カルピス属性付与店の夏

作者 村井篤浩

誰もがなにかを置き忘れたように。

  • ★★ Very Good!!

カルピスってエモいですよね。多分この感覚自体はあんまり説明いらない、つまりメジャーな感覚だと思うんですけど、振り返りたい「いつかのどこか」に本当にカルピスがあったのかというと、多分そういうことでもない気がする。いつか飲んだカルピスを思い出してるわけじゃなくて、いつかどこかになにかを置いてきたんじゃないかって気分にさせられているだけなのでは。カルピスがあったのではなくカルピス的風景の中に何かを忘れてきたようにそわそわしているだけなのでは。ざわっとする一作でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

君足巳足@kimiteraryさんの他のおすすめレビュー 40