今宵の夜伽は、君に捧げる。

作者 美澄 そら

四人に見つめられるような、いろ鮮やかなる恋愛物語!

  • ★★★ Excellent!!!

薄暗がりに朱衣が見つけた、傷付いた怪鳥。
『それ』は、東の国からやって来た妖だった。

朱衣をめぐって、各々突出した腕を持つ三人の皇子が、静かにしかし大胆に、朱衣を読み手を魅了しにかかる。
そこに、怪鳥も加わって……?!

いわゆる逆ハーレムな、いにしえの中華風恋愛物語。
はてさて、あなたの推しは誰になりますやら。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

舞台は中華風の皇宮。
三人の皇子と一人の書庫係の女の子、そして一人の妖。
皇子達はそれぞれ全く異なった性格をしておりますが、皆主人公の書庫係の女の子、『朱衣』に惹かれております。彼らは、朱衣の父親に… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

 中華ベースの異世界宮廷で織りなされる、溺愛系恋愛ファンタジーです。
 気質の違う三人の皇子、そして美しい妖鳥が想いを向けるのは、宮仕えをしているしっかり者のヒロイン。三者一羽の愛情はまっすぐでわか… 続きを読む

佑佳さんの他のおすすめレビュー 152