大樹に立ち、青空を天に。

ななくさつゆり

大樹に立ち、青空を天に。

 在りし日のことを、夢で見た。

 私が彼から受け取った手紙に、綴られていたあの一節。

『薄雲すら振り払われた、どこまでも高く奥へとのびていく虚空の下で、僕は凪いだ空間に坐り、こうして君へ一筆したためている……』

 そうして私に宛てられた手紙もまた、朽ちてしまって手元にはない。

 それどころか、この世界にはもう私しかいなかった。

 いつから。

 いつ、私はこの世界で、ひとりきりになっちゃったのかな……。


 どこにでもいてどこにもいない、そんな孤独な鳥って、なにかしら?

 答えは、「ひとり」。

 人間がいなくなった世界に私の居場所はもう作れなくて、今度はそらに住居を作った。どこまでも伸びる高い樹から生えて絡む枝——それでも私を束ねて千人分くらいはある枝だけど——その間を伝って置いただけの、質素な小屋。

 そうして空の上で暮らし始めてからしばらく経つ。訪ねびともいない。家族もいない。かといって、私が訪ねていく先も、ない。


 そんな私が目覚めた朝。昨日と同じように、今日もまた目覚めてしまった。私の寝床は、白いタオルケットが適当に体に巻き付いているだけの、簡素な寝床でしかない。寝転がっていても涼やかな風を感じられるほどには、やや冷めた朝だった。

 視線を少し外にやると、窓から空がのぞめる。空の青がとても透いて感じられた。下の方に敷かれた雲は、偏西風に身を任せているのか、とても快適そうに流されている。ふいに、届くはずもない雲にむかって手を伸ばした。仰向けに寝転んだままで。

 シーツが頬に触れる。風にあおられているのがわかった。どうやら窓を開けっぱなしにして寝ていたらしい。

 それから少しして、誘われるように軒先へ出た。不思議と朽ちないサンダルを足に差して。


 眼下に広がるのは雲と大地じべた


 風に流される雲を見下ろせば、その雲間から覗けるのは敷き詰められた土くれ、といったていの大地。そこを覆う苔のような緑が森林だろう。その大地をなだらかな海が囲んでいる。

 それは広く深く、この地球ほしの重力にひかれてへばりつくようだった。


 ただ、そうして広がる世界はとても穏やかで、とても物静かで、雄大で。それでいて悠久を感じさせる。

 耳元でそよぐ風の音すら鳴るかのような、静けさに囲まれた空間だった。


 それはとても心地いい。

 眼下の景色を眺めているだけで、頭がぼうっとしてくる。


 無常——。そこに彼らの面影はない。

 世界にはもう私ひとり。それを実感させられる。

 ただ、それでもこの世界は、途方もないほどに美しかった……。


 人間がいなくなった後も、この地球はとても快適に回っている。人間なんて、はじめから関係なかったとでも言いたげなほどに……。ほんの少し——ほんの少し前まで、人間がうごめいては痛めつけていた大地だと思えなかった。私は、そんな原初に還ったかのような大地を、空の上から眺めている。


 彼らの痕跡は、もうごくわずかにすら残されていない。

 生命がそばで滞在することのない住処なんて、あっという間に朽ちていく。

 ただ、私ひとりだけになるなんて、思っていなかったな……。


 あなた、言わなかったかしら。


『いつか、必ず会いに行くよ』


 そう言ってくれたあなたまで、いなくなってしまったじゃない。


『たとえどんな困難が待ち受けていても。きっと』


 そう言ってくれたあなたは、いつ私のもとへ来るの。


『きっと——十年、いや、五年——。ただ、いつになったとしても』


 その年月に、いくつの周期をかけあわせたら、今になるのだろう。


 それでも会えばわかってくれるかしら。

 言葉を交わせばわかりあえるかしら。


 ——いいえ。


 一陣の風が舞った。


 ただ、ヒトがいた在りし日。

 そこに時が巻き戻されることはない。


 空の上から見下ろした先に目を凝らすと、海沿いの崖にあなたと過ごした草原を見つけた。そこにはかつて掘っ立て小屋があって、陽だまりで筆を執り、物静かに時と興じるあなたを思い出すことができる。

 その面影すら、この世界から消えていた。

 思い出は風に浚われ、手紙は朽ちて空に散った。代わりに、風が私を包んでいる。


「もう、そんなに経っていたのね。あなたと別れてから」


 ヒトが去ってからも時は過ぎて行く。その徒然な流れだけが私を慰めてくれるのだろうと思いながら、今日も私は目覚めて世界を見下ろしている。

 そのときはじめて、彼と過ごした記憶すら、消えかけていた自分に気づいた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

大樹に立ち、青空を天に。 ななくさつゆり @Tuyuri_N

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