第21話デムハ国へ

デムハ国はデルス族が住む国でデルス族の王キコルが治めている国で他には兵隊、兵隊長のエワスが居る国で兵隊長のエワスが毎日訓練内容を変えて訓練場で兵隊達を訓練している


デムハ国にはレサタ城がありその中でデルス族の王キコルや兵隊達が暮らしている


魔導剣士エリクとリカル国の少女セリアはリムス平原の出口からデムハ国に入ってすぐのところにあるヤシの木の近くにベンチを見つけてそのベンチに座り魔導剣士エリクはリカル国の少女セリアにこう言った


「セリア、もう夕方だ、強はこの国の宿に泊まろう、その前に次に向かう目的地を決めてその国に行く船乗り場の場所を確認して明日向かうためにその船がいつ出るかをこの国の人に聞いておこう、そして宿屋の場所も確認しておこう」


魔導剣士エリクはリカル国の少女セリアにそう言うとセリアはこう答えた



「そうですね、そうしましょう」


掻魔導剣士エリクにリカル国の少女セリアは言うと魔導剣士エリクは軽く頷きながらカバンの中から地図を広げてみながら地図で次に向かう目的地と船乗り場の場所を確認してその後宿屋の場所を確認してセリアにこう言った


「セリア、次に向かう目的地は北の大陸の南のレニム国だ、北の大陸の南のレニム国に行くには左上にある船乗り場に向かえばいい、そして今夜泊まる宿屋の場所は右下の城下町の7軒目にある」


魔導剣士エリクはリカル国の少女セリアに言うとセリアはこう言った


「分かりました、まず先にこの国の人に明日向かう北の大陸の南のレニム国に向かう船がいつ出るか聞きましょう」


掻魔導剣士エリクにリカル国の少女セリアは言うとエリクは軽く頷いてこう答えながらカバンの中に地図をなおした


「そうだな、そうしよう」


そして魔導剣士エリクと共にリカル国の少女セリアはベンチから立ち歩き歩いていくとデムハ国に住んでいるデルス族の一人に出会ったので魔導剣士エリクは声をかけてみた


「すみません。お聞きしたい事があるのですが?」


「何だ!、俺に何か用か?」


「ハイ、よろしいですか?」


「あぁ、いいさ」


「北の大陸の南のレニム国に明日行きたいですか船は明日のいつ出ますか?」


「船がいつ出るかか!?、船は明日の朝に出るよ。北の大陸の南のレニム国行きの船なら」


「分かりました、有難うございます」


「困った時はお互い様だ、気にするな」


魔導剣士エリクとリカル国の少女セリアはデムハ国のデルス族の一人と別れてセリアはこう言った


「エリクさん、北の大陸の南のレニム国に向かう船がいつ出るか分かって良かったですね、早速宿屋に向かいましょう」


リカル国の少女セリアは魔導剣士エリクにそう言うとエリクは軽く頷きこう言った


「そうだな、早速向かおう」


そうリカル国の少女セリアに言うとセリアはこう答えながら魔導剣士エリクと共に宿屋へ向かって行く


「そうですね」


そして魔導剣士エリクと共にリカル国の少女セリアは宿屋に向かって行き宿屋に付くと魔導剣士エリクはドアを開けてリカル国の少女セリアと一緒に宿屋に入っていき宿屋の女将に訪ねた


「すみません、一晩泊まりたいんですが空いている部屋はありますか?」


すると宿屋の女将はこう答えた


「一部屋ならありますが何人でお泊りですか?」


宿屋の女将がそう聞くと魔導剣士エリクはこう答えた


「二人です、二人で一部屋で使います」


掻魔導剣士エリクは宿屋の女将に言った後リカル国の少女セリアにこう言った


「セリア、二人で一部屋使うことに決めたが良かったか?」


魔導剣士エリクはリカル国の少女セリアはこう答えた


「エリクさんがそう決めたんなら私はそれでいいですよ」


そうリカル国の少女セリアが言うと宿屋の女将はこう魔導剣士エリクに言った


「分かりました」


そう言う魔導剣士エリクに宿屋の女将は言うと宿屋の女将にエリクはこう言った


「その部屋に案内して下さい」


掻魔導剣士エリクは宿屋の女将に言うと宿屋の女将はこう答えた


「分かりました。部屋に案内しますので私についてきてください」


そう魔導剣士エリクに宿屋の女将は言うと魔導剣士エリクは軽く畝付きリカル国の少女セリアと共に宿屋の女将について行き部屋に案内されて部屋の前に着くと宿屋の女将は二人にこう言った


「料理は後でお持ちしますね」


そう言って宿屋の女将が後ろへ下がっていくと魔導剣士エリクとリカル国の少女セリアは部屋のドアを開けて部屋に入りドアを閉めて魔導剣士エリクは椅子に座って明日の事をリカル国の少女セリアに言った


「セリア、明日の事だが明日はこの宿を朝早くに出て右上の訓練場の左隣のレサタ城の左上の船乗り場に行き船に乗ってきたの大陸の南のレムニ国へ向かおう」


そうリカル国の少女セリアに言うとセリアは軽く頷きこう魔導剣士エリクに言った


「分かりました、そうしましょう、今日はこの宿屋でゆっくりしましょう」


そして宿屋の仲居が部屋のドアを叩いてこう言った


「料理をお持ちしました、ドアを開けてください」


掻宿屋の仲居がそう言うと魔導剣士エリクはリカル国の少女セリアにこう言った


「セリア、開けてあげなさい」


そうリカル国の少女セリアに魔導剣士エリクは頼むとセリアはこう言った


「分かりました」


掻魔導剣士エリクにリカル国の少女セリアは言うと部屋のドアを開けると屋ドアの仲居が部屋に入り机の上に料理を置き魔導剣士エリクとリカル国の少女セリアはそれを確認した後、宿屋の仲居が後ろへと下がっていくとリカル国の少女セリアも椅子に座って料理を食べた後魔導剣士エリクと共にベットに行き魔導剣士エリクはカバンと剣をベットの横に置いて一人一人のベットに寝て一晩過ごした

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます