バイトのおばちゃんが押したのは、最終破壊兵器の起動ボタン

作者 ぬまちゃん

この面白さを、誰でもいいからお伝えしたい!!!

  • ★★★ Excellent!!!

どこかのページで必ず、笑いの発作が発動する。それは、間違いありません。

タイトルを見ると、おばちゃんが中心になって活躍する物語なのかなあ?…などと思いながら読み進めていくと…これは「オオテマチビル」に関わる人々の、壮大な群像劇なのだ、という事がわかります。

それぞれが、それぞれの思惑によって、本能の思うがままに動き、喋り、考え、身を守り、時々エッチな妄想をしたりしながら、…あと何秒かで日本を破壊しようとする起動システムを、何とか停止しようと頑張ります!!

読者はいつの間にか、色んな登場人物に共感したり入れ込んだりしながらついつい、頑張れー!!…と、応援したくなってしまいます。

※私は、14階のOLさんが1番好きです。

この感動と沸き起こる笑いを、どなたかにお伝えしたくて、たまらなくなりました。

また何度もこのビルに、遊びに来させていただきますね!!

この出会いに、心から感謝致します!!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

とさまじふさんの他のおすすめレビュー 49