紙とペンと、あなたへの遺書

作者 冬野瞠

死への恐怖からペンを取る

  • ★★★ Excellent!!!

紙に書くことの重さをじんわり、じんわりと再確認させられる物語です。

主人公の抱く死への恐怖が一行、また一行綴られていくことに濃度を増すのに、どこか穏やかで、死が迫る時間とはかくも静かなるものなのかと考えさせられました。

短編なんですが、ずんっと腹にくる作品。ぜひ、ご一読あれ!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

紫藤 咲さんの他のおすすめレビュー 211