながら必死に耐えます。そして、奴隷の少女を助けたことをきっかけに物語は大きく動いていく。

最近の某弱キャラ○○みたいにヒロインが主人公に自分の考えを押し付けるようなとんでもアニメと違って自己啓発って本来こういうことだよなと。自分らしく自分がより幸せに生きていくこと、それは他の誰でもない自分にしか出来ないこと。どうせ変えることが出来ない他人の幸せより、ね。偉い人は言いました。「助ける?そりゃ無理だ。君が勝手に自分で助かるだけさ」そんな当たり前なことを忘れている人って結構いるんですよね。

その点主人公はかっこいいですねえ。

あと、自分が魔王だと正体を隠して士官学校に入るのも怪盗の正体を隠して学園生活を送るP5の主人公達みたいでカッコイイです。

これからの展開が楽しみです。

★★★ Excellent!!!

現実の世界でもっとも身近な人間、家族の都合に合わせて生きてきた主人公マサト。
そんなマサトが唐突に異世界へ召喚される。
そして待ち受けていたのは、更なる残酷な誰かの都合でした。

始まりからとても酷い環境下でマサトの心が潰されていく心理描写をとても丁寧に描かれていて、これだけで彼の幸せを願わずにはいられませんでした。
そしてそれを更に際立たせるのが、マサトの丁寧な語り口調の一人称です。
彼の強く柔らかな優しさがとてもよく伝わります。

そしてマサトは自分を尊重してくれる人達と出逢い、ゆっくりと自分を取り戻し始めます。
主人公と同じく、誰かの都合で自分の人生が大きく変わってしまった人達と共に、マサトはどんな道を歩むのか、これからも目が離せません。

たまに垣間見せる、思春期の男の子ならではのマサトの言葉にクスリとしつつ、熱い展開の戦闘シーンも魅せてくれるこちら作品。
王道だけれどオリジナリティ溢れる物語を、皆様も是非堪能して下さい。

★★★ Excellent!!!

かつて、身体がぴったりだからという理由で魔王にのっとられていた主人公。
魔王として育てられます。

奴隷の女の子を助けてから、主人公の世界が変わっていきます。

逃げて自分を取り戻そうとします。

魔王だということを隠しての、人国での学園生活。

戦争を終わらせたいという願い。

魔王に召還される前も後も期待された苦悩。

悪いやつらと対峙したときに、解放される魔王の力。
黒炎などの魔王でなければ操れない力。強いです。主人公無双です。

黒炎噴(B.F.ブースト)などの技もかっこいいです。

熱い展開。


痣の侵食など、主人公を蝕むものもあります。


敬語調の文体がいいです。

優しいマサトが魔王の力とどう向き合っていくのか、続きも期待です。

★★★ Excellent!!!

誰かのレールの上を走らされるーー主人公と似たような経験は、誰しもあるのではないでしょうか。
しかも主人公が自分の道を行くと決断する時、とても勇気のある行動だと胸を打たれました。
同じような経験があるからこそ、感情移入してサクサクと読み進めてしまいました。

あと、Web小説ではあまり見ない(自分が読んでるものが偏ってるだけかと思いますがw)丁寧口調な主人公視点の文体も、なんだか明治大正文豪の本を彷彿とさせ、懐かしくも一周回って新しいなと思いました。

マサトくんの育ちの良さを感じさせ、尚且つ彼の優しさが全面に伝わる文体で好きです。

★★★ Excellent!!!

厳しい両親は自分達の思うような結果が出せなかったマサトを見限り事実上捨ててしまう。
そんな彼が異世界転移を果たすがなんと瀕死の魔王に体を差し出せと言われ無理矢理乗っ取られる。
それから3年の時を経てなんと魔王は消滅し力だけ残してマサトまさかの復活! くるか快進撃! 無双!

