桶屋の市松 魔殺行~エド・オブ・ザ・デッド~

作者 筑前筑後

反骨精神感じさせる時代劇×ゾンビ!

  • ★★★ Excellent!!!

自分、歴史モノには言うほど造詣が深くないのですが、知ってるカクヨム人の方が好評してたので読みました。

面白いです。
ゾンビが出るけどパニックホラーではなく、絶体絶命のピンチを乗り越えさせる為の装置としての登場で、だからこれが痛快に斬られていきます。ええ、刀でね!

今って割と、既存のモチーフと既存のモチーフを掛け算した上で新しい形にした作品を生み出す、という一つのムーブが創作界に起きてる気がしてるんですが、この時代劇×ゾンビは相性が良いと思います。

時代劇は『弱きを助け強きをくじく』姿が醍醐味な所ありますけど、ゾンビに対し『何くそ、負けるか!』と立ち向かう主人公の反骨精神が、その醍醐味と非常にマッチしてるんですよね。

この組み合わせを実現させた作者様の手腕と目の付け所に拍手です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

神代零児さんの他のおすすめレビュー 106