後宮武侠物語

作者 古月

いやぁ、面白かった。この路線は好きだな。

  • ★★★ Excellent!!!

中国拳法を描きたかったから中国の古い王朝ぽい世界にしただけで、基本は単なる武侠小説と言う認識で読み進めた。それでも素直に面白いと熱中していたら、最後の後日譚で驚いた。
これって史実を踏襲した歴史小説だったんですね。
主人公が、市井じゃないけど、無名な人物だから、中国史と関係してくるなんて予想もしてなかった。
ネタバレには相当しないと思うが、日の光を浴びる歴史上の人物で言えば、あの大帝国の唐王朝の二代目から三代目にかけて。
ここからはネタバレに注意しながら書くが、Wikipediaは三代目を馬鹿にしている。史実では日本の白村江の戦いにも関係してくる、彼の妻も本作品にはシレっと登場している。
作中で流布される不吉な「武…」の噂話も、後付けで史実を知ると「あ、はん‼︎」みたいにニヤリとするガジェットだ。当時の巷間に流れたか否かは存ぜぬが、何とも細かい設定である。
脇役から言及してしまったが、主人公も興味深いキャラだ。先に「無名な」と形容したが、だからこそ映画タイタニックのディカプリオみたいな存在感を放つ。女性ですけど。
主な舞台が後宮なので登場人物の過半が女性だけど、深い意味で殆どの人物が中性的。フェロモン度は希薄で、奥深い人間性のキャラ設定がなされている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

時織拓未さんの他のおすすめレビュー 560