この世界には私が眠っている。~チートも無双も無い王道ファンタジー。だけど記憶も無いし言葉も喋らない~

作者 夜葉@佳作受賞

世界に眠った彼の記憶が起きる時、一体……

  • ★★★ Excellent!!!

フォローいただいたご縁で、この物語に出会いました。更新分まで読み終えましたので、レビューさせていただきます。

本作は記憶喪失の主人公が、完全無口で食い意地が強いヒロインと共に、とある街での生活を始めるところから物語が始まります。
第一章では、記憶を奪う通り魔という、彼らに関連性の強そうな事件が起きます。その中での出会いと衝突。感情を剥き出しにしながらの戦いは、高い描写力と相まって手に汗を握るものでした。
そして、現在までの更新分ではまだまだ謎が多く、今後の展開が期待されます。タイトルとあらすじで、主人公が転生者だと明記されておりますが、作中ではまだそのことについて言及されておりません。そして、絶対に何か知っている筈なのに、喋らない(もしかして喋れない?)ヒロイン。主人公の記憶がなくなってしまった理由とは。

まだまだ目が離せない、この物語。
他の皆さまも是非読んでみてください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

沖田ねてるさんの他のおすすめレビュー 307