月花の少女アスラ ~極悪非道の戦争好き傭兵、異世界転生して最強の傭兵団を作る~

作者 葉月双

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全57話

更新

  1. 一章
  2. 第1話 13歳で初めての殺し? 違うね、もっと前さ
  3. 第2話 団長に必要な素質? 全てを楽しむ心と破滅的な思考回路かな
  4. 第3話 戦場では活き活きと死ね 藁に縋って死ぬよりずっといい
  5. 第4話 闇を泳ぐ魚を見たって? 私を覗き込んでいたのは君だったのか
  6. 第5話 正々堂々と戦ったら、フェアプレーポイントでもくれるのかい?
  7. 第6話 絶望と後悔は好きかい? 嫌い? だったら好きになった方がいい。これから味わうのだから
  8. 第7話 自由のコインを拾ったらどうする? もう一度捨てる。それから活き活きと地獄を駆け回る
  9. 二章
  10. 第1話 多くを失うリスクがあるって? そうかな? せいぜい、私たちの命ぐらいのものさ
  11. 第2話 傭兵に必要な素質? いつでもジョークが言えること以外に?
  12. 第3話 光り輝くものほど素敵なものはない そう、だから【閃光弾】は最高なのさ
  13. 第4話 世界で一番何が怖いかですって? 決まってるじゃないの、《月花》の団長よ
  14. 第5話 絶望と恐怖の話をしよう 僕はたぶん、驕っていたのだ
  15. 第6話 英雄は人類を守る希望のような存在 分かった、でも死ね
  16. 第7話 私の花びらが見たいかね? 綺麗なピンクさ、すぐ爆発するから注意が必要だがね
  17. 第8話 私は選択肢を提示するのが好きだ 相手が何を選ぶか知っているから
  18. 三章
  19. 第1話 私に頼みたいことがあるって? ならばまずは、お願いしますだろう?
  20. 第2話 君らを誇りに思うよ  ゴミという意味じゃない、本当さ
  21. 第3話 過去は過去、過ぎて去ったもの けれど、たまに思い出して絶望するの
  22. 第4話 処女を捨てろ 私が優しく指導してやろう
  23. 第5話 神性を持った人間など存在するのだろうか? そもそも神を信じていないよ、私は
  24. 第6話 わたしは日だまりで微睡む猫 恐れるほどじゃないの、本当よ?
  25. 第7話 昔話をしよう 胸くそ悪いから注意したまえ
  26. 第8話「あんたたちおかしい! 絶対おかしい!」 私基準なら、私たちは普通だよ?
  27. ExtraStory
  28. EX01 傭兵団《月花》について報告します 拝啓、大英雄アクセル・エーンルート様
  29. EX02 新ジャンル、私フェチ! リョナ・フェチじゃなくてアスラ・フェチだよ?
  30. 四章
  31. 第1話 サイコパスは天性のプロファイラー? 少なくとも、私はフィクションの探偵たちより賢いよ
  32. 第2話 「ねぇアスラちゃん。英雄にならない?」 どう考えても、団長は《魔王》側だっつーの!
  33. 第3話 ダンス・パーティを楽しもう ルールは単純、踊り疲れて倒れるまでさ
  34. 第4話 君の屍を踏みつけて征こう 死体は踏んでも怒らないだろう?
  35. 第5話 ピクニックはやはり楽しいものだね 時々、魔物の血肉が飛び散るけれど
  36. 第6話 頼むから死なないでおくれよ 私は君の将来が見たい
  37. 第7話 「生きるなら、無様に泣き叫んでもいい」 死にたくない! 死にたくないよぉ!
  38. 第8話 アスラ・リョナは特別かって? 当然じゃないか、見たら分かるだろう?
  39. 第9話 アスラ・リョナはいつもボロボロ 名前のせいかな? それとも私の性格かな?
  40. 第10話 「神性の前に誰もが悔い改める」 私以外、だね? いつも私だけ仲間外れなんだよね
  41. 第11話 世界で最も愚かな者は誰かって? 私と敵対するようなマヌケがいるなら、そいつだろう
  42. 第12話 打ち倒しておくれ! 私を打ち倒しておくれ! 遠い未来でいいから! ああ、ゾクゾクする、たまらない!
  43. ExtraStory
  44. EX03 ジャンヌ・オータン・ララの栄光 勝利への道はわたしが示す!!
  45. EX04 ジャンヌ・オータン・ララの友達 彼女と出会ってしまったのが、全ての始まりさ
  46. EX05 ジャンヌ・オータン・ララの凋落 凄まじく胸くそ悪いから気を付けたまえ
  47. EX06 ジャンヌ・オータン・ララの終幕 もはや誰でもないのなら……
  48. 五章
  49. 第1話 団長を拉致したらどうなるか? 不幸になる、犯人が
  50. 第2話 私の値段? お高いに決まっているだろう? え? 20万? それは安すぎるっ!! あんまりだよ!
  51. 第3話 臭い美少女も悪くないだろう? ダメ? やっぱりダメか。私も嫌だし
  52. 第4話 世界中で行われている会議の9割は無意味さ 会議の結果、何かが良くなった経験あるかい?
  53. 第5話 ソシオパスでフェチで性的サディスト? それって誰かに似てるわね
  54. 第6話 私も新兵の頃はトリガーハッピーになったものさ 4歳だったしね
  55. 第7話 私を拷問できないなら死ね 役に立たない奴はいらないんだよ
  56. 第8話 サプライズパーティは好きか? まぁ、嫌いでも決行するがね
  57. 第9話 私は魔法の歴史を変える 今日はその一歩目さ
  58. 第10話 アスラ・リョナこそが世界最大の脅威 少なくとも、わたしはそう思うわねー
  59. 第11話 神々は黄昏れて 聖戦の始まりを予感した
  60. ExtraStory
  61. EX07 魔法少女アイリス! さぁ何属性になるのかな?
  62. EX08 さぁギャンブル回の前編だよ! ジャンヌ? 放っておけ!
  63. EX09 後編だよ! 私だって敗北することはある。敗北好きだし
  64. EX10 誰にだって平和で幸福だった時期はある そしてその逆も
  65. EX11 恋は盲目 君しか見えない 「いいね! 失せろ! 私ならそう言うけどね」