地方公務員になってみたら、配属されたのは流刑地と呼ばれる音楽ホールでした。【完結】

作者 雪うさこ

ここは音楽ホール、流刑地……ではない

  • ★★★ Excellent!!!

主人公の蒼は流刑地とささやかれる、音楽ホールに配属された。
そこには、個性あふれる男性職員ばかりで……

音楽の知識ゼロの蒼はとまどうばかり。

もう、毎日がブルー。そんな日常が、季節の移ろいとともに少しづつ変化していきます。
様々な人との出会い、職員たちとの一筋縄ではいかないおつきあい。
そして最大の出会いは、ドイツ帰りのヴァイオリニスト関口蛍。

彼と、お互いの背中を少しづつ押しながら、前進していきます。その姿が親友以上の感情を含んでいそうで、含んでなさそうで……微妙な心情をモダモダしながら読み進めたら……

最後、流刑地だった音楽ホールに立ち、蒼がみた風景をみなさんもいっしょに体感してください。
きっと、ブルーな風ではなく音楽の調べを含んだ、豊穣な風が心の中を吹き抜けることでしょう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

流刑地と呼ばれる星音堂へ配属された新入社員、熊谷蒼。
市役所に就職したはずが、外れの音楽ホールでの勤務になってしまった。ここはもう本庁には戻れない流刑地だという。

がっかりする蒼だったが、でも、そ… 続きを読む

澄田こころさんの他のおすすめレビュー 328