奇妙な男達/自選集(140字小説)

作者 塩塚不二夫

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全30話

更新

  1. 恩返し/再掲
  2. 人類の背景の人/再掲
  3. 頭上のセンチメンタル/再掲
  4. 野良の吉永小百合/再掲
  5. サヨナラ・ピカソ/再掲
  6. 冬虫夏草式~宿主の栄養素~/再掲
  7. 余韻エアプレイン/再掲
  8. 輪郭との離別/再掲
  9. 誰も出社できない/再掲
  10. 警告する満員電車/再掲
  11. I'm singing in the rain /再掲
  12. 記憶から喪失される男/再掲
  13. 哲学を超えた小屋/再掲
  14. そして私は唾だらけ/再掲
  15. 消失マッシュルーム/再掲
  16. 半透明の男達/再掲
  17. 空飛ぶ乳歯達/再掲
  18. 哲学的迷子/再掲
  19. 無回転コーヒー/再掲
  20. 吹き替えられる男/再掲
  21. 幻ミシュラン/再掲
  22. エンジョイする私の幽霊/再掲
  23. エコーのかかる愚痴/再掲
  24. 鳩の餌/再掲
  25. ウィークエンド成龍/再掲
  26. バス停の透明人間/再掲
  27. Go Go North/再掲
  28. 広義のカレー/再掲
  29. 新しい大仏とフライデーの表紙/再掲
  30. 点滅する鼻・不安な男/再掲