五 嵐ノ後

 まない嵐、狸の匂いを辿たどって小倫はやって来た。

花見の為に建てられた小屋、桜茶屋の戸を開ける。

大狸おおだぬき鉦叩かねたたき法師と小鞠こまり、狸一族が勢ぞろいしていた。

小姓たちの名刀で突かれ、流血してうめき声をあげる狸が多くいる。

狸一族は力を合わせて、巨大な一つ目入道に化けていたのだ


小蓮これんねやで殿の息の根をめてきたのであろうな」

夜目がきく狸たちの目が爛々と輝いた。


「進言する。このあだうちはめにしよう。殿はおれが元服したあかつきには、何処どこかの小さい城をくれると言った。その城で皆で暮らせば良いではないか」

狸たちは、己のふさふさとした尻尾で不満げに床や壁や戸を叩く。


「気でも狂ったか。おまえは狸だぞ。忘れたのか。おまえの体には狸一族の恨みの血が流れている。ここの殿は極悪人。城をくれるなど、どうせ嘘に決まっている。いつまで人に化けているつもりだ。今すぐ狸の姿に戻れ。我らと共に山へ帰るのだ」

地鳴のような低い声が響く。


「それはできない。おれはもう、狸には戻れぬ体」

愛らしい顔を引きつらせながら、叫んだ。


「何だと、まさか、禁忌きんきを破ったのではあるまいな」

鉦叩法師が二本足で立ち上がった。

そして、小倫に化けた小蓮を見下ろし、怒りに燃えた牙を向ける。

「そうさ、おれは禁忌を破った」

次の瞬間、飛び上がった小蓮は、かちりと脇差の鯉口こいくちを切る。

目に止まらぬ早さで、来国行らいくにゆきを横一文字に抜きはらった。

首がごろりと転がり落ちて、小屋の床には大穴があく。

地面は揺れて地響きが起こり、首の無い胴体からは大瀧おおたきのように、どす黒い血が流れ出る。


「恨みに捕らわれ、いつまでも闇にひそんで生きるおろかか者。これから先のことが大事だというのに。おれは人として、長坂小倫として生きる。城を持ったあかつきには、庭の片隅に小鞠の狸屋敷を建てやるさ。ははははっ」


「小蓮、何をする。よくも父様ととさまの首を落としたな」

怒りに震える小鞠は小蓮に飛びかかったが、来国行のむねはたかれ、小屋の板壁に当たり気を失った。


婿むこに鉦叩法師が殺されたぞ。我らは妖魔の術を身につけたというのに、惜しいことだ。あだうちは失敗に終わった。我らだけの力では小蓮にかなわぬ。ひとまず退散だ。六甲の山へ帰るとしよう」

ぐったりとした小鞠をくわえ、涙を流す狸たち。




 天変地異と怪異の一夜が、ようやく明けた。


「何やら、築山つきやまの西が生臭いぞ。おや、桜茶屋の杉の戸が破られている。昨夜の嵐によるものか」

隠密の金井新平が供の者を一人連れて、小屋の内を覗く。


「うわあ、助けてくれえええええ」

恐怖のあまり二人は抱き合い、地面にひっくり返った。

桜茶屋はまるで血の池、大きな狸の首浮かぶ。

まだ息をして牙をむき出し、うなり声上げてこちらをにらんでいる。


「こ、これはいかん、昨夜の怪異と地鳴りはこいつの仕業だ。早く山の修験者と陰陽師たちを呼べ。とにかく、悪魔祓あくまばらいをさせなければ」



 その後、城内では大狸を仕留めた者は誰かという話しで持ちきりとなったが、小倫は名乗り出なかった。


 嵐が去った七日目の夜、少女の声が城の屋根からこだまする。

「狸殺し、親殺しの小倫に天罰が下るだろう」

三回同じ言葉を繰り返す。

秋風に乗り、怪しい声は殿の耳にまで響き渡る。

皆その不思議な少女の声におびえた。


「ふむ、やはり、おまえであったか。手柄を何故なにゆえ、わしに伝えなかったのだ。身も心も美しい。謙虚けんきょで武勇にも優れている。まこといやつ。今宵も閨に来い。存分に可愛がってやろう」

小倫のしなやかな細腕を掴み引き寄せて微笑んだ。


 閨へ入ると襦袢を滑らせ、うつ伏せに押し倒される。

肌理きめ細やかな背に舌がいまわる。

ざらざらとしたほほをすり寄せられて「殿、おひげが痛いです」

悲鳴をあげるが、体は妖しく殿を求めて波打つ。

「お父上・・・・・・」

毛むくじゃらの体にくるまれた。


 殿は山のような金品や絹織物、米などの褒美ほうびを小倫に与えた。

それらを、すべて明石城下で暮らす母の元へ運ばせる。

孝行息子と評判になり、小倫の人気は高まるばかり。

ついには小倫へ恋文送る若者が現われた。


































  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます