第11話レワム国へ

レワム国はレルワ族が住んでいる国でレルワ国の王リムアが治めている国で他には兵隊、兵隊長クレアが毎日訓練内容を変えて訓練場で兵隊達を鍛えている


レワム国にはレルラ城がありその中でリムア王や兵隊達が暮らしている


魔導剣士エリクとリカル国の少女セリアはコカラ湿原の出口からレワム国に入って椿の近くにあるベンチを見つけてそのベンチに座り魔導剣士エリクはセリアにこう言った


「セリア、疲れていないか?」


あお馬導剣士エリクはリカル国の少女セリアに言うとセリアはこう答えた


「私、少し疲れました、少し休ませてください」


そうリカル国の少女セリアが言うと魔導剣士エリクはセリアにこう答えた


「そうだな、俺も少し疲れた、もう夕方だ、明日は次に向かう国を地図で決めて明日向かう船の場所と今日泊まる宿屋の場所を見て後明日船がいつ出るかをこの国の人に聞こう」


そう魔導剣士エリクは言うとリカル国少女セリアはこう答えた


「それがいいと思います、もう夕方なので」


リカル国の少女セリアがそう言うと魔導剣士エリクは軽く頷きこう言った


「そうだな、そうしよう」


魔導剣士エリクはそう言うとカバンの中から地図を出して広げてみてリカル国の少女セリアにこう言った


「セリア、明日向かう国は西の大陸の北のセリワ国だ、そして西の大陸のセリワ国に向かう船乗り場の場所は左上にある、そして今日泊まる宿の場所は右下の6軒目にある、今日はその宿に泊まろう」


そう魔導剣士エリクはリカル国の少女セリアに言うとセリアは軽く頷きこう言った


「分かりました、エリクさん」


魔導剣士エリクはリカル国の少女セリアにそう言うとカバンの中に地図をなおしてリカク国の少女セリアと共に右下の6軒目を目指して向かっているとこの国に住んでいるレルワ族の一人に遇ったので声をかけてみた


「すみません。そこの人、お聞きしたいことがあるのですが?」


そう魔導剣士エリクはレワム国に住んでいるレルワ族の一人に声をかけるとレルワ族の一人は立ち止まってこう聞いた


「私に聞きたいことって何ですか?」


そうレワム国に住んでいるレルワ族の一人が聞くと魔導剣士エリクはこう答えた


「西の大陸の北のセリワ国行き船は明日のいつ出るんですか?」


そう魔導剣士エリクはレワム国に住むレルワ族の一人にそう聞くとレルワ国民はこう答えた


「西の大陸の北のセリワ国行きの船は明日の朝に出るよ」


そうレワム国に住んでいるレルワ族の一人はそう答えると魔導剣士エリクはレルワ族の一人にこう言った


「ありがとうございます」


そうレワム国に住んでいるレルワ族の一人に言うとこう返した


「良いって事よ、困った時はお互い様だ、じゃあな」


レワム国に住むレルワ族の一人と魔導剣士エリクとリカク国の少女セリアは分かれて左上の船乗り場の左隣のレルラ城の右隣の訓練場の右下の城下町の6軒目の宿屋に向かって行き宿屋に付いたので魔導剣士エリクは宿屋のドアを開けてリカク国の少女セリアと共に宿屋に入って宿屋の女将にこう質問した


「すみません、一晩泊まりたいんですが空いてる部屋ってありますか?」


宿屋の女将にそう魔導剣士エリクは尋ねると宿屋の女将はこう答えた


「ハイ、一部屋ならございますよ、何人で泊まりますか?」


スマ導剣士エリクに宿屋の女将は尋ねるとこう答えた


「二人です、二人で一部屋で大丈夫です」


あお馬導剣士エリクは答えるとリカル国の少女セリアに魔導剣士エリクはこう聞いた


「セリア、二人で一つの部屋を使う事にしたけど良かったか?」


魔導剣士エリクはそうリカル国の少女セリアに聞くとセリアはこう答えた


「良いですよ、私はエリクさんと一緒の部屋で」


掻魔導剣士エリクにリカル国の少女セリアが言った後宿屋の女将はこう魔導剣士エリクにこう言った


「分かりました、部屋に案内します。私に付いて来てください」


そして魔導剣士エリクとリカル国の少女セリアは宿屋の女将に付いて行き部屋に案内された


そして部屋の前に付くと宿屋の女将は魔導剣士エリクとリカル国の少女セリアにこう言った


「料理は後でお持ちしますね、ゆっくりして下さい」


掻魔導剣士エリクとリカル国の少女セリアに行って宿屋の店主は後ろへと下がっていくとそれを確認した魔導剣士エリクとリカル国の少女セリアは部屋に入りドアを閉めて魔導剣士エリクとは椅子に座って明日のことをセリアに話した


「セリア、明日の予定なんだが明日はこの宿屋を朝早くに出て右上の訓練場の左隣のレルワ城の左上の鮒乗り場に向かおう、そして船に乗って西の大陸の北のセワム国に行こう」


掻魔導剣士エリクはリカル国の少女セリアに言うとセリアはこう答えた


「そうですね、分かりました」


掻魔導剣士エリクにリカル国の少女セリアは言った後こう言った


「エリクさん、この部屋は広いですね」


そうリカル国の少女セリアが言うと魔導剣士エリクはこう言った


「そうですよ、まぁこの位が普通でしょう」


そして宿屋の仲居がドアを叩いてこう言った


「料理をお持ちしました、開けてください」


そう宿屋の仲居が言うと魔導剣士エリクはリカル国の少女セリアにこう言った


「セリア、開けてあげなさい」


そうリカル国の少女セリアに魔導剣士エリクは言うとセリは軽く頷きこう言った


「分かりました、エリクさん」


そうリカル国の少女セリアが言うとドアをセリアが開けて宿屋の仲居が机の上に料理を置いてそれを魔導剣士エリクとリカル国の少女セリアは確認して宿屋の仲居が後ろへと下がっていくのを見た後料理を魔導剣士エリクとリカル国の少女セリアがいすに座って了以を食べた後ベットの上に魔導剣士エリクはカバンと剣を置いてセリアと一人ずつのベットに横になり一晩過ごした

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます