第22話北の大陸の南のレニム国へ

魔導剣士エリクとリカル国の少女セリアは朝早くに目覚めてそれぞれのベットから出て魔導剣士エリクはベットの横に置いたカバンと剣を持ちリカル国の少女セリアと共に宿屋を出て右上の訓練場の左上のレサタ城の左上の船乗り場に向かって行き船に乗り場に着くとそこにはデムハの住む数少ないデルス族がいた

そしてデムハ国のデルス族の船の船長ホスガが操縦室から搭乗口のボタンを押して搭乗口の扉を開けて船から降りてきて数少ないデルス族を船に乗せた後魔導剣士エリク達の元に近づいてきて声を掛けてきた


「君達、見たこと無いけど何処から来たんだ?」


「俺達は東の大陸の中の国のリカル国から来ました」


「この船は北の大陸の南のレニム国に向かうがお前達も乗るのか?」


「ハイ、俺達も乗ります、この船で北の大陸の南のレニム国に何分で着きますか?」


「30分だ、船の操縦室から何か珍しい生き物が居たら教えるから早く船に乗れ!」


「分かりました」


魔導剣士エリクとリカル国の少女セリアはデムハ国のデルス族の船の船長ホスガにそういうと二人は船に乗り船の右甲板の席に座るとデムハ国のデルス族の船の船長ホスガも船に乗り操縦室の搭乗口のボタンを押して搭乗口の扉を閉めて操縦室からこう言った


「船を出すぞ」


そう言って汽笛を鳴らしながら船のエンジンをかけてデムハ国の船乗り場から船を出してきたの大陸のレニム国に向けて向かって行く


そしてデハム国の船乗り場から船が出て10分後、デムハ国の船の船長ホスガが操縦室からこう言った


「船の右甲板の右の海に人魚が泳いでいるぞ」


その声が聞こえたリカル国の少女セリアは魔導剣士エリクにこう言った


「エリクさん、右甲板の右の海に人魚が泳いでるみたいですよ、行って見てみませんか?」


そう魔導剣士エリクにリカル国の少女セリアが言うとエリクはこう言った


「そうだな、セリアも一緒に見に行こう」


魔導剣士エリクはリカル国の少女セリアに言うとセリアはこう言って右甲板の席を立ち二人は右の海を見に行った


「そうしましょう」


そして二人は右甲板の右の席を立ち右の海を見に行くとそこには人魚の群れが居泳いでいた


そして人魚の群れを見た二人はこう言った


「これが人魚かぁ、キレイだなぁ」


そう言って二人は右甲板の右の海から右甲板の右の席に戻り座った


そして15分後、デムハ国のデルス族の船の船長ホスガは操縦室からこう言った


「左甲板の左の海にシャチが泳いでいるぞ」


その声が聞こえたリカル国の少女セリアは魔導剣士エリクにこう言った


「エリクさん、左の甲板の左の海にシャチが泳いでいる見たいですよ

行って見てみませんか?」


魔導剣士エリクに言うとリカル国の少女セリアにエリクはこう答えた


「そうだな、セリアも一緒に見に行ってみよう」


そうリカル国の少女セリアに魔導剣士エリクは言うと二人は右甲板の右の席から立ちあがり左甲板の左の海を見た



するとそこには沢山のシャチの群れが泳いでいた


そして二人はシャチの群れを見た後こう言っていた


「これがシャチかぁ、勇ましいな」


そして二人はシャチの群れうぃみたあと左甲板の左の海から左甲板に行った後右甲板の右の席に戻り座った


そして5分後、デムハ国のデルス族の船の船長ホスガは汽笛を流して操縦室からこう言った


「北の大陸の南のレムニ国の船着き場が見えてきたぞ」


その声が聞こえた魔導剣士エリクはリカル国の少女セリアにこう言った


「ようやく北の大陸の南のレムニ国の船着き場が見えてきたぞ、ようやく着くな」


そしてリカル国の少女セリアは魔導剣士エリクにこう言った


「そうですね、ようやく北の大陸の南のレムニ国ですね」


そして二人が話をしていると船は北の大陸の南のレムニ国の船着き場に着きデムハ国のデルス族の船の船長ホスガはエンジンを斬り操縦室にある搭乗口のボタンを押して搭乗口の扉を開けて数少ないデルス族とリカル国の少女セリアと魔導剣士エリクを降ろした後ホスガ船長も搭乗口から降りた


そして魔導剣士エリクとリカル国の少女セリアはデムハ国のデルス族のホスガ船長のもとに行き魔導剣士エリクは声を掛けた


「ホスガ船長、貴方に言いたいことがあります」


「何だ!?エリク」


「船の操縦室から人魚やシャチと言う珍しい生き物が見られたのは貴方のお蔭です

有難うございました」


「何だ、そんな事かぁ!?、その事なら気にするな」


「それより二人はもう行くのかぁ?」


「俺達はそろそろ行きます、これで失礼します、ホスガ船長、お元気で!」


「お前達も元気でな!!」


そしてデムハ国のデルス族の船の船長ホスガと魔導剣士エリクとリカル国の少女セリアは北の大陸のレムニ国の船着き場で別れてレムニ国へ入っていった

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます