少年は天才と神秘の夢を見られるか?

作者 金田ミヤキ

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全247話

更新

  1. Vol. 1
  2. 第一章 世界の行き止まり
  3. 少年の思い出
  4. 真面目さんと戦争の人
  5. 焦燥
  6. その目線は外側から
  7. 第二章 少年少女と人外
  8. ネジが飛んでいる
  9. 全力鬼ごっこ
  10. その思考は演算
  11. それぞれで街へ
  12. ニアミス
  13. 第三章 先生
  14. 少年とお姉さん、のち先生
  15. 夕飯と勉強と、ある実験
  16. 間章 微睡み追憶
  17. 微睡み追憶
  18. 第四章 少女天然 
  19. 夏休み登校ってダルくないですか
  20. 少年と元真面目さん
  21. 真面目な人がうっかりさんではない確率を求めよ
  22. 第五章 正体は
  23. 少年と先生
  24. それぞれの夕時
  25. 合流
  26. 少年、沸騰
  27. 分かり合えなくとも通じ合える
  28. 戦争の人
  29. 第六章 少年の冒険
  30. どきどき☆ドライビング1
  31. どきどき☆ドライビング2
  32. 運転終了。おつかれさまでした。
  33. 第七章 答え合わせ
  34. 病室にて
  35. 再開
  36. 終章 行き止まりの向こう
  37. 先生の補足
  38. でこぼこだから相性が良いこともある
  39. 広い世界で
  40. Vol. 2
  41. プロローグ
  42. 少年の幼馴染
  43. 1.混成
  44. 頭がいい人にはゲームをしていようと頭がいい人がいる。
  45. 火薬のお話
  46. それぞれの苦労
  47. 少年ネガティブ
  48. 2.成形
  49. 目覚め
  50. 墓参り
  51. 物静かな人の気が長いとは限らない
  52. 友達の家って初めて行くと緊張するよね
  53. 魔法使いまたはXのそれぞれ
  54. 3.包装
  55. 学び進む
  56. 家庭の事情
  57. 帰宅した少年
  58. 4.装填
  59. 物静かな人が大人しいとは限らない
  60. ウラガワ進行中
  61. 辛い境遇で優しくされると感動する感じ
  62. アイデンティティ
  63. 5.着火
  64. 人の気持ちほどわからないものはない
  65. ”本質”を理解しよう
  66. ”本質”を理解しよう2
  67. 6.発射
  68. 夕暮れかくれんぼ
  69. 帰還
  70. 土下座されるほど価値はないし、土下座するほど安くない
  71. 7.開花
  72. 不意打ちな少年と意地っ張りな少女
  73. 墓参りと祭り
  74. 物言わぬ石は静かに佇む
  75. 少女の幼馴染
  76. Vol. 3
  77. プロローグ
  78. そうだ 小樽、行こう。
  79. 1.準備―札幌市内
  80. 少女と妖精と鬼畜
  81. 父についての談合
  82. 魔法使いの見習い少女
  83. 鬼畜と座敷童
  84. 2.出発―札樽自動車道
  85. 旅行前の浮かれた気持ち冷静な気持ちが交互にやってくる独特な感覚
  86. 車では窓際に座りたい
  87. 密閉空間内で成立する会話グループの数を求めよ
  88. 3.到着―小樽市内
  89. かまぼこおいしい
  90. ケーキおいしい
  91. イルカさんかわいい
  92. ガラスきれい
  93. おかしおいしい
  94. おさけおいしい
  95. 4.宿泊―小樽市内旅館
  96. 正体判明
  97. アイスとそれにまつわる戦い
  98. カオスと仲良しとカオスと初対面
  99. 少年と、ウイスキー好きな妖精
  100. トランプは万能な遊び道具である
  101. 旅館の朝
  102. 5.勉強―小樽市内旅館
  103. 勉強は戦争
  104. 旅館の夜
  105. 親愛と友愛
  106. 純真で純愛で無垢な妖精
  107. 6.帰還―小樽→札幌
  108. 最終日の朝
  109. 車では窓際に座りたい―リベンジ
  110. 旅の終わりは寂しさと楽しさがあると良い
  111. Vol. 4
  112. 1.魔王の現世見物
  113. 私は異世界に旅行に行きたいです。
  114. 私はお土産を持っていきます。
  115. 私は魔王です。
  116. 私は動物園に行きたいです。
  117. 私は意地でも動物園に行きたいです。
  118. 私の弟は鬼畜です。
  119. 私は動物園にいます。
  120. 私は動物園を楽しみました。
  121. 私の育て親と少年のマンツーマンです。
  122. 2.見習いが頑張る日
  123. おにっこ
  124. ねこみみ
  125. いぬみみ
  126. みこさん
  127. つうしん
  128. おとうと
  129. えんかい
  130. しゃべる
  131. おしまい
  132. 3.ケガ・病気は病院へ
  133. shock ―衝撃
  134. doctor ―医者
  135. Amnesia ―?
  136. examination ―診察
  137. Reload ―再装填
  138. conference ―会議
  139. hint ―手がかり
  140. Completed ―完了
  141. Persuasion ―説得
  142. Daiamond ―金剛石
  143. 4.鬼畜の家族
  144. アネモネ
  145. ハノン
  146. カノン
  147. マーチ
  148. ルピナス
  149. トーラ
  150. ノクターン
  151. セプテット
  152. パヴァーヌ
  153. シュレミア
  154. 5.エピローグ
  155. 私は飛行機に乗りたいです。 (1.エピローグ )
  156. おはなし (2.エピローグ)
  157. compliment ―賛辞 (3.エピローグ)
  158. シュレミア2 (4.エピローグ)
  159. Vol. 5
  160. 1.藍沢佳奈子を取り巻く周辺の状況と関係
  161. 少年の雑談
  162. 先生の恋話
  163. 少女の歓談
  164. 少女の疑問と歓談
  165. 少年少女の放課後
  166. 友人の語り草
  167. 2.森山光太と人間(外)関係
  168. 少年の恋話
  169. 夜の訪問者
  170. 少年の応答
  171. 座敷童の内情
  172. 少年の恋煩い
  173. 3.七海紫織の抱く感情と幸せ
  174. 巫女の葛藤
  175. 鬼畜の弟子
  176. 座敷童の懊悩
  177. 少年少女の夕焼け
  178. 少年少女の邂逅
  179. 4.藍沢佳奈子が考え願う幸福
  180. 座敷童と??の対峙
  181. 1番の伝授
  182. 座敷童の決意
  183. 妖精の苦労
  184. 巫女の姉妹
  185. 5.森山光太についてのいくつかの仮説
  186. 少年少女の事前会議
  187. 散歩と会合の終焉
  188. 座敷童の戦略
  189. 先生たちの考察
  190. 6.三崎京に周辺環境の向上が与えるポジティブな影響
  191. 昼の訪問者
  192. 1番で1位の人
  193. 夕方の訪問者
  194. 姉妹のお互い
  195. 座敷童の初対面
  196. お話のおしまい
  197. Vol. 6
  198. 1.失恋しても世界は変わらず回る
  199. 悩みは根を張り幹を太らせる
  200. 心は青いほど複雑に揺れ動く
  201. 感情は焦燥と静寂の間で燻る
  202. 幻想と失恋は甘く苦い錯覚を
  203. この感情が理不尽と知っても
  204. 優しさは日射しあるいは傷薬
  205. 千差万別の子供は自由闊達に
  206. 2.「勇気を出す」コマンドの扱いは慎重に
  207. 妖精さんふたり
  208. 妖精さん三人目
  209. 一人でも立てる
  210. 思い出いつでも
  211. 糸を追いかけて
  212. 後悔もいつでも
  213. オチつかない話
  214. 行こうと思えばどこへでも
  215. ある日に
  216. 街の方へ
  217. こうたと
  218. ひぞれと
  219. ふたりで
  220. 三人目と
  221. デートを
  222. 4.何かが始まればいつか終わりが来る
  223. 理解と感情は別物であるべき
  224. 礼と回帰と追憶
  225. 料理の手法は複数あって良い
  226. 得難い友は傍に
  227. 会話は起伏を持ちつつ滑らか
  228. 集まればカオス
  229. お別れを
  230. Vol. 7
  231. 10月
  232. 理想の生活1
  233. 理想の生活2
  234. 理想の生活3
  235. 理想の生活4
  236. 理想の生活5
  237. 理想の生活6
  238. 理想の生活7
  239. 理想の生活終
  240. 11月
  241. 乙女である1
  242. 乙女である2
  243. 乙女である3
  244. 乙女である4
  245. 乙女である終
  246. 12月
  247. 宝石あげる1
  248. 宝石あげる2
  249. 宝石あげる3
  250. 宝石あげる4
  251. 宝石あげる5
  252. 宝石あげる終
  253. 1月
  254. わたしの夢1
  255. わたしの夢2
  256. わたしの夢3
  257. わたしの夢4
  258. わたしの夢5
  259. わたしの夢6
  260. わたしの夢7
  261. わたしの夢終
  262. 1月某日
  263. これにて終
  264. Vol. 8
  265. プロローグ
  266. 第1話:横読み推奨
  267. 第一章:森山光太は学校に行きたい
  268. 第2話:休息
  269. 第3話:時計見ずとも
  270. 第4話:妖精に似た何かと鬼に似た何者か
  271. 第5話:女王の往く道は
  272. 第6話:赤く華やかに彩られている
  273. 第7話:一件が落着しました
  274. 第二章:藍沢佳奈子は存在していたい
  275. 第8話:学校で鬼ごっこ
  276. 第9話:走り続けろ
  277. 第10話:生きている
  278. 第11話:こどもであること
  279. 第12話:ふと沁みることがある
  280. 第13話:アカギツネは食肉目で最も生息域の広い動物である
  281. 第三章:ルピナスは自分を持ちたい
  282. 第14話:生まれた理由
  283. 第15話:プロポーズが通じない
  284. 第16話:転移とダウジング
  285. 第17話:探索成功
  286. 第18話:彼女のおうちで
  287. 第19話:思い出は砂の向こう
  288. 第四章:リーネア・ヴァラセピスは生きていたい
  289. 第20話:土地神と妖精
  290. 第21話:妖精が進む道は
  291. 第22話:命の色に染まっている
  292. 第23話:明晰夢
  293. 第24話:夢
  294. 三崎京はキスがしたい
  295. 第25話:その地域では海岸にどんな美女がいても近づいてはならない
  296. 第26話:小さな子
  297. 第27話:思い出をもう一度
  298. 第28話:もう一度
  299. 第29話:神社と公園にて
  300. 第30話:ふたり
  301. エピローグ
  302. 第31話:カミサマちぐはぐ
  303. 第32話:彼女の家に滞在して
  304. 第33話:最後に
  305. 第34話:互いに歩を進める
  306. 第35話:広い世界へ