奇妙な男達/自選集(140字小説)

作者 塩塚不二夫

すこしふしぎと言わざるを得ない

  • ★★★ Excellent!!!

シュールと言ってしまえば確かに簡単なのですが、もっとこう、それだけでは表現しきれない奥深い味わいがある作品達です。ただの無作為な出鱈目では無くて、一定の説得力を伴った「小気味好い不条理」とでも言えばいいのでしょうか。
個人的に特に好きなのは『サヨナラ・ピカソ』『哲学的迷子』それから『幻ミシュラン』ですね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー