第6話レテル森へ

魔導剣士エリクとリカル国の少女セリアはソウム国の右下の城下町の右上の訓練場の左隣のソタル城の左上のレテル森へ向かって行きとレテル森の中を歩いていくとキラル、フェネルと言う魔物が現れた

魔導剣士エリクは剣を鞘から出し構えるとリカル国の少女セリアにこう言った


「セリナ、君は俺の傍を離れるな」


そう魔導剣士エリクはリカル国の少女セリアに言うとセリナ軽く頷いた


すると剣を構えていたエリクにキラルが攻撃してきた


キラルはバッタの魔物で鋭い歯でエリクに攻撃をしてきたがエリクは攻撃を避けて魔力を剣に流して桜雷剣と唱えて素早くキラルに近づいて雷を纏わした剣で斬っていき倒していく


フェネルはイタチの魔物で鋭く尖った爪と歯でエリクに攻撃をしてきたがエリクは攻撃をかわして剣に魔力を流して雷長剣と唱えて剣に雷を纏わせて剣から雷の鳥を出して攻撃していき倒していく


魔導剣士エリクは剣を鞘になおしてレテル森で一休みしてカバンの中からポージョンを2本出してリカル国の少女セリアに一つ渡してこう言った


「これを飲みなさい」


リカル国の少女セリアに魔導剣士エリクは言うとセリナは軽く頷きポージョンを飲んだ


リカル国の少女セリアがポージョンを飲んだ後魔導剣士エリクもポージョンを飲みレテル森の北に向かって行きリカル国の少女セリアと共にレテル森の出口からソラオ国へ入っていく

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます