第2話tタサラ草原へ

魔導剣士エリクは少女と一緒にクリカ国の左上のタサラ草原に向かっていく途中で魔導剣士エリクは少女に話しかけていた


「君はどうして一人だったのかい?親はいないのかい?」


そう魔導剣士エリクは少女に話すと少女は口を開いてこう言った


「渡しの親は私が16歳になると私を捨ててどこか遠い所へ行ってしまったの、だから親はいないのと同じよ」


そう少女が話すと魔導剣士エリクはこうは聞いた


「それは可哀想に。俺の名はエリク。異世界の冒険をしている魔導剣士だ、君の名はなんて言うんだ?」


そう魔導剣士エリクが訊ねると少女は答えた


「私はセリナ、セリアって呼んでください、私なんかがあなたの冒険に行くのに付いて行っても邪魔にならないですか?」


そうリカル国の少女セリアが言うと魔導剣士エリクはこう答えた


「邪魔なんかにはならないよ、君は奴隷なんかなりたくなったかから嫌がっていたんだろ!、俺は嫌がっている君を見て放っておけなかったんだ、だから君を助けて異世界の冒険に一緒に行こうと考えて行動をしたまでだ。気にするな」


そう魔導剣士エリクが言うとリカル国の少女セリナはこう答えた


「分かりました。気にしないようにします」


魔導剣士エリクにリカル国の少女セリアはそう言うと魔導剣士エリクはこう言った


「先を急ごう、早くしないと日が暮れてここから進めなくなる」


そして魔導剣士エリクとリカル国の少女セリアが先に行こうとするとモーネル、キウルでという魔物達が現れてきて行く手を塞いできたので魔導剣士エリクは剣を鞘から構えてさやから出してこうリカル国の少女セリアにこう言った


「セリナ、君は俺の傍を離れるな!」


そうリカル国の少女セリナは魔導剣士エリクに言われて軽く頷いた


すると軒を構えていた魔導剣士エリクにモーネルが攻撃をしてきた


モーネルはハリネズミの魔物でエリクに向けてとげの針を飛ばして来て攻撃をしてきたがエリクは攻撃を避けて剣に向かって魔力を流してイナスマブラストと唱えて剣から強力な雷の竜巻を出して攻撃していき倒していく


キウルは木の魔物で鋭く尖った木の枝を幹から出してエリクに攻撃してきたがエリクは攻撃を避けて魔力を剣に流して炎球剣と唱えて剣に火炎球を出してキウルに攻撃していき倒していく


魔導剣士エリクはカバンの中からポージョンを2本出してリカル国の少女セリアに渡してこう言った


「さぁ、これを飲んで」


魔導剣士エリクにそう言われると軽く頷きポージョンを飲んだ


リカル国の少女セリナがポージョンを飲み終わると魔導剣士エリクはポージョンを飲みリカル国の少女セリアはタサラ草原の北にあるモオタ国に向かっていきタサラ草原の出口からモオタ国ヘ入っていく



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます