六 げに恐ろしきは

 

 わらわは七日後、潮風香る明石の城へ独りで来た。

狸一族の禁忌きんきを犯し、狸の姿に戻れなくなり、人として生きることとなった許婚いいなずけが気になる。

父様ととさまあやめた小蓮、いや、小倫はいずれ天罰をうけるであろう。

城の屋根に登り、青い海原を眺めながら呪いの言葉を散々吐いたわらわだが、小倫を心底憎むことができない。

離れたくないからここにいる。

狸に戻れる日がくることを願っている。

赤目の白狸では目立つから、またもや白猫お雪に化けた。

小倫はわらわを見て見ぬふりしている。


 父様の血の匂いみ着く築山の西の桜茶屋。

殿が小倫の武勇を語り継ごうと、戸も破られたまま残しているらしい。

小倫が殿から嫌われるように仕向けたいのだが、わらわにはそのすべがわからぬ。

今は城内の人々を見張っている。

すると、小倫を嫌っているやからを一人見つけた。

金井新平という殿の隠密は、いつも庭の茂みでひそひそと友人の金蔵に小倫の悪口を言う。

どうやら、新平は小倫にやきもちを焼いている。

何でも、昔は殿に寵愛された小姓だったそうだ。

それにしても、よくしゃべる隠密。

にゃーと近づくと、しっしっと追い払われた。


 実は殿が寵愛しているのは小倫だけではない。

他にもお気に入りの小姓が何人かいる。

閨にされない夜、小倫は寂しそうな顔をする。

胸がすく思いじゃ。

自惚うぬぼれも大概たいがいにせい。

殿がおぬしだけを好いていると思うなよ。

奥方も美人で床上手じゃ。


 ふさふさとしたけもののようなすねを持つ武士、惣八郎。

擦り寄ると、たくましい腕で優しく抱いてくれる。

わらわはこの者が好きじゃ。

だが、遠くに小倫の姿を見つけた時、惣八郎の様子がおかしい。

あきらかに胸の鼓動が高鳴っている。

まさか、小倫の念者になりたがっているのではあるまいな。

惣八郎のこの腕を胸を小倫に渡してなるものか。


 妖魔のすべを持つ我が狸一族の禁忌とは人肉食い。

六甲の山で若狸小蓮は愚かなことに、小倫の死肉を喰らってしまったのだ。

それほどまで、骨まで喰らってしまうほど美童小倫を愛しく思っていたのか。

憎らしい。

我々狸は情が深く心根優しいゆえに、人の念を受けやすいと父様が言っていた。

怨念、情念、執念、愛念、多くの強い念を持って人は生きている。

そんな人の死肉を喰らえばおのれを失くす。

体を人に奪われてしまい、狸には戻れぬ。

人という生き物に成り下がってしまう。

この世で一番恐ろしいのは人じゃ。



 明石の海風も凍える、十二月二十三日の煤払すすはらいの日の夜。

重そうな葛篭つづらを二人の下男が運んでいるのを見た。

わらわはこっそり後をつける。

何と殿の閨の隣にある部屋に葛篭は運ばれた。

天井裏から覗くとその部屋には、艶やかな小袖に帯びを可愛らしくカルタ結びした小倫が待ちわびていた。 

葛籠を開けて愛しい念者の姿を見た小倫の嬉しそうなこと。

季節はずれの白梅がほころんだようじゃ。

固く抱き合った後、二人はくねくねと絡み合う。

口吸いされて惣八郎に身を任せ、夢見心地のうっとりとした目で宙を見つめている。

あきれた。帯も解かずに裾をめくり上げて淫らな様子。

小倫の尻は光り輝く月か。

腹立たしい。

わらわは隣の部屋で高いびきの殿の枕元へ行き、殿の月代さかやきに爪を立てる。

殿は驚き飛び起きた。

そして、隣の部屋の歓喜の熱い吐息に気づく。


「小倫、そこで何をしておる。さては、忍び男を連れ込んだな」

怒鳴り起き上がると、恐ろしい剣幕で素槍すやりを構えふすまを開ける。

小倫は情を受けたばかりの熱い玉の肌を厚い寝間着に包まり、素早く隠した。


「殿、いかがなさいましたか」

慌てて袖にすがりつく。

