昔から好きだった幼馴染が遊びに来て一緒に同棲

作者 二髪ハル

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全42話

更新

  1. プロローグ「遊びに来ちゃった♡」
  2. 「お世話するから一緒住もうよ」
  3. 「ずっと前から好きです。俺を姫の彼氏にしてください」
  4. 「お腹好きなの?」
  5. 「私も絵を描きたいな」
  6. 「だからおっぱい触らせてあげるって」
  7. 「ダメだよ。朝はしっかり食べないと元気でないから」
  8. 「お帰り大輔」
  9. 「だーめ。膝枕したいんだから。ジッとして」
  10. 「大輔の体。硬いんだね」
  11. 「一緒にお風呂に入ろう」
  12. 「つまり私が好きな匂いってこと」
  13. 「えへへ。また揉んで欲しかったら言ってね」
  14. 「……これから頑張らないとな」
  15. 「ほら、パンツだよ〜」
  16. 「あぁ、これは異常事態だ。この後、槍が降ってくるぞ……」
  17. こいつら酔っていてまともな判断が出来てないな……
  18. 「もしかして新婚旅行!?」
  19. 「センパイ。これから食事会ですよ?」
  20. 「そうそう。登校だよ。姫と出会ったの!」
  21. 「着いたー! 京都!」
  22. 「このまま。手を繋いでデートしたいな今日と明日も」
  23. 「大輔の水着姿見たい」
  24. 「あーー! 水着でお風呂って違和感あるね」
  25. 「大輔と同じ年だったら結婚出来たのにな……」
  26. 妄想「お勤めご苦労様。今日はごはんにする? それともお風呂にする?  それともわ・た・し?」
  27. 「ねえ、子供の名前は何がいい!?」
  28. 「じゃあ、ポーズはネコみたくしようか?」
  29. 「はい、あーん」
  30. 「お腹大好き、人間に改造されたんだね」
  31. 「あ、愛してます……」
  32. 「……あ! そういえば会社にお土産買うの忘れてた」
  33. 「そっか大輔。自分の玉は上手く扱えるのに、他のだと無理なんだね」 
  34. 「大輔が教えるから。頑張ろうって気持ちになれるんだよ」
  35. 「また、二人で行こうな」
  36. 「それで大輔は私の下着、干せる? にしし」
  37. 「……そういえば制服を着てなかったな」
  38. 「もしかして姫ちゃんと行ったんですか?」
  39. 「お、おかえりりゃひゃい!」
  40. 「失敗しちゃった!! キスしようと思ったのに!」
  41. 「話したいときに沢山話してみ。それでお互いの中が深まると思うぞ」
  42. 「こちらこそ、不束者ですがよろしくお願いします……」