オカルト少女と宇宙人に攫われた少年 ~ 水の惑星に沈む街 ~

作者 深水映 (ふかみえい)

92

33人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

今ある文明が滅び、東京一帯が遺跡となった時代のお話。

浜辺に打ち上げられた記憶喪失の少年、ジュン。それはきっと宇宙人の仕業だと言い出す、研究者の少女ピペ。
ウン千年後の人間から見ると現在の我々の文明も謎がいっぱいで、研究が進められているようなのですが、その解釈が実に素晴らしい。まさか秋葉原があんな事になっているとは。
色々凄いことになっている歴史講座を時折交えながら話は進みます。

それだけでも十分面白いのですが、後半の展開が見事で、とある伏線が回収された時はある種の爽快感すらありました。
もちろんネタバレ回避のためここでそれを言うことは出来ませんが、気になった方はぜひ一度目を通してみてください。きっと、癒しと驚きが待っていることでしょう。

★★★ Excellent!!!

第一章まで読ませていただきました。

本文中に、宇宙人に攫われた人!?ということをピペに言われるジュン。
この瞬間に、私にとってピペが癒し系のキャラであることが確定されました。

古代トウキョウ文明。センスがもう、素敵なんです。

見覚えのないカタカナが飛び交うよりか、とても身近な言葉が飛び交う本作はとても心地良いものがあります。
笑いがあったり、冒険心もあったりで、毎回の作者様の発想力のセンスには、脱帽です。
今までに無いもの、そしてピペに癒やされながら、
ジュンと一緒に物語の旅をしてみませんか。

是非、ご一読を!

★★★ Excellent!!!

記憶をなくした少年ジュンと、彼を助けた少女ピぺ。ボーイミーツガールから始まる、クスッと笑いながらもほんわかできる物語。

序盤は古代遺跡の発掘調査がメイン。そこで見つかる遺跡は、今の僕達が住んでいる建物や文化を表している。その解釈が面白くて、ついつい笑ってページを進めてしまいます。

後半になっていくと、ジュンの記憶が少しずつ戻ってくるとともに、ジュンの過去や遺跡の謎が少しずつ明らかになっていきます。その謎解きもまた、この作品の魅力でしょう。

伏線の回収、そしてラストのハッピーエンドまで、ハートフルで読みやすい作品。ぜひ皆さんも、ほんわか気分に浸ってみてください!

★★★ Excellent!!!

東京や埼玉が海に沈んでしまった未来。
浜辺に打ち上げられた少年は、宇宙人とオカルトを信じる少女に拾われ、ハチオージ研究所の居候となる。

世界観は非常にハードSFよりながら、キャラクターや文体、物語のテンポは非常にライト。もはやラブコメと言っても良いくらい。ヒロインのピペとヤスナは主人公のジュン君を巡って火花を散らせ、飛翔船レースなどを繰り広げてくれます。

随所に散りばめられたギャグもくすりと笑わせてくれ、『カクヨム・ムー大陸』は吹き出してしまいました。あと、この世界は歪んだオタク文化を継承しており、非常に週刊少年ジャ〇プ読者に優しい世界になってるってばよ!

とまあ、非常に読みやすいラブコメチックなSFなのですが、最後の最後にアクロバティックな展開が待っています。タイトルの意味や、ヒロインのピペが、どうして宇宙人やオカルトを信じているのか、全てがしっかりと回収されていきます。

父と息子、母と娘、親と子の物語でもあり――続いていく歴史の物語でもあります。ぜひとも、眩しすぎるハッピーエンドにたどり着いてほしいと思う!!

★★ Very Good!!