と思いきや魔王らしくあれとまさかの教育スタート。両親のがかわいく思えるほどの教育にこうなったのは自分が悪いのだと考え出すマサト。

きっかけは奴隷の女の子を助けたとき。その子がマサトのことが心配だというその言葉。
マサトがマサトという人間を認識した瞬間、世界に色が付き始めたようなそんな感じを受けました。

この物語は1人称視点で、~です、~ます、~でした。といった丁寧な語り口調で語られます。これが真面目なマサトらしい。
そして登場人物も一癖も二癖もあり、真面目な語り口調やマサトとの温度差がいい感じで笑わせてくれます。

王道のようでどこか違う、マサトの行く末を見守っていきたいです。

★★★ Excellent!!!

 魔王の器となるため異世界に召喚された少年が、制御の難しい力に苦しみながらも成長し、王道を目指す異世界転生系ファンタジーです。
 地の文は基本的に主人公マサトの一人称ですが、彼の性格を反映した「ですます調」で語られるという珍しいもの。

 エリート家庭で厳しい期待に応えながら中学生活を送ってきたマサトは、高校受験に失敗し、両親から見放されてしまいます。気落ちしながらもはじめて得た自由を謳歌すると決め、滑り止めで受かった高校の新生活を楽しみにしていた彼は、しかし入学式の前日に異世界へ引きずり込まれてしまったのでした。
 召喚者の目的は、魔王の魂と相性がいい身体を得ること。ここにも、マサトという人格の居場所はありません。
 しかし三年後、意識を乗っ取り身体を自由に使っていた魔王が死んだことで、彼に転機が訪れます。

 果たせなかった、高校入学。街で出会った奴隷エルフの少女。思いがけない人国の者たちとの出会いと、彼らが口にした想いや未来の可能性。
 魔族に恐怖で支配され自分の道をあきらめていたマサトは、幾つかの出会いと別れを切っ掛けに、「士官学校」への憧れを強く抱くようになります。
 彼の内側には魔王の力があり、誰にも知られるわけにはいかない。それでも、今度こそは青春を謳歌したい――。

 苦悩の多い始まりと悲しみの多い旅の果てに、彼は個性的な友人たちを得ることになりますが、物語が動き出すのもそこからです。
 ちょっと変化球、されど異世界転生の王道も押さえた、バトルファンタジー。ぜひご一読ください。

★★★ Excellent!!!

 「ですます調」の作風に、最初は長閑(のどか)な展開を想像するのですが、序盤から激動の中に放り込まれ、いい意味で裏切られます。

 主人公は様々な出会いと別れを経験します。その都度、強くなろうと決意する主人公。彼はある思いを抱くようになり……

 とにかく展開が早いです。そして、個性豊かな登場人物に魅了させられます。コミカルな部分もあれば、胸に突き刺さるようなセリフありで、印象に残る場面ばかりです!

 俺様キャラでない魔王。しかし、彼はきっと魔王になる! そう思わせる展開も作者の術中なのでしょう。

 個人的には、下ネタ全開メイドがイチオシ!

★★ Very Good!!

悲惨な生い立ちの主人公が異世界にて魔王に乗っ取られる話……では終わらない。
魔王の魂は主人公の内側で死滅し、自我を取り戻した主人公を待っていたのは異世界での生活と魔王としての責務。それを成せるだけの資質は、死滅した魔王の置き土産として残されていた。
魔族側の思惑、主人公の苦悩、様々な思いが交錯する作品でした。

★★★ Excellent!!!

読み始めはよくあるチート異世界転生ものかと思いました。
ですが、実際は優しい青年が魔王の力を持つことになり……。
魔王の力も一種の呪いとなり満足に扱えず……。
苦しみながらも前へと進む物語です。

キャラクターも魅力的で主人公である優しい魔王――マサト。
マサトを支える奴隷エルフ――オトハ。
理屈ではなく直感を信じる没落貴族――デカチチ……ではなく、マギー。
口は悪いが根はいい奴――兄貴ことエドワル。

まだ物語は始まったばかりですが、ファンタジーが好きな方にはお勧めの作品です。

文章もまとまっていて情景や戦闘シーンなども読んでいてわかりやすいです。

是非とも読んでみて下さい。

★★★ Excellent!!!

