ある日ゴミ屋敷の住人が死んだ。

作者 奥森 ゆうや

ゴミ屋敷住人の遺産

  • ★★★ Excellent!!!

ゴミ屋敷の住人が死にました。
彼女は沢山のゴミと一緒に沢山の遺産も遺したのです。意外にも借金はありません。
ゴミ屋敷の住人なのに?どうして?

遺産と聞いて何をイメージしますか?
お金?
不動産?
一般的にはそうだし、それらは遺すと喜ばれるけれど、果たしてこの物語ではどうなのか。

それ以外に彼女が遺したものとは?
人にはそれぞれ歴史があり、どのように生き、何を遺すのか。
その価値観と生様が問われる作品だと思います。

星3つ付けられた!
長編が読めて嬉しい!






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

ぴおにさんの他のおすすめレビュー 334