トウキョウ遺跡!?
サイタマに海が!?
どうなっちゃったの、日本……。

あらすじからすでに面白く、一度読み始めたら最後、読者はハチオージへと引きずり込まれてしまうのです。

そこで研究されていた古代文明が、なんと『古代トウキョウ文明』!!
ハチオージやシンジュクなど、どこかで聞いたような名詞が、次から次へと出てきます。

ブラックキギョー、スカイツリー、カクヨ・ムー大陸……。思わず笑ってしまうものばかり。
個人的には、ホッカイドゥーとニク様がツボでした。

宇宙人大好きなピぺや、ジュンくんを狙うお嬢様のヤスナなど、キャラクターもキュート。

そんな魅力的なヒロインたちに気をとられて忘れがちですが、ジュンくんの失われた記憶についても注目です。

彼に語りかける謎の声や、古代の文字を読めるという設定。
それらの伏線が見事に、ラストでキレイにまとまるのです。

舞台設定が本格的なSFっぽいのに、かる~く読めてしまう。
そんな作品、他にないのではないでしょうか!?

★★★ Excellent!!!

遺跡発掘ものだキャッホーイ!というテンションで読み進めたら、登場人物(とくに女子)の可愛さにやられてしまった。
可愛いヒロインたちを追いかけている間に物語は進み、主人公は人間的に成長していく。
終盤は怒涛の展開で、絡まりあっていた謎が一息に解き明かされるカタルシスは、なんとも素晴らしい。

ぜひあなたにも、この浪漫に満ち溢れた物語を、楽しんで頂きたい。

★★★ Excellent!!!

記憶をなくして海辺に打ち上げられた少年・ジュン。
その少年を「宇宙人に攫われた人」だと信じてやまない少女・ピペ。
やがてふたりは共に暮らし始め、ハチオージ近辺に眠る古代トウキョウ遺跡の調査をし始めるが……。

宇宙人の存在を信じるピペの言動がエキセントリックだったり、八王子に海があったり、そもそも東京のほとんどが海に沈んで遺跡になっていたりと、そのキャラの濃さ、舞台設定の奇抜さが楽しい作品です。
特に某デジタル歌姫が神様として祭られているのには笑いましたw
「みっくみくにしてやんよー」が「ニックニックにシテヤンヨー」に変遷して後世に伝わっているとか、案外今の神仏行事でも実際に同じようなことが起こっているかもしれないなんて考えてしまいますね。

そんな今作を一言で紹介するなら「少年と少女の過去と未来が繋がるボーイミーツガール」。
遠未来の地球を舞台に、記憶を失ったジュンと、宇宙人を信じるピペの過去と未来がどう結びついていくのか?
どうぞお楽しみください。

★★★ Excellent!!!

素晴らしいボーイミーツガールでした。
ある日目が覚めたら記憶喪失になっていた少年が浜辺でオカルト大好き少女に拾われるところから始まるSFラブコメですが、少年少女の成長物語としてたいへん感動しました。
最初のうち、主人公のジュンに「宇宙人らしさ」を求めて暴走するピペに困惑したこともありましたが、彼女の生い立ち、彼女のひたむきさ、そして彼女が宇宙人や海底遺跡にこだわる本当の理由――知れば知るほどピペが好きになっていきます。
ピペがいなくなったらどうしよう!と思って泣いたこともあります。泣かないでピペ! ピペが泣いたら私も泣いちゃう!
東京が滅んだ遠い未来の日本、海の底に沈んだ二十三区、島となった千葉や海岸線となった北関東――そこに残る数々の伝説は笑いのネタとしてもとても面白いですが(作者様のギャグセンスの高さを感じる)、何年も経って生き証人がいなくなるとこういう伝承にもなるんだなあ……などと真面目にしみじみしたりもしました。
美しい南国の浜辺になったハチオージ。白い砂浜、輝く満天の星空、その下で紡がれる少年少女のアツい想い……! 目指せ古代遺跡の謎の解明!
結局のところ誰も傷つかずに済んだ優しい物語であることも私の中ではすごく良かった点です。安心して万人に薦められます。

★★★ Excellent!!!

