目が覚めたら記憶がありませんでした。しかもこの世界、魔術を使うのに『記憶』が必要らしいです。~この世界には私が眠っている。~

作者 夜葉

148

56人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

序盤から散りばめられた謎と、異世界もの特有の理不尽さが極力排されていて、なおかつ文体も読みやすく、ストレスフリーで読書に没頭できる構成で一気に引き込まれました!
取り巻く人たちのリテラシーが軒並み高いのも、そこに繋がっていてキャラみんなに愛着が持てました!

つづきも頑張ってください!

★★★ Excellent!!!

主人公は少年ジャンプの主人公か?というくらいの正義感と性格をしています。
困っている人は全て救うような

王道のファンタジーではありますが、
主人公が記憶喪失な理由を知るには一章を全て読まなければなりません!

記憶喪失な主人公と無口なヒロインが出会った人達の思惑に巻き込まれていきます。
是非一読してみてください。

★★★ Excellent!!!

「引き込まれた⁉」
そういう作品でした!

始めのゴスロリ調という表現で、ゴシック調では……などと思いながら読んでいましたが、後から読み返すとゴスロリ調という表現でもしっくりきます。

また、主人公の発言が連発するなど、相対的にヒロインのキャラが立っていて勉強になる描写でした。

今後も楽しみにさせていただきます。

★★ Very Good!!

記憶が魔力、即ち強さに直結する世界で記憶を持たず、エーテルもない主人公シキは、何を思い、そして何を為すのか?

全ての鍵は無口なゴスロリ少女、ネオンが握っている。

一般的な異世界転生とは一線を画す問題作。

彼らの行く末を見届けるのは、あなただ!

★★★ Excellent!!!

フォローいただいたご縁で、この物語に出会いました。更新分まで読み終えましたので、レビューさせていただきます。

本作は記憶喪失の主人公が、完全無口で食い意地が強いヒロインと共に、とある街での生活を始めるところから物語が始まります。
第一章では、記憶を奪う通り魔という、彼らに関連性の強そうな事件が起きます。その中での出会いと衝突。感情を剥き出しにしながらの戦いは、高い描写力と相まって手に汗を握るものでした。
そして、現在までの更新分ではまだまだ謎が多く、今後の展開が期待されます。タイトルとあらすじで、主人公が転生者だと明記されておりますが、作中ではまだそのことについて言及されておりません。そして、絶対に何か知っている筈なのに、喋らない(もしかして喋れない?)ヒロイン。主人公の記憶がなくなってしまった理由とは。

まだまだ目が離せない、この物語。
他の皆さまも是非読んでみてください。

★★★ Excellent!!!


物語の内容をペラペラ説明してしまうことはありませんが、若干ネタバレ込みだと思います。








 記憶喪失の男が記憶を失った謎に迫る過程で通り魔事件の捜査に発展して、
 盛り上がる戦闘シーンへ続いていく流れは、構成の良さもあって引き込まれました。


 ○良かったと思う部分

『1』記憶喪失

 記憶喪失だから世界の常識を知らない。
 故に設定説明への導入が作りやすいのもポイントですね。
 しかも、その世界では知っていて当然の記憶が欠落
(それでいて問題なく会話が可能な言語はある)
 ということなので、実は異世界転生で現代人的な感覚の持ち主・・・
 だったことになっても


『2』ネオンについて

 個人的に一番キャラが立ってみえたのは、大量のサンドイッチを抱えているところ。
 ミコに対して「渡さねーよ」って感じになってるのがまさしく。
 食いしん坊なのか、はたまたよほどサンドイッチが好きなのか。
 読んでてクスっと来た部分ですね。


『3』伏線周り

 エーテルのくだり、ペンの爆発など、ところどころが伏線になっていて、
 先の展開に上手く繋がっていたと思います。
 ネオンは何故喋らないか、アイヴィの背景など、
 1章は1章としてまとめつつ、次の章へ繋がる仕掛けも良いと思います。



【大剣で期待したもの】

 大剣を紛失するところがありましたね。
 さて、ということは、もしや今後戦闘でピンチとなり、
 絶体絶命となったその時、
「シキ!これを使え!」
 仲間はいつの間にやら剣を見つけ出しており、
 それはシキの元へと帰って来る。
 そして私は言うのです。
「よ!待ってました」
 といった期待をしていたら、なんと敵がパワーアップ的な。
 属性も炎だったので、刀身に炎を纏わせ勇者パース。
 必殺技で突っ込むぞ!
 なんてシーンがあったら、私の好み的にはより最高で… 続きを読む