奇妙な男達/自選集(140字小説)

作者 塩塚不二夫

69

24人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

作者様が描かれるのは「少し不思議」なSFの世界なのですが、なんだかリアルで、思わず「あるある」と頷いてしまいます。
いや、「ないない」のはずなんですが……「そうそう、そういうことあるんですよね」と納得してしまうような、ちょっとリアルな世界観が繰り広げられているのです。
作者様はショートショートの作品をたくさん書かれているので、次から次へと読みたくなります。どれも逸品です。

★★★ Excellent!!!

透明人間、ミシュラン、冬虫夏草、フライデー……蓋を開けると出てくる「サラリーマン・パンドラ」が怪しくもおかしい……。世界を男たちが奇妙に駆け回り、飛び回り、普通に生活を送る。

塩塚不二夫さんの自選集ということで、作者にとってもマイベストなのでしょうが、私のヨムヨム本棚、シュール部門でも堂々1位でございますので、「シュールな男たち辞典」が並んだことをうれしく思います。

ここが入口であり、世界は無限に夢幻に広がっているのです。扉を開ける勇気を持ってください、きっと誰も後悔はしません。

★★★ Excellent!!!

作品には大きな意味と深みを求めるものだと思っていましたが、「それがなくても面白いんだ!」と目が覚めたようでした。
でも、意味のない文章をただ思いつくまま連ねただけでは、面白いかどうかは博打になります。人を惹きつけるシュールさというものをお持ちの方だと思います。

★★★ Excellent!!!

シュールと言ってしまえば確かに簡単なのですが、もっとこう、それだけでは表現しきれない奥深い味わいがある作品達です。ただの無作為な出鱈目では無くて、一定の説得力を伴った「小気味好い不条理」とでも言えばいいのでしょうか。
個人的に特に好きなのは『サヨナラ・ピカソ』『哲学的迷子』それから『幻ミシュラン』ですね。