宇宙人大好きな金髪少女ピぺと、記憶をなくした少年ジュンが出会うところから物語は始まります。
物語の序盤は終始テンション高めのピぺにジュンが振り回されるという形で展開していきます。
どこか、深夜アニメを見ているかのような、ほんわかした癒しを感じる前半部分から中盤にさしかかると、ジュンの内なる記憶が彼を海に沈んだと伝えられているトウキョウ遺跡へと駆り立てます。
やがて、その秘密が紐解かれたとき、すべての謎がパズルのピースをはめ込んだようにぱちんとかみ合います。

この作品の面白さは、世界観にもよく出ています。
古代遺跡の発掘調査をしているとときに不思議な遺物(オーパーツ?)や、古い言い伝え、伝説などがたくさん出てくるのですが、それらの多くは私たちにも馴染みのあるもの。
でも、彼らの世界ではちょっと解釈が違っているようで……

もしかしたら、今ある私たちの世界の考古学も、こんな風に実はちょっと違った解釈をしちゃってるのかも??
ちなみに、僕の個人的なお気に入りは「ショーグン」についての説明です。

★★★ Excellent!!!

レビュータイトルに込めた3つの要素、このバランス配分が絶妙なストーリーの運び方で、とても楽しく読み進められます。

これは完全なる余談ですが、このレビュータイトルはカクヨムに於ける私史上会心の出来だなと思って、まずそこに心震えていますね、ええ。

そんな事はどうでも良い!

主人公の男の子ジュン君が記憶も所在も明らかでなくなった状態から、ぽーんと物語の舞台に投げ出されるのですが、そこで最初に出逢ったのが、金髪と巨乳持つ天然聖少女のピペちゃん。

彼女は古代文明について調査、発掘作業に勤しむ研究員をしているのですが、

それと同時に宇宙人の存在に憧れを抱くというキテレツな一面も持つナイスな個性なのです。
その上、金髪で巨乳なんだから魅力的でない筈がありません。

その古代文明が何やら私達ニホン人にとても馴染み深いものであるらしく……その謎にドキドキしながら話を追う形になっています。

ジュン君にとっては、このピペちゃんとの触れ合いと古代の謎解きとを同時に担う形になる訳で、この塩梅が上手いから読者も楽しく読んでいけるんですね。最初にも言いましたが、ここがこの作品の良きポイントなんですね。

金髪と、巨乳と、時々謎解き。
repeat after me
金髪と、巨乳と、時々謎解き。

★★★ Excellent!!!

記憶を失った主人公が、少しずつ世界の事を知り、過去を取り戻して行くお話しです。一話一話が読みやすく次の展開にワクワクさせられました。特に出てくるネタがよく知ったものなので、ついクスッと笑ってしまいます。

まだ完結はしていませんが、興味のある方はぜひ読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

遠い未来、わたしたちの日常がどんな風に語り継がれているか、想像するだけでもワクワクします。

ましてや、記録も歴史も全部海の底で、謎の古代文明とワクワクなんてものじゃない。

記憶喪失の少年を助けた金髪オカルト少女のピペちゃんたちの、誰もがよく知るモノたちの考察に、間違ってはないよなと、ニヤニヤすること間違いありません!!

主人公ジュンくんの過去や秘密も気になって、続きはどうなるのと、わたしは毎回楽しみに最新話を待っていました。

完結した今から読み始めるという方は、きっと一気に読んでしまうのではないでしょうか。

もちろん、ニヤニヤするようなことばかりでなく、手に汗握る少年少女たちの冒険にも、ハラハラドキドキさせられます。

そして、その先に待っている結末は、もう見事の一言。

ぜひぜひ、ご一読を!

★★ Very Good!!

 聞き慣れた地名に、知っているような遺跡、そして、これまて何かどこかで聞いたことのあるような風習。だが、それは、私たちが知っているモノとはどこか異なる。
 なぜ、そこにそんなものが? 逆に、なぜ、そこにそれがない? ジュンの先には、違和感のある世界が果てしなく広がる。

 いったい、なぜ、この世界に? そして、世界とジュンと人々がたどり着く先はどこなのか。

 連載中なので、まだ物語の全貌は見えていない。それだけにどのようまとまるのか、楽しみ。