ある日ゴミ屋敷の住人が死んだ。

作者 奥森 ゆうや

芥が語る、ひとりの女の鮮烈な生涯

  • ★★★ Excellent!!!

ゴミ屋敷の女主人、花村悦子の切なくも愛おしい生涯を辿る物語です。

幸せを求めているのに不幸を引き寄せ、愛を求めているのに裏切りに合う。時に賢く時に愚かな彼女。そんな悦子が眩しく見えるのは誰よりも人間くさいからなのかもしれません。

彼女と彼女を取り巻く世間、そんな全てを見つめ、考えさせられる物語です。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

松乃木ふくろうさんの他のおすすめレビュー 74