異世界に召還された高校生マサト。
彼の視点で描かれる、壮大なファンタジー浪漫小説!

とにかく登場人物が活き活きとしており、
彼らのやり取りで笑えるのは、一度や二度ではないはずです。
私のお気に入りはマギーという女性なのですが、
現在公開中の最新話で一気にファンになりました!

お話は特別な力を得た主人公が、
悪に立ち向かう王道ファンタジーですが、
日常パートもとても面白くて、
基本的に丁寧な主人公の一人称が癖になります。

また作品のテーマも奥深く、
普段は淡々としているマサトが、
自分の生き方や他人への思いやりで心を揺らす姿は、
読んでいるこちらも胸を熱くします。

まだ物語りもはじまったばかり、
これから膨らんでいく大きな物語を、
あなたも是非、ご覧ください!

★★★ Excellent!!!

主人公は誰もがそうであるように与えられた環境が世界のすべてだと考えているような雰囲気を持っています。そして、自分の意志で何かを選択することを諦めています。ですが、彼は優しい人間であることを放棄していないのです。そして、選択の時は訪れます。彼が優しさと強い力の両方を手に入れた状態で何をしようと考えるのか。それをご覧ください。私は素敵な時間を与えてくれた先生に感謝しています。

★★★ Excellent!!!

常に抑圧された家庭環境に生まれた主人公。
自分の意志はことごとく無視されて、両親の都合に合わせて育っていきます。
そんな中、主人公は突如として異世界に飛ばされてしまいます。

多くの異世界転移物語では堅苦しい両親から解放された後のファンタジーに身を投じていくものですが、その異世界転移すらも先方の勝手な都合によるものでした。
おまけに異世界でも元の生活を凌ぐほどに辛い目に遭う主人公。

どちらの世界でも誰かに振り回され、押さえつけられてきた主人公が自分の動機で志を示す過程が丁寧に描かれている、良いお話です。

★★★ Excellent!!!

 魔王に体を乗っ取られ?!
召喚されたのは魔王に体を献上する為
だった?!
 ついてない持って無い高校一のマサトくん。
魔王となってヒャッホー!になると思いきや
魔王になるには心根が優しすぎた?!
 おかげで見ず知らずのエルフを助けるハメ
になりーーー?!
味方と思っていたジルさんに記憶処理をされる
と追われるハメになりーーー?!
 良い子すぎるマサトくんの逃避行からの逆転は
なるか?!
 応援、レビューをいただいたご縁で拝読しましたがこれからも応援します^ ^
 皆様も是非ご覧ください♪

★★★ Excellent!!!

本作は厳格な両親に育てられ、そして高校受験に失敗して見捨てられた主人公が、異世界の魔王に召喚されて身体を乗っ取られることから始まる物語です。
幸いにして自我が残った主人公でしたが、今度は魔王の部下たちから過酷な教育を受け、場所を異世界に変えただけではないかと悲観するのでした。

全ては自分が悪いのだと自己否定に囚われていた主人公でしたが、一人の奴隷のエルフ少女を救ったことから転機を迎え、やがて様々な出会いと別れを経て、物語は動き出します。
異世界を舞台とした作品、特に転生ものが好きな方にお薦めです。

★★★ Excellent!!!

主人公マサトの不幸な境遇に、それを支えるべく登場した仲間の優しさに心が癒されました。

まだ物語は序盤なので、これからどうなっていくのか想像がつきませんが、マサトと仲間たちがどんな展開を繰り広げるのか楽しみです。

ジュージュー私も食べてみたい。

今後の期待を込めて星をつけさせてもらいました(^ ^)