間一髪、夜の闇に紛れてどうやら惣八郎は逃げおおせたらしい。

殿は息を荒げて辺りを見回した。


「先ほどの不審な物音は狸です。障子を開けて外から狸が入ってきましたが、すぐに何処どこかへ走り去りました」

寝間着の下で乱れた着物を直しながら平然と答える。


ふん、惣八郎は狸だったのか。わらわは笑った。

だが、あのおしゃべりな隠密の新平は見ていた。

「若い男が部屋から飛び出したのを見た」と殿に告げ口したのだ。




 三日後の凍える海風吹く朝、城内の武道場に小倫は呼び出される。


「やはり、部屋に若い男が居たそうだな。見た者がいる。相手は誰だ。正直に言うのだ」

にやりと笑う殿の手には、小倫を怖がらせる為のよく研がれた薙刀なぎなたが握られている。


武道場には武芸に励む小姓、若い家臣たちがいた。

皆、稽古を止めて神妙な顔で殿と小倫の痴話喧嘩ちわげんかの成り行きを見ている。


小倫、早く名を言ってしまえばいい。素直に謝れば許してくれるはずじゃ。

武道場の格子こうしによじ登って、わらわは様子を伺っている。


「言いませぬ。その者は大切な念者です。小倫に命をくれた者。小倫だけに想いを寄せてくれる者。たとえこの身が砕かれようとも、言いませぬ」


「何だと」

殿の様子がおかしい。

目つきが変わった。

小倫の馬鹿、殿を怒らせてどうする気じゃ。


「そういえばいつか、わしに指をかじるなと、念者に与えるものだと言っていたな。ならば、念者に与えられぬように、こうしてくれるわ」

小倫の白く柔らかな左手を、ざっくりと切り落としてしまった。


事の成り行きを見守っていた家臣たちから、悲鳴とざわめきが起こる。

小倫は手首を押さえて、床に崩れるように倒れたが、すぐに右手を着いてゆらりと立ち上がった。

振袖に赤い血の花が咲く。


「これで、どうだ。早くその男の名を言え。命だけは許してやる」


「言いませぬ。この右手は念者の為の手。愛しい念者の背や腹をさすりました」

そう言って右手を殿の目の前にさらす。


「何だと。許さん。二度とそんなことができぬように、右手も切り落としてくれるわ」

殿は怒り狂い、ためらうことなく右手も切り落とした。

袴にも大きな赤黒い花が咲く。


小倫はよろけながら気丈に言った。

「皆様、この美しい若衆姿は今日で見納めです。どうか目に焼き付けてくださいませ」

痛みに震える青い顔と消え入りそうな声。

家臣たちの、すすり泣く声が聞こえる。


舞うように、くるりと殿に背を向けた。

首をわずかにかたむけ優雅に振り向くと、流し目送り微笑む。


「殿と同じように、念者にも背中から抱かれました」


薙刀を構えた瞬間、わらわは無我夢中で格子の間から飛び出して、殿の腕に飛びつく。


「ええい、何だ、この猫め、邪魔をするな」

「ふぎゃあーふぎゃあー」

大騒ぎしてぶら下がったが、振りはらわれる。


早く、逃げよう。殿は嫉妬に狂ってしまったよ。

今度は小倫の肩に飛び乗った。

嗚呼ああ、何だろう。

赤い椿が散っている。

だんだん暗くなっていく。

これが天罰なのかいな。

嫌じゃ、こんなはずではなかった。


げに恐ろしきは美童の小倫。

狸の体を奪いよみがえる。

小倫のせいで殿は気狂い。

惣八郎は切腹か。

許婚いいなずけだもの、おぬしとわらわ

あの世で尻尾狸しっぽり結ばれる。


明石の殿の薙刀光り、白猫お雪と小倫の細首飛んでいく。


                                了

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

狸のあだうち ご寵愛いただいた我が身 おぼろつきよ @riwa